スカーレット(53話11月29日)しがらき火まつりの前日に常治の本心吐露

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第53話、しがらき火まつりの前日に常治が長々と労働の意味を語り…。

世間のどんだけの人間がやりたいことやってると思ってんねん。好きなことを追っかけて…それで食える人間が どんだけおる思とんねん。ええ? 運送な…。これまでいっぺんも ほんまに…。「わあ おもろい 好きや~ 好きで好きでたまわらんわあ」て そんなん思たこと いっぺんもあらへん… 思うわけないわ。仕事やもん。もう嫌やあ思うわ。ほんでも お前 どんだけ一生懸命やっても 一生懸命稼いでも…。家庭科の先生なりたいいう娘の願いも 聞いてやられへんねん。恥ずかしいわ。ここだけの話 ほんま… ほんま情けない思うわ。先生みたいな…深野先生みたいな人間だけが すばらしい人間や思うんやったらな…。出てってくれ。はよ出てってくれ! もう。

正直でよろしいと思うのと同時に、しがらき火まつりはもっとすごいぞと、その証拠がこちらです。

しがらき火まつり
出典引用元:しがらき火まつり | ほっとする信楽 信楽町観光協会

スポンサーリンク

スカーレット(53話11月29日)セリフ

●信楽の街中

磯貝:あ… ちょっと ちょっと…。

池ノ内:あかん あかん…。

磯貝:キュウちゃん キュウちゃん キュウちゃん… もう ここでええよ。

池ノ内:あっ 俺 送ってくわ。

喜美子:あっ ええです。慣れてる道です。フカ先生を。

池ノ内:ほな 気ぃ付けてな?

喜美子:はい。ほな 残りの日々 旅立たはる時まで よろしゅうお願いします。

池ノ内:ほな また明日。

喜美子:はい。

磯貝:うん。

喜美子:フカ先生も…。

磯貝:立ったまま寝てはる!

(いびき)

磯貝:ハハハ… 先生! さっ 先生行きましょう。先生!

池ノ内:行きますよ。

磯貝:歩きますよ。はい。

喜美子:気ぃ付けて。

深野:キュウちゃんがある。

池ノ内:いはりますよ ずっと。

磯貝:先生!

●川原家

喜美子:ただいま。

マツ:お帰り。

喜美子:寝ててええのに。

マツ:大丈夫?

喜美子:うん 大丈夫。

常治:はあ… 遅いな おい。座れ。

喜美子:えっ…。

常治:ええから はよ座れ。

喜美子:何よ…?

常治:おい。

喜美子:何なん? 連絡したはずやけど。

マツ:うん 聞いてるよ。

喜美子:ほな 何?

マツ:怒ってるわけやないねんよ。

喜美子:怒ってるやん。

マツ:心配してんねん。

喜美子:飲んで遊んでたんとちゃうよ 仕事の話で…。

マツ:フカ先生 辞めはるんやろ? 狭い町やから…。今日 酒屋さん行ったら言うてた。

喜美子:酒屋さん行ったん?

常治:話 変えるな。

喜美子:何でお金ないのにお酒買うん?

常治:話 変えるな言うとんねん。クビになったんやろ。

喜美子:誰が?

常治:先生がや。

喜美子:はあ?

常治:「はあ」やないねん。丸熊さんとこ 若社長の代になって 今までおった人間は切り捨てられていくんやろ?

喜美子:何 言うてんの?

マツ:みんな 絵付け職人さんがクビになった 言うてるよ?

喜美子:みんなて 誰?

マツ:酒屋さんでもお豆腐屋さんでも みんな。

喜美子:みんなて 誰よ。

常治:みんなは みんなや。

喜美子:だから どこの誰が言うてんのよ!?

常治:世間や 世間!

マツ:「マスコットガールいうて 持ち上げられて。ほんで先生おらんようになって 喜美ちゃん大丈夫?」いうて…。フカ先生だけやないんやろ? クビになったん お弟子さんもそうなんちゃうのん? 

喜美子:クビやない言うてるやん。誰が そんな話…。

常治:お前が分かってへんだけやろ。

喜美子:分かってるわ!1番さんも 2番さんも 京都や大阪で新しい仕事を始めるんや!

常治:それがクビっちゅうこっちゃ!

喜美子:クビやない言うてるやん! 新しいことに挑戦するんや! フカ先生は長崎行って 絵付けを一から学ぶんや! 一から学ぶんやで!? お父ちゃん 分かる? どんなにすごいことか。フカ先生は弟子になるんやで? そんなこことできる!? いくつになっても学ぼうとしているんや。やりたいことやろうとして 好きなこと追いかけて! いくつになってもフカ先生は…フカ先生はすごい先生や!世間が何と言おうと すばらしい人間や!

常治:あ~。ここんとこな 汗がえらいだらだら流れて…。まあ 夏やからな… 手拭いで拭いても拭いても 追いつかへんわ もう。運送の仕事やっとったら 汗が滝のように流れて… ほんで あせもも ひどうて… ここ真っ赤っかや もう。痛いわ かゆいわで…。ほんでも 運ばなあかんねや。仕事やさかいな。なあ お前 世間の何を分かっとんねん。ええ? 世間のどんだけの人間がやりたいことやってると思ってんねん。好きなことを追っかけて…それで食える人間が どんだけおる思とんねん。ええ? 運送な…。これまでいっぺんも ほんまに…。「わあ おもろい 好きや~ 好きで好きでたまわらんわあ」て そんなん思たこと いっぺんもあらへん… 思うわけないわ。仕事やもん。もう嫌やあ思うわ。ほんでも お前 どんだけ一生懸命やっても 一生懸命稼いでも…。家庭科の先生なりたいいう娘の願いも 聞いてやられへんねん。恥ずかしいわ。ここだけの話 ほんま… ほんま情けない思うわ。先生みたいな…深野先生みたいな人間だけが すばらしい人間や思うんやったらな…。出てってくれ。はよ出てってくれ! もう。

●信楽の神社

(太鼓の音)

火まつりの日を迎えました。火まつりは陶芸の町ならではの夏祭りです。町の真ん中の神社から山の上の小さな社まで 陶工たちがたいまつを担いで登ります。火の神様に感謝をささげるのです。

●八郎のアパート部屋

八郎:よしっ!

●信楽の神社

八郎:ご苦労さまです。ご苦労さまです。

一徹:おう 参加するん?

八郎:はい。

秋安:こいつ 陶工やから。

一徹:あ~ そっか。

八郎:はい。

一徹:ご苦労さん。

秋安:ケガせんようにな。

八郎:ありがとうございます。

西牟田:よっしゃ~ 参加するもんは こっち集まれ。

陶工たち:はい。

敏春:皆さん ご苦労さんでございます。暑いさかい 気ぃ付けて行ってらっしゃい。

陶工:ありがとうございます。

西牟田:よいしょ… 気ぃ付けて… 重いよ。

八郎:信作さん。

信作:あ… どうも。

八郎:どうも。

信作:演歌歌手 呼べんかった。

八郎:ああ…。カメラですか?

信作:あ… 広報担当に回されてん。

八郎:ええ! 

敏春:大野さん! 写真撮ってくれはりますか?

信作:あっ はい。ほな 八郎さんも。

八郎:はい?

信作:一緒に。

八郎:いや… ああ… いいです…。

信作:ええから ええから。

八郎:いや ええですよ。

信作:いいですって いいですって…。入って下さい。

八郎:いやいやいや…。

信作:あっ もっと きゅっきゅっと寄って下さい。はい。はい ええ顔して下さいよ。撮りま~す!はい!

(シャッター音)

敏春:おおきに。ありがとう。

信作:ありがとうございます。

八郎:ご苦労さまです。

喜美子:信作~。

信作:おう! えっ!? うそやん 参加する気か?

喜美子:参加するで?

信作:婦人部代表か。

喜美子:婦人部あるん?

信作:ないわ。お前しかおらんわ。

喜美子:ハハッ。今年は参加することにしてん。信楽初の女性絵付け師として フカ先生と一緒にな?

信作:あっ フカ先生 長崎行くんやてな?

喜美子:うん…。おお 十代田さん いたん?

八郎:いました。

喜美子:一緒に歩くで? フカ先生 捜しに行こう。

八郎:行きましょう。

(シャッター音)

●信楽の山中

(囃子)

(拍手と歓声)

(囃子)

喜美子:先生 大丈夫ですか?

深野:おう…。よいしょ…。ちょっと休憩や。

喜美子と八郎:えっ!?

深野:先 行ってて。

喜美子:はい…。

八郎:はい…。

深野:すぐ行くし。

喜美子:来て下さいね。

深野:行くし。

八郎:待ってますよ。

深野:行くよ~。

磯貝:先生 大丈夫ですか?

深野:あっ 来とったん?

磯貝:いや ずっといてます。

深野:ほんま?

磯貝:はい。

深野:あっ そっちもおるんや。

池ノ内:はい。

深野:ちょっと これ 持ってて。はいはいはい。

池ノ内:…えっ?

深野:ちょっとな…。

池ノ内:えっ?

喜美子:先生? どこ行くんですか?

八郎:先生!

磯貝:先生 これ どうするんですか? 先生!?

深野:おう ちょっとやで…。

八郎:ちょっと! 待って下さい!

磯貝:先生!

そして 山の上の社では…。喜美子は心を決めていました。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

「スカーレット」ネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り
NHK連続テレビ小説(朝ドラ)第101作「スカーレット」のネタバレとあらすじ、その感想を最終回まで書き続けています。ヒロインのモデルやキャスト紹介、他の朝ドラとの時代的な関わりなど、「スカーレット」を存分に楽しむ内容になっています。ヒロイン川原喜美子は昭和12年生まれで「なつぞら」の奥原なつと同い年。方や陶芸の道へ、

スポンサーリンク



にほんブログ村 テレビブログへ

コメント