スカーレット(57話12月4日)男と女や!僕にとって川原さんは女や。

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第57話、喜美子:こんなにも何回も会うて ようさん おしゃべりしてんのに こことここの間は 男と女いうことでしょ!

八郎:男と女や! 僕にとって川原さんは 女や。今でもこれからもずっと。僕はつきおうてもない人のことを 気軽に名前では呼べません…。そういう古くさいとこあるんです。喜美子なんて… 呼びとうても呼ばれへん。

喜美子:ほな つきあったらええやん…。呼んで? 喜美子 呼んで。つきあって下さい。

数ある朝ドラの中で、ヒロインが先に告白するパターンは初めて目にするような(?)。喜美子頑張れと応援しつつも、八郎との間に出来る息子の名前が「川原武志」。

十代田の姓じゃないのがミソですね~。

スカーレット(57話12月4日)セリフ

●川原家

喜美子:「モウイヤ」「モウダメ」「モウアカン」。

直子:あか~ん!

喜美子:直子…。何があったんや…。

百合子:お父ちゃんは わざと送ってきた言うてる。何かあったわけ…。

常治:弱音吐いてるだけやって もう。

喜美子:ほやけど こんな3通続けて…。

百合子:お母ちゃんは 普通の状態やない言うて心配してる。

マツ:よっぽど東京の仕事がつらいんや。

常治:熨斗谷電機の社長さん ごっつええ人や言うたやないか。

マツ:社長さんは ええ人かもしれんけど…。

常治:寮のおばちゃんも同僚も先輩も みんなええ人や。あのな こういうふうに書いてきたらな かわいそうやいうて 金 送ってもらえると思とんねんて。これ 直子の魂胆や もう。はあ…。前に お前 金 送ってくれいうた時 お前 送らへんかったやろ。せやからや。あ? 金 送ったらあかん言うたな? 甘やかしたらあかん言うたで? はあ!?

喜美子:うちや! うちがやったんや!

常治:送ったんか!

喜美子:うちのお金やからええやん!1回だけや!

マツ:4回…。

常治:4回?

マツ:あ… 6回送った。

喜美子と百合子:えっ!?

常治:6…! お前 どこ隠してある ここか!?

マツ:ああ それは!

常治:やめえ! あかん あかん あかん…! やめえ もう!

常治:お前 内職で稼いだ金 直子に送ったんか。

マツ:微々たる額や。

常治:そんなことするから お前 つけあがんねやないか!

マツ:ほんまに何かあったんかもしれんやん。

常治:ないない ないない! あるか もう!

喜美子:熨斗谷電機に電話してみよ!

常治:はあ あのな もう就業時間終わっとるわ。

喜美子:ほな…蒲田の寮!

常治:電話の取り次ぎ時間も もうとっくに終わっとんねん もう!

マツ:東京行く! やっぱり行って 顔だけでも見てくる 心配や。

常治:また出た また出た。

喜美子:待ってえや。お母ちゃんが東京行くのも結構な心配やで?

常治:ほら 見ぃ!

マツ:せやけど…。

喜美子:そや…電話してみよか。直子の様子 代わりに見てもらお…。

常治:誰にや?

喜美子:草間さんや。

マツ:あ…。

百合子:あっ 柔道の?

喜美子:草間さん 今 東京に住んではる。

マツ:そんなん頼めんのん?

喜美子:草間さんやったら 直子も覚えてるやろ。

常治:あかん お前 そんなもん頼めるか。いやいや頼まれへんわ  そんなもん!

喜美子:お父ちゃん! お父ちゃんから頼んだら 大ごとになるさけ うちから頼むわ。お父ちゃんは もう知らん顔しててええから! なっ? うちが勝手にやったことにして。

常治:あかん…あかん!

喜美子:もう ここは意地も誇りも一旦置いとこ。ほんまに何かあったんやら どうするん。ほっとくわけにはいかへんて。

常治:草間さんに言うといてくれ。直子を… 蒲田から…。草間流柔道で ダ~ッ 投げ飛ばしてくれ 言うて。

喜美子:分かった。

常治:あっ あっ あの 琵琶湖通り越して日本海までダ~ッ 投げてくれてかまへんわ!

喜美子:もうええから もうええから。ほな ごはんにしよか。

百合子:せやな!

喜美子:ごはんにしよ。

●大野雑貨店

幸いにも草間さんとは すぐに連絡が取れました。

(喜美子と草間の電話)

喜美子:ありがとうございます。ほな 直子のこと頼みます! はい! はい ほんま助かります。すみません ありがとうございます。はい。ほな よろしゅう頼みます。失礼します。

信作:おお~い!

喜美子:あ あ あ… もしもし!?

信作:ええ~! 草間さん話したかった!

喜美子:ごめ~ん。

信作:ええ!

喜美子:ごめん そんなに?

信作:何してん お前!

喜美子:もっかい かける?

信作:かけろ! かけろ!

陽子:うるさいなあ。あんたは また今度 改め。はよ準備しぃ。

信作:…んだよ。

陽子:喜美ちゃん 喜美ちゃん これ 飲んでみぃさ。

喜美子:すいません。

陽子:草間さん 何て?

喜美子:蒲田まで行ってくれる言うてくれました。優しい。

陽子:優しいなぁ。草間さん 昔から優しかったもんなぁ?

信作:柔道は厳しかったで。

陽子:そら あんたが下手やからや。

喜美子:何 これ!?

信作:コーヒーや。

陽子:そう コーヒーやねん。

喜美子:お茶か思た…。

大野:ほな 棟りょう いっぺん ちょっと実際見てもうてやね。あっ 喜美ちゃん おはよう。

喜美子:おはようございます。

大野:ここを わ~っと改装してやね…。

坂さん:ああ ほんで こういう感じけ。

大野:ええ。ほんで ここにド~ンと カウンターを置く。

陽子:ちゃう ちゃう ちゃう!カウンターはここやで ここ!

大野:カウンターは こっちの方がええやろ。

陽子:いや~ だって入り口はそっちやし こっちの方がええんよ。

大野:いや それはどっちでも一緒や こっちにカウンターかて…。

坂さん:ほしたらよ 玄関もあれした方がええな?

大野:玄関は 予算ちゅうもんがあるさけ…。

陽子:棟りょうの言うとおり 入り口は大事やで?

大野:そうかあ?

坂さん:まあ 細かいとこは おいおい決めていこか?

大野:まっ そやな。ほな よろしく…。

大野と陽子:お願いしますぅ。

喜美子:何でいきなり カフェ? 大野雑貨店はどうなんの?

信作:駅の近くに でっかい店 出来たやろ。

喜美子:えっ?

信作:お前 ほんま絵付け以外のこと 知らんねんな。

喜美子:でっかい店出来たから 大野雑貨店あかんようになったん?

信作:品ぞろえがちゃう。客足止まってん。

喜美子:そうなん…。

信作:ほやからいうて カフェやるいう発想がよう分からんねんけどな。まあ おいしいコーヒーの店 まだここらにないさけ ええんちゃう?

喜美子:畑違いのこと 始めるんやな…。

信作:まあ…変わっていかなしゃあない。真面目な話 滋賀毎報新聞にも載ってたで。「火鉢の生産日本一やった信楽の町は大きな転換期を迎える」て。丸熊もそやろ? 絵付け火鉢かて 前みたいな勢いなくなってるやろ。お前 分かってんのけ?

喜美子:分かってるわ そんなん…。それは うちかて分かってる…。

信作:うん…。お見合い大作戦も そういう この信楽の町を活気づけるためにやろう いう話になったんや。にぎやかにやったんで。

●川原家

(ふすまが開く音)

マツ:寒ない?

喜美子:うん 大丈夫。もう終わるし。

マツ:今日 ありがとうな。草間さんに頼んでくれて…。

喜美子:ああ。

マツ:考えてみたら お父ちゃんお母ちゃんが行くより ええかもしれん。

喜美子:うん うちもそう思た。草間さんやったら 直子も落ち着いて会うんちゃう?草間さん 任せて下さい言うてくれたよ。

マツ:うん。また絵柄の練習?

喜美子:うん 手が怠けんようにな。

マツ:ふ~ん…。

喜美子:あっ うちの試作品 完成したで?

マツ:ほんま!?

喜美子:うちの初めてのデザイン!

マツ:それ もらえんの? 安う買うとかでけへんの?

喜美子:お父ちゃんが要らん言うやろ 絵付け火鉢なんて。

マツ:ああ…。

喜美子:お母ちゃん。

マツ:うん?

喜美子:朝2時間早う行って 夕方2時間 遅う帰ってきてもええ?

マツ:何で?

喜美子:十代田さんいう人がいてな。

マツ:そよださん?

喜美子:商品開発室いうとこで 朝夕2時間 自分の作品作ってやんねん。

マツ:作品て…?

喜美子:昨日は うどん皿作ってた。

マツ:へえ~。

喜美子:面白そうやし 興味わいてきてん。うち 陶芸を学んでみたい…。

マツ:陶芸を? また修業すんのん?

喜美子:う~ん…修業いうか…見させてもろて 勉強させてもらえへんやろかて お願いしよう思うんよ。絵付け火鉢もこの先 どうなるか分からへんし…。絵付け以外にもいろいろ学ばせてもろて 考えていこ思うんよ。もっと…自分の世界を広げたい。あかん?

マツ:あかんことないよ。(小声で)このうちで 手ぇかかんの お父ちゃんだけやし。

(笑い声)

喜美子:ほな 身につくまで 何年かかるか分からへんし物になるかも分からへんけど…。

マツ:ええ ええ。気長に学ばしてもらい?

喜美子:うん。

マツ:それ タダなんやろ?

喜美子:タダや。 ええ人やで?

マツ:そう。

喜美子:感じのええ人や。

●丸熊陶業・商品開発室

(回想)

八郎:これで ようやく…。

喜美子:生き返った。

(回想閉じ)

(戸が開く音)

喜美子:おはようございます。こないだは ありがとうございました。

八郎:おはようございます…。

喜美子:今日もええですか?

八郎:えっ?

喜美子:あっ 今日もやのうて 今日から見させてもろてもええですか? 毎日。

八郎:毎日…?

喜美子:ずうずうしいのは承知でお願います。邪魔せんように気ぃ付けますし 見させて下さい!

八郎:困るわ そんなん。

喜美子:えっ…。

八郎:あきません。

喜美子:何で?

八郎:あかんのです。

喜美子:何で? こないだは大丈夫やったやん。

八郎:堪忍して下さい。

喜美子:何で? あっ また こんな目ぇして 見ときましょか?

八郎:堪忍して下さい。

喜美子:若社長に断り入れた方がええんやったら うちが入れておきます。

八郎:そんなんされたら 余計や。

喜美子:何があかんの?

八郎:朝夕 毎日2時間?

喜美子:はい。

八郎:僕と川原さんと2人?

喜美子:はい。

八郎:2人きり? 毎日 朝も夕方も2時間… そんなん… 何て言われるか…。周りに知られたら 何 言われるか分かりませんよ。

喜美子:がっかりや…。

八郎:今 がっかり言いましたね?

喜美子:なに 怒ってんねん。

八郎:怒ってんのは そっちや。

喜美子:がっかりした言うただけやん。

八郎:がっかり言うて怒ってるやん。

喜美子:ハチ 信作って呼び合って うちのことは川原さん呼んで…。いつまでたっても 喜美子 言うてくれへんのは そういうことやったんですね。

八郎:何がそういうこと?

喜美子:こんなにも何回も会うて ようさん おしゃべりしてんのに こことここの間は 男と女いうことでしょ!

八郎:男と女や! 僕にとって川原さんは 女や。今でもこれからもずっと。僕はつきおうてもない人のことを 気軽に名前では呼べません…。そういう古くさいとこあるんです。喜美子なんて… 呼びとうても呼ばれへん。

喜美子:ほな つきあったらええやん…。呼んで? 喜美子 呼んで。つきあって下さい。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

「スカーレット」ネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

スポンサーリンク



にほんブログ村 テレビブログへ

コメント