「スカーレット」6話10月5日 昭和22年(1947)冬、大阪から借金取りが!

NHK朝ドラ「スカーレット」メージ画像 NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第6話、昭和22年(1947)冬。常治不在中に借金取りが家に乗り込んできて、大ピンチの川原家。

そしてもはや定番となった直子の自由奔放さ。「川原百合子さ~ん。呼ばれたら「は~い」やで。川原百合子さん。「は~い」は?」

なんとも末恐ろしい表現力。夢に出てこないでと願いつつ、心穏やかな週末をお過ごし下さい。

「スカーレット」6話10月5日

●川原家

マツ:出ていったで 草間さん。

喜美子:ええ!?

草間さんが残した短い手紙は 漢字が交っていて 喜美ちゃんはまだ全部を読むことができませんでした。

●丸熊家

照子:さあ うちの信作とで 厳しく教えたげるわ。

喜美子:は~い!

●川原家

(昭和22年(1947)冬)

信楽に来て 初めての冬がやって来ました。水道も電気もなかった喜美ちゃんの家に…。

常治:よっしゃあ いくで。

一同:お~!

電気がつきました。

喜美子:電気や~。

更に出来たのは… お父さんが仕事の合間に作った 自慢のお風呂です。新しいお風呂は天国です。天国を支えるのは喜美ちゃんです。炎の大きさを確認しながら温度を見極め 適切な量の薪をくべます。最初の頃は加減が分からずよく失敗しました。

常治:はあ~。あ~つ~! 喜美子~!

喜美子:えっ?

何度も何度も失敗し 叱られやり直し おかげで温度調節は玄人並みに鍛えられました。

常治:はあ~ ええ湯加減やぁ。

喜美子:おっしゃ!

畑を耕し小さな畑も作り ようやく収穫できるようになりました。畑の世話も喜美ちゃんの役目です。

喜美子:あ~ん…。

直子:川原百合子さ~ん。呼ばれたら「は~い」やで。川原百合子さん。「は~い」は?

喜美子:静かに食べえ。

マツ:問屋の集まり?

常治:おう。おやじさんが調子悪いよって 代わりに行け言われてな。戻り 週明けになるかもしらんわ。

マツ:気ぃ付けて。

常治:おう。お土産 買うてくるな。ええ子にしとけよ。喜美子 留守の間 頼んだで?

喜美子:はい。行ってらっしゃい。

常治:おう。行ってきます。

直子:行ってらっしゃい。

常治:おう。

マツ:えっ!? また足らんの?この前 持ってたお金は? 

常治:オゥちゃんにラジオ頼んだんや。ラジオの代金や。今どき ラジオの1つや2つ持たんでどないすんのん。

マツ:困ったなあ。すぐに羽 生えて… 飛んでくなあ。

常治:バタバタ バタバタ…。いらっしゃい。

マツ:飲み過ぎて おやじさんの顔 潰さんといてよ?

常治:分かってる。ほな 行ってくる。

マツ:お早うお帰り。

本木:ちょっと見てきますわ。

工藤:お宅… 川原さん? 川原常治いう男を訪ねてきたんですけど…。

常治:だ… 誰や それ?

工藤:お宅…?

本木:川原いう表札 見つけましたわ! 

常治:ああ そこな! そこの川原っちゅう男か。あっ おらんで。さっき出てったわ。しょうもない男やろ? あの大阪で借金こさえて逃げてきたいう…。ちゃう? そやろ? その川原やろ? 

工藤:知っとんかい?

常治:せやから さっき出ていったって。はよ追いかけた方がええで。琵琶湖… 琵琶湖の向こうまで行って ず~っと逃げる言うとったで。

工藤:ほんまか おい。

常治:ほんまや。

工藤:ほんまか お前。

常治:はよ追いかけな。ほら。

工藤:ほんまか お前。

常治:いやいや ほんまやて。ず~っと向こう。ず~っと向こう。琵琶湖の向こう。はよ行った方がええ。早う。ほらほら ほらほら。あんなん捕まえて ギャ~したったらええねん あんなやつ。はあ…。

●信楽山小学校

望月:ええですねえ。川原さん すっかり読み書きできるようになって。絵もほんま上手ですね。

照子:誰のおかげ? 読み書きできるようになったん 誰のおかげかしら~?

喜美子:はあ…。

照子:ついこないだまで 毎週のように家に招いて 算数まで教えてあげた。誰のおかげ?

喜美子:何してほしいのん?

●大野雑貨店

喜美子:信作 まだ熱出たん?

陽子:ちゃんと食べさせてんのになあ 体 弱あてかなわへん。

喜美子:渡したいもんあって来たんやけど…。

大野:喜美ちゃん ジョーさん いつ戻るんや?

喜美子:あっ ラジオや。来週 言うてたかな?

大野:ほう。ほな それまできれいに磨いとくわ。

喜美子:えっ それ うちの?

大野:もう お金ももろてるで。

喜美子:やった~! すごいでぇ!

陽子:あっ 渡したいもんて 何?

喜美子:あ…。

陽子:うん?

照子:受け取ってくれた?

喜美子:ああ…。

照子:何て言うてた?

(回想)

陽子:これ 恋文ちゃうの?

大野:ませた子やなぁ。

陽子:ほやけど 自分の子が好かれて悪い気しいひん うれしいわ~。

(回想閉じ)

喜美子:喜んでた。

照子:ほんま? ほな 待ち合わせ場所に来てくれるやんなぁ。

喜美子:えっ?

陽子:「墓地で待ってます 照子」。

●丸熊家の墓がある墓地

喜美子:墓地なんて 普通来えへんで。

照子:知らんの? 若い男と女が 人目を忍んで会ういうたら こういうとこ来るんやで。
喜美子:人目を忍んで 何すんのん?

照子:いかんことやろ。

喜美子:いかんことって?

照子:いけないことよ。いけないことをしたくなるのが 人を好きになるってことなのよ…。

喜美子:はあ…。

照子:お兄ちゃんも ここで会うてた。

喜美子:お兄ちゃん?

照子:あっ!

喜美子:あ… よう来たな。熱あるんちゃうの?

照子:もう向こうやし 来て。

喜美子:大丈夫なん?

信作:来いひんかったら余計 熱が出そうやったから…。

喜美子:ああ。ほな ごゆっくり。何?

信作:ほんま言うて もうつらいねん。考えるとしんどい。「もうやめてえや」って言うてほしい。

喜美子:自分で言え。自分で!

照子:帰った!? 何でここまで来といて。

喜美子:いけないこと したないんとちゃう? 照ちゃんとは。

照子:うすうす分かってわ。窯元の娘と雑貨屋の息子じゃ身分が違い過ぎる。

喜美子:ほな そういうことで。

照子:今日 お兄ちゃんの誕生日やねん。

喜美子:えっ?

照子:挨拶してってえや。うちのお兄ちゃんが眠ってやる。お骨はないけどな。学徒何とかいうのんで戦争行って 帰ってきいひんかった。年の離れたうちのこと… 信作のこともようかわいがってくれた。去年まで一緒にここでおめでとう言うてくれたのに…。

回想信作:ほんま言うて もうつらいねん。考えるとしんどい。

照子:ここや ここ! 

喜美子:うわ~ ここか~!

照子:ちょうど この木に寄りかかっててん。

喜美子:お兄ちゃんはどっち?

照子:あの辺から うち のぞいててん。遠おて 相手のおなごの顔は 見えへんかった。
喜美子:せやから お兄ちゃんは どっちにおったん!?

照子:お兄ちゃんは こっちや! ほんで おなごがこっちや。出征する前の日やった。

喜美子:あ~ こんな いけないことしてたん…。

照子:もっと いけないことよ。

(喜美子に接吻)

照子:こんな感じやったんよ。いつか うちらも こんんあいけないことをする日が来るんやねえ。

喜美子:せえへんわ!絶対こんなこと ようせんわ! 何してくれんねん!ペッ! 汚っ…。もう帰るで!

照子:楽しかったなあ。

喜美子:楽しないわ!

照子:楽しかったから お友達になってあげてもええよ?

喜美子:いらんわ! べえ~だ!

照子:あ… 待って!

喜美子:待てへん!

照子:待って!

喜美子:待てへん!

●川原家

喜美子:ただいま。

マツ:お帰り。

喜美子:お昼 何するん?

マツ:お風呂たいてくれる?

喜美子:ええけど…?

マツ:お客さん 来てるで…。

工藤:琵琶湖の向こうまで行かされてな 体 えらい冷えてもうてん。

本木:お父さん帰ってくるまで おらせてもらいます。

大阪から来た借金取りです。「どないしよう…」。震える思いで懸命に考えます。そのころ… 信楽に向かっている人がいました。
●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

「スカーレット」ネタバレとあらすじを最終回まで!キャスト紹介も!
朝ドラ(NHK連続テレビ小説)第101作「スカーレット」のネタバレとあらすじ、その感想とキャスト紹介を最終回まで書き続けています。 ヒロイン川原喜美子は昭和12年生まれで「なつぞら」の奥原なつと同学年。そして9歳の時に川原喜美子は滋賀...

コメント