「スカーレット」2話10月1日 何で人は楽しい思い出だけで生きていけんのやろ

NHK朝ドラ「スカーレット」メージ画像 NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第2話、昨日の「クソッタレ」に続いて、本日は直子の「死ぬ 死ぬ 死ぬ 死ぬ 死ぬ 死ぬ 死ぬ 死ぬ…!」で「死ぬ」の8連発。

喜美子じゃないけど、「何で人は楽しい思い出だけで生きていけんのやろ」と思う本日の「スカーレット」。

早く戸田恵梨香さんが出てきて欲しいと願う10月1日火曜日です。

「スカーレット」2話10月1日

●琵琶湖

喜美子:海やぁ~!

直子:海やぁ~!

空襲で何もかも失った喜美ちゃんの家族は 知人を頼って大阪から信楽にやって来ました。

●信楽山小学校の登校前

喜美子:ほんまもんのタヌキやぁ~! どこ行った…? 誰や!?

喜美子:陶工って何する人?

慶乃川:陶芸家よ。

喜美子:とうげいか?

慶乃川:芸術家と呼ぶ人もいる。

喜美子:げいじゅつか…。

慶乃川:まあ 平たく言うとの 焼き物を作る仕事をする人のことや。

喜美子:焼きもんって どんなん?

慶乃川:ここいらでは 火鉢やの。

喜美子:何や 食べもんちゃうんか。

慶乃川:タヌキの置きもんもほやで。

喜美子:ああ あれもそうか。

慶乃川:器やお皿や 茶わんや 花瓶なんかもほうや。

喜美子:今やってるのは何?

慶乃川:土掘りや。焼きもんを作る時に使う。

喜美子:土で焼きもん作んのん?

慶乃川:信楽の土は ええ土やし。

喜美子:何がええの?

慶乃川:あっ ちょっと 手ぇ出してみ。はい。何がええんでしょう?当ててみなさい。ほら。

喜美子:何や…。

慶乃川:何や?

喜美子:う~ん…。

慶乃川:分かるんけ?  信楽の土のよさが分かるんけ?

喜美子:分かれへん。ただの土や。どんだけ のせんねん。

慶乃川:あっ! 売りもんやでぇ!

喜美子:えっ 売りもん? この土売んの!? うちも売れる?

慶乃川:土のよさが分からんやつなんかに 売れるかいな。土かてな 売ってほしない いうてるわ。もう いに いに。もう。もう 危ない 危ない。もう 子どもは来たらあかん。もう いに。

●信楽山小学校

照子:「夜明けの風が流れてくる。中庭のキャベツは なたねが やぎ小屋が ぼうっとあらわれる。どこかで小鳥が鳴いた」。

(戸が開く音)

喜美子:遅れました!

望月:川原さん! よかった~。後でおうちに行こかと思うてたんですよ。道に迷ったん?

喜美子:すんません…。

望月:ええわ。ほこ座り。あっ その前にご挨拶な? 座って。

喜美子:川原喜美子です。今日からです。よろしくお願いします。

望月:ほな 席に行って。授業 始まってますから。川原さんは大阪いう 大きな町から来はったんですよ。

(どよめき)

望月:ほしたら! 川原さんに最初から読んでもらおうかしら。

喜美子:読めません。

望月:あっ 教科書ないん? 後で取りに来なさい。貸してあげて? ほな みんな 静かに聞きましょうな。

喜美子:「けの」! 「が」!

望月:何?

喜美子:「が」!

望月:何語? どこ読んでんの?「夜明けの風が流れてくる」よ。

喜美子:「れてくる」!

(どよめき)

望月:漢字 読めへんの?

これまで 家の手伝いや妹の世話に忙しく 学校に行く余裕のなかった喜美ちゃんは 読み書きがあまりできません。

望月:これは?

喜美子:う~ん…?

望月:これも分からへん?

喜美子:分かりません!

子どもたち:え~!

はよ 行くど~!

ほんま待って。待ってや ほんま 待って!

照子:黒岩君 やられた言うてたさけ どんな子や思たけど…。

喜美子:黒岩君?

照子:ほうきで やってんて?

喜美子:ああ…。

照子:いかつい女が来るんやろと思てたら こんなかわいそうでアホな子やったんなんて…。

喜美子:誰がアホな子や。

照子:読み書きできひん アホやろ。かわいそうに。かわいそうやから お友達になってあげてもええよ。よそもんには優しくしいや 言われてんねん。うち 窯元の娘やから。

喜美子:かまもと?

照子:窯元知らんの? 丸熊陶業やで。

丸熊陶業は 信楽で一番の窯元です。窯元というのは 陶磁器を窯で焼いて作り出す所です。たくさんの陶工さんがここでは分業で働いてます。

照子:丸熊照子よ。みんなは 照ちゃん呼んでるわ。

喜美子:照ちゃん…。

照子:お友達になってあげるわ。

喜美子:いらん。

照子:いらん?

喜美子:忙しいさかい お友達おっても遊ばれへん。いらんわ。

●小学校の帰り道

次郎:あっ!

喜美子:何や?

次郎:やるかぁ?

喜美子:やるかぁ?

回想常治:ええか? ケンカ禁止や! 何を言われても何をされても黙ってじ~っと耐えとけぇ!

次郎:今日は油断は しいひんでぇ。

子どもたち:あ… あっ… あっ!

喜美子:照ちゃん!

次郎:照ちゃん? 何や もう友達になったんけ。

照子:なってへんわ。

次郎:ほな やるどお! よ~し!

喜美子:あ~!

●川原家

喜美子:はあ…。

直子:おなかすいた~!

マツ:はいはい。

直子:おなかすいた!

喜美子:ちょっと待っとき。

直子:待たれへん! おなかすいて死ぬぅ~!

マツ:直子 大野さんの奥さんに また おむすび もろたやない。

直子:あんなん足らん! もっと もとてきてぇ!

マツ:もとてばっかり できません。喜美子~?

喜美子:そやから 待っとき言うてるやん。

直子:待たれへん! おなかすいて死ぬぅ~!

マツ:そんなこと言うたら あかん。

喜美子:お父ちゃんがお金つくりに大阪行ったよって ちょっとの我慢や。

直子:我慢なんかできへん!

喜美子:お母ちゃんの着物をお金に換えてくるんやで? それで卵買うたげる。

直子:死んだ方がマシや!

喜美子:何 言うてんのん 話聞きぃ?

直子:死ぬ 死ぬ 死ぬ 死ぬ 死ぬ 死ぬ 死ぬ 死ぬ…!

喜美子:やめぇ! もう ええ加減にしぃ!

マツ:直子!

(百合子の泣き声)

(直子の泣き声)

喜美子:卵 2つ買うたげる。 

(泣き声)

喜美子:3つ買うたげる。おミカンもつけたげる。

直子:手ぇ離したん 誰や! あん時 手ぇ離したん 誰や!

(泣き声)

(回想 空襲警報のサイレン)

おい 何してんねん!

大阪が空襲に遭った時 喜美ちゃんは妹を連れて先に防空壕に行けと言われました。

(サイレン)

(焼夷弾が落ちる音と叫び声)

喜美子:直子! 直子…。直子!

絶対に離してはいけないと言われていた妹の手を 喜美ちゃんは離してしまいました。

(回想閉じ)

(泣き声)

喜美子:ごめんなぁ… 堪忍なぁ…。

戦争が終わった今でも まだ一人取り残されて恐怖におびえたその傷は癒えません。喜美ちゃんは こんな時 空を仰ぎます。「何で人は楽しい思い出だけで生きていけんのやろ」。

そのころ…。

●大阪・青空マーケット

常治:ええなぁ。ヘヘヘッ。また買うてもうた。アハハッ。

喜美ちゃんのお父さんは大阪で… とんでもない拾いものをしてしまうのでした。

常治:明日 晴れたらええなあ。

(物音)

放せ! …放せ!

常治:何や? あ… おい 何しとんねん! 何しとる… おい! 大丈夫か? しっかりせぇ。しっかりせえ おい! しっかりせえ おい! おい! おい しっかりせえ!

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

「スカーレット」ネタバレとあらすじを最終回まで!キャスト紹介も!
朝ドラ(NHK連続テレビ小説)第101作「スカーレット」のネタバレとあらすじ、その感想とキャスト紹介を最終回まで書き続けています。 ヒロイン川原喜美子は昭和12年生まれで「なつぞら」の奥原なつと同学年。そして9歳の時に川原喜美子は滋賀...

コメント