スカーレット(59話12月6日)好きな人ができると世界が広がるよ。

朝ドラ

朝ドラ「スカーレット」第59話、草間:覚えてるかな? 一緒に行った あの時のこと。結果的に うまくいかなかったけど 後悔はないんだよ? そういう人と出会えたことは 本当によかったと思ってる。心から好きな人。好きな人ができると世界が広がるよ。

マツ:好きな人ができるいうんは自然なことやで? お母ちゃんに言わしたら直子は正直もんや。自分のことをよう分かってる。自分の中の好きいう気持ちに気ぃ付いて 好きいう気持ちを大切にしたんやな?

草間さんとマツさん、2人とも同じようなこと言い、この2人が結婚していたらと思う常治父ちゃんのファンの独り言。

この「スカーレット」のヒロインは、実は常治父ちゃんなのでは?と回を増すごとにその思いが強くなっておりますことよ。

スカーレット(59話12月6日)セリフ

草間さんに連れられ 東京で働いていた直子が休みを取って帰ってきました。仕事でつらいことがあるのだと思っていたのですが…。

●川原家

直子:お代わり。

喜美子:よう食べんなあ?

そうではありませんでした。

直子:ほな お父ちゃんが帰ってくる前に 聞いてえや うちの話。

喜美子:うん 聞くよ。どないしたん?

百合子:どないしたん? うん?

直子:行け言うてる。

百合子:どこに?

直子:どこやないわ。向こう行っとけ。

百合子:何で? うちかて直姉ちゃんのこと心配して…。

直子:子どもは向こう行っとけ。

百合子:もう子どもやないわ!

直子:子どもや! 向こう行っとけ言うてんのじゃ!

百合子:子どもやないよ。

喜美子:向こう行っとき?

直子:百合子に言うたかて分からん話や。

喜美子:どないしたん?言うてごらん?

マツ:えっ… えっ?

直子:いや…喜美子姉ちゃんも 向こう行っててくれる?

喜美子:何で。

直子:いや 男と女の痴情のもつれや。分からんやろ。喜美子姉ちゃんに言うても分からへんやろ? 分かんのけ!? そういう話!

直子は好きな人ができたという話をしました。

直子:たばこ臭くてな 近くに来ると すぐ分かんねん。あっ 牛田が来た いうてな。最初はうっとうしかったけど 洗濯機の組み立ての工程がうち なかなか覚えられへんかってん。ほしたら 婚期よう教えてくれてな…。

マツ:新人指導係やもんなあ。

直子:うまくできるようになるまで つきっきりで教えてくれて…。

マツ:新人指導係やもん。

直子:うまくできたら ようやった言うて褒めてくれて。

マツ:うん 新人指導係やし。

直子:お母ちゃん 映画に誘われたんは うちだけや。休みの日に行くとこなくて ごろごろしてたら…名画座にかかってた昔の映画 誘ってくれた。つまらへんから 寝てしもた。牛田さんの肩にもたれて…。目ぇ覚めたら 牛田さんがうちの顔 のぞき込んだから うちも見つめ返したったわ。ほんで牛田さんのここんとこにチューしてやった。牛田さん びっくりしてやったわ。

マツ:そう…。

直子:うち 分かってんねん。牛田さん 彼女がおんねん。うちのこと 妹みたいにしか思てへん。ほやけど うち…。好きになってしもてん…。お父ちゃんには言わんといて。草間さんにも言えんかった。誰かに言うたら ませたガキや言われて ばかにされるし。

マツ:誰かに ませてるて言われたん。ませたガキや言われて ばかにされたん? ほんで腹立てて 電報3通も送ってきたん…。好きな人ができるいうんは 自然なことやで? お母ちゃんに言わしたら 直子は正直もんや。自分のことをよう分かってる。自分の中の好きいう気持ちに気ぃ付いて 好きいう気持ちを大切にしたんやな?

直子:はあ! はあ… 話して すっきりした。

マツ:フフッ そうか。

直子:うん。もうええ 東京戻るわ!

マツ:ええ!?

(笑い声)

●居酒屋「あかまつ」の外

草間:ハハハハハッ。

常治:ちゃんとしまっとく…。

草間:しまって下さい。

常治:おう。…痛っ。

草間:ええ!?

(笑い声)

草間:僕 台湾に行くんです。

常治:ああ 台湾な。

草間:ええ。今度は貿易の仕事で。日本をたつ前に もう一度 信楽に来たかったんです。なので今回の直子ちゃんの件が いいきっかけになりました。

常治:ちょっ…。

草間:ありがとうございました。

常治:ちょい… 酔い… 酔いさめたわ…。た… 台湾?

草間:はい。

常治:あ~ えらい遠いとこ…。あの… ほんだら あの その 台湾行く前に喜美子の… 絵付け火鉢 見たってもらえませんか?

草間:喜美ちゃんがデザインしたっていう。

常治:そう。あいつ 頑張っとんです。せやから あの… 見たって下さい。頼みます。

●丸熊陶業・絵付け作業場

喜美子:これです。これが うちの絵付け火鉢。

草間:ふ~ん…。これが…。

喜美子:草間さん?

草間:あっ ごめん。想像してたのと ちょっと…何て言うの いわゆる絵を描いているのかと。
喜美子:あ~ 前に草間さんに見せたみたいな?

草間:そう。

喜美子:ああ。あういう いわゆる絵を描くんも好きやけど こういう模様みたいな絵柄を作るんも楽しいんです。

草間:へえ~。

喜美子:同じ絵を繰り返し描くんも好きや。

草間:こう 自分の手で何を生み出すような作業が好きなのかな?

喜美子:ああ そうか… そうかもしれん。

草間:ふ~ん…。

喜美子:今は陶芸にも興味があるんです。

草間:陶芸?

喜美子:絵付け火鉢の生産は 減っていきますから もっと世界を広げよう思て。

草間:そっか… そうだね。あっ ありがとう。これから もっといろいろな経験や出会いを… あっ そうだ お見合いもするんでしょ?

喜美子:あ~。

草間:覚えてるかな? 一緒に行った あの時のこと。

草間さんの奥さんに会いに行った時のことです。ずっと捜していた奥さんの心が 草間さんからは離れていたことが分かりました。

草間:結果的に うまくいかなかったけど 後悔はないんだよ? そういう人と出会えたことは 本当によかったと思ってる。

喜美子:そういう人…?

草間:心から好きな人。好きな人ができると世界が広がるよ。

草間さんは そんな言葉を残して直子を連れて東京へ戻っていきました。

●丸熊陶業・商品開発室

(回想)

喜美子:そういう人…?

草間:心から好きな人。好きな人ができると世界が広がるよ。

八郎:ほな 川原さんで。

喜美子:えっ。

八郎:川原さん 十代田さんで。

(回想閉じ)

八郎:あの…!

喜美子:えっ?

八郎:川原さんもやってみます?

喜美子:えっ?

八郎:ろくろ使て。

喜美子:いや… そんなん… 何年もかかるて…。

八郎:何年も そこでじ~っと見られてたら かなんさかい。川原さんも自分でどんどんやってみて下さい。

八郎:はい。まずは荒練りからや。よし。さっ 僕と同じようにやってみて。

喜美子:そんな言われても…。

八郎:ええからやりぃ。

喜美子:なに怒ってんの?

八郎:怒ってないやん 教えてんねん。

喜美子:すみません…。

八郎:ええか? 力込めて 左右均等な?

喜美子:はい。

八郎:ここ持って。

喜美子:はい。

八郎:上げて押す。もう一回。押す! う~ん… もっとこう グッと。

喜美子:グッ…。

八郎:アッハハ… 腕の力だけやのうて 体全体を使うんや。

喜美子:体全体…。

八郎:そう 力入れて…。

喜美子:ふん!

八郎:あ~ ちょっと。こっちの足 引いて。

喜美子:足…。

八郎:そうそう…。で 体を上に上げて 上から下に押す。そう! もう一回 上から下に… 押す! そう。もう一回 いくで? 上から下に押す。そう もう一回! 上から下に押す。ほんで 土が広がってきたら畳む。こっちの手を…そうそう そうそう。こっちも同じ。ここ持って ここ。そう。畳む。

八郎:うん。しっかり溝を埋めないと…。

喜美子:はい。

八郎:あんまり力入れ過ぎたらあかんで。

喜美子:はい。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

「スカーレット」ネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

スポンサーリンク



にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント