スカーレット(48話11月23日)八郎「先生の絵を白いごはんに換えました」

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第48話、八郎「先生の大事な絵を…それを白いごはんに換えました。僕が… 11の時です。僕が売りました。闇市行って…先生の…大事に飾ってあった先生の絵を 一番高う買うてくれる人探して 探して売って ほんで… これぐらいの白いお米と卵3個に換えて「おいしいなあ おいしいなあ」言うて うちのもん みんなで食べました」。

八郎の純粋さが喜美子の心に響き、やがて一緒になるという伏線かと思いますが、でも、この真正直な部分が将来、二人の運命を狂わすことになるのかも?と。

ということで、来週の月火水の3日間、セリフ書き出しをお休みさせて頂きます&申し訳ありません。

身内の病気入院があり、簡単な手術なので心配いらずですが、さすがにテレビを見ているのは憚られ、なにとぞご容赦ください。

スポンサーリンク

スカーレット(48話11月23日)セリフ

●丸熊陶業・食堂

西牟田:「信楽初の女性絵付け師」?

黒岩:「丸熊陶業のマスコットガール」!

田原:「みんなから ミッコーと呼ばれてます」やて。

(笑い声)

黒岩:おう ちょお 見てみぃ!

その記事には師匠である深野心仙の「ふ」の字もありませんでしたが…。

●丸熊陶業・絵付作業場

深野:きれいな写真や。タヌキが化けてるんちゃうか思たで。

池ノ内:誰や?

深野:ミッコーや。

喜美子:すみません…。

先生は笑ってくれました。

●丸熊陶業・社長室

花屋:ごめんください!

加山:あ~また来た。

秀男:見てくれはりました? ええ。うっとこの絵付けの子ぉですわ。

加山:お花とお酒が届きました。

敏春:ああ そこ置いといて下さい。これ 問屋さんにも配ってくれますか?

加山:あっ はい。

●川原家

百合子:お帰りなさい。

常治:おう。

東京から父が戻ってきました。まだ日が高いうちから お酒を飲みだし 直子のことは一切触れず 同じことばかり言いました。

常治:ほんでな 蒲田いうのがな これ 名前も何や けったいいうかな これ…。

常治:蒲田な 蒲田。これ お前 だ~… けったいな もう何か…。

常治:ほんでな その蒲田いうのがな…。

蒲田さんという人の話だと思っていたら 直子の寮がある町の名前だと知りました。

常治:直子…。

●丸熊陶業・絵付作業場

翌日 約束どおり八郎が訪ねてきましたが…。

(回想)

喜美子:これ 今度 直してもええですか? 気になる~。

信作:分かる~。

八郎:すみません。

(回想閉じ)

喜美子:あの… できました。はい。

八郎:すいません。ありがとうございました。

喜美子:あの…何で怒ってはるんですか?前に会うた時と感じが違います。

八郎:怒ってるつもりは…ありませんけど。

喜美子:もともと そういう感じですか?違いますよね? いや… ええですけど。もともと…もともと そういう感じの人なら そういうことで… そういう感じでいきます?

八郎:そちらも。

喜美子:はい。

八郎:そちらも 前に会うた時と違います。マスコットガールやとは知りませんでした。ホットケーキが食べとうて 絵付け師になりはったんですか? お名前も確か… 川原さんで。
喜美子:はい。

八郎:川原喜美子さんで。そしたら カワちゃんか カーちゃんか せいぜいキィちゃんじゃないですか?

喜美子:確かに…。

八郎:ミッコーって何ですねん。

喜美子:あ… あの新聞記事で怒ってはるんですね…。

八郎:丸熊陶業の絵付け火鉢いうたら ミッコーやそうですね。

喜美子:違います。

八郎:そう書かれていましたよ。

喜美子:フカ先生です。

八郎:フカ先生いうんですか?

喜美子:深野先生です。

八郎:知ってます。深野心仙先生です。日本画の。芸術賞受賞されたこともある有名な。それを… それを記事には 先生のこと ひと言も触れてなくて失礼やないですか。ミッコーは… ホットケーキの方が大事ですか?

喜美子:そんなことあるわけないですぅ。

八郎:一番好きな食べもんやて書いてました。

喜美子:適当に書かれたんです。

八郎:適当?

喜美子:もうミッコーでもアッコーでも しゃあないです。うちが悪いんです。適当でもええ思てしもうたから…。こんな騒がれる思わんかったし… こんな怒る人も出てくる思わんかったし…。

八郎:怒ってるつもりはないんです。あの新聞記事 読んでたら 腹立ってしもて…。

喜美子:それを怒ってるいうんちゃいます?

八郎:川原さん。

喜美子:はい。

八郎:これ せっかく直してもろたのに 何やかんや言うてしもて すいませんでした。ありがたく 着させてもらいます。

喜美子:すみません…。

八郎:いえ…。失礼します。

●丸熊陶業・食堂

喜美子:これ やっぱり剥がしますね。

深野:貼っときぃな。

喜美子:いや ほやけど 適当なこと書いてあるし もうええかな思いまして。

深野:ああ… 信楽初の女性絵付け師いうんは ほんまのことや。細かいことはええ。堂々としとったらええ。

八重子:喜美ちゃん お花やお酒 えらい届いてたな?

緑:うちの近所の人もよ えらい大騒ぎしてたわあ。

(戸が開く音)

加山:あっ 川原さん! すごいですわ~! 今! 川原さんがデザインした絵付けの火鉢が出来たら 欲しいいう注文入りました! 続々と来てます。

喜美子:ほんまですか?

深野:そら すごいわ。

加山:あっ お茶 事務所に。急いで頼むわ。

八重子:あっ はい。今すぐ。

加山:時代は深野心仙からミッコーですわ~。ハハハハハッ ほんま新聞はすごいなあ。ほな。ミッコー ミッコー 深野のよりミッコーの時代が来たで~!

一徹:本人の前で言わんでもなぁ。

秋安:悪気ないんやろ。

●丸熊陶業・絵付作業場

深野:1番のデザインな。

池ノ内:はい。

深野:本人は 海デザインしてるつもりやろうけど どう見ても 汁の干上がったうどんにしか見えんのや。2人とも 道迷っとるで。えっ?

八郎:失礼します。

磯貝:はい。

八郎:ちょっと よろしいですか?

深野:ええよ。

八郎:すいません。あの最初にここにご挨拶に来た時 ほんまは言おう思てたことがあります。緊張してしもて… ちっとも言えませんでした。今日改めて言わせてもらいます。実は深野先生のお描きになった日本画が僕の家にず~っと飾ってありました。

深野:へえ~。

八郎:あ… すいません いきなり こんな話…。いや あの… よろしいでしょうか? お話ししても…。

深野:ええよ。

八郎:すいません。

深野:どんな絵?

八郎:あ… えっと… 鳥が飛んでます。山があって水辺があって… こっちの方から日の光が…。あっ こんな説明じゃ…。鳥は2羽飛んでました。

深野:鳥か…。

八郎:祖父が日本画が好きで 何や ようやっと買えたいう思い出の一枚で。

深野:そう。

八郎:床の間にず~っと その絵が飾ってありました。

深野:そうかあ。

八郎:祖父が亡くなったあとは 形見やいうて 大事に大事に。

深野:ありがたい話や。

八郎:いえ! それを白いごはんに換えました。僕が… 11の時です。僕が売りました。闇市行って…先生の…大事に飾ってあった先生の絵を 一番高う買うてくれる人探して 探して売って ほんで… これぐらいの白いお米と卵3個に換えて「おいしいなあ おいしいなあ」言うて うちのもん みんなで食べました。今回 こちらに来ることになって 絵付けの絵をお描きになってるのが深野心仙いう 昔 日本画描いてた先生やて分かって ああ これはもう… もう偶然ちゃう。必然かも分からん。お会いしたら頭下げよう思てました。先生の大事な絵を すいませんでした。先生の絵のおかげで白いごはん…卵… ほんまにありがとうございました!

深野:まあ まあ…。若い頃に描いた 名もない絵や。

八郎:いえ…。

深野:忘れんとってくれて ありがとう。

八郎:すいません…! すいませんでした。

(すすり泣き)

●川原家

(回想)

八郎:先生の…先生の大事な絵を すいませんでした。

八郎:鳥が飛んでます。山があって…水辺があって… こっちの方から日の光が…。鳥は 2羽飛んでました。

(回想閉じ)

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

「スカーレット」ネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り
NHK連続テレビ小説(朝ドラ)第101作「スカーレット」のネタバレとあらすじ、その感想を最終回まで書き続けています。ヒロインのモデルやキャスト紹介、他の朝ドラとの時代的な関わりなど、「スカーレット」を存分に楽しむ内容になっています。ヒロイン川原喜美子は昭和12年生まれで「なつぞら」の奥原なつと同い年。方や陶芸の道へ、

スポンサーリンク



にほんブログ村 テレビブログへ

コメント