スカーレット(64話12月12日)常治「おんぼろで…失敗ばかりの人生や」

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第64話、常治:はあ… 腹割って話すとな 俺は…その…。こいつと一緒になって もうずっと苦労ばっかりかけてきたんや。どこの馬の骨か分からんやつにはやらん言われて 駆け落ち同然で こう 飛び出してきて…泊まるとこのうて 橋の下で雨しのいだりな。

幸せにしたろう思っとったんや。幸せにできると思っとったんや。夢もいっぱいあった。大きい家建てよ言うて…ブランコある白い家がええ言うて…。ハイキングも行きたい言うとった…。

せやけど そんなんも こんなんも…俺 何も かなえてやられへんかったんや。もう ここも逃げるように来て もう… 見てのとおり おんぼろで…。失敗ばかりの人生や。

同じ自営業の身として、常治の言いたいことが物凄く分かるボーナスシーズン。安定した職業で安定した生活。実に羨ましく溜息。

でも、いつまでも娘を3歳だと思ってるのは大間違い。「常治気持ち悪い」と若い人がSNSでつぶやいております。

スカーレット(64話12月12日)セリフ

●川原家

常治:今 何が起こってるか 分かってるやろ!?

マツ:今?

常治:今いうか ここんとこや もう! 喜美子に男ができるいう もう 青天のへきれき事件が勃発しとんじゃ もう!

マツ:男て言い方…。

常治:男やと。

マツ:十代田八郎さんいう名前があるんやさかい。

常治:どこのハレンチさんやら。

マツ:八郎さんや!

常治:ハレンチさんや! もう ちょっと聞いてぇや もう! はよ! こう… こっちに…。
マツ:はい。

常治:もう…。そもそも あいつら いつからや?

マツ:さあ?

常治:知らんわけないやろ。

マツ:大阪から来はった言うてたからなあ。

常治:誰がや。

マツ:八郎さんや この夏にな。

常治:大阪… お前… お前 まさか お前…。お前 大阪におった時から お前… あれしとったんちゃうやろな それやったら結構長いよ お前…。

マツ:そういうことも含めて きちんとお会いしてお話聞いたらええんやないの。

常治:え~ もう…。

マツ:何べんも来てくれてはるのに。

常治:会うて話したら なし崩しになってまうがな。

マツ:結婚反対なん?

常治:早いやろ まだ 喜美子 まだ3歳やもん…。俺ん中では お父たんお父たん 言うとんねん…。ちょお ちょお…。うん! うん! もう!帰ってけえへんやん もう! 

マツ:まあ 確かに遅いなあ。

常治:遅いわ もう。もう~。どっか行ってもうたってことないか…。

マツ:どっかって…?

常治:いや…せやから…信楽から…信楽から遠くに…。せやから… 俺とお前ん時みたいに 駆け落ちしたんちゃうか言うとんねん もう!

マツ:アッハ…。

常治:分からんけど… あいつも俺の娘やろ もう 熱いいうか こう 何ちゅうの 情熱がこう 燃えたぎるたちかもしらんやん 駆け落ちせえへんとも限らんで もう…。もう~ かなわんわ もう~。

(OP)

常治:なにも 一生許さん 言うてるわけちゃうやんか 俺かて。熱情に浮かれてる時は 冷却期間いうか 一旦 頭冷や…。

百合子:駆け落ちしたん…? お父ちゃん お母ちゃんと駆け落ちしたん?

マツ:いや… あの…。

常治:そんなん知らん。

百合子:ほんま? 何で?

マツ:あ…お父ちゃん たまたま仕事がうまくいってなくてな どこの馬の骨とも分からんやつ 言われて…。

常治:やめえ もう!

百合子:ほんで 何? お父ちゃん 情熱が燃えたぎるたちなん?

常治:まあ…若い頃わな。

百合子:燃えたぎるん? 気色悪ぅ。

常治:えっ? いや…。

百合子:気色悪ぅ。

常治:え…いや… いやいや ちょっと 百合子 お前…。

百合子:ああ! 来んといて!嫌や! 嫌や! 気色悪い! 

常治:えっ 百合子!

喜美子:ただいま~!

マツ:お帰り!

喜美子:お母ちゃん! もうすごいで! 泣きそうになったわ~!

マツ:どないしたん?

八郎:遅うなって すみません。

喜美子:あっ 送ってくれはった。

マツ:いや~。

喜美子:照子が産気づいてな 出産に立ち会うてん!

マツ:ほんま!?

喜美子:もう 焦ったわ!立ち会うたいうてもな 腰さすったり こうやってお湯沸かすんを 手伝ったりやけ… ど…。 遅うなってしもて すみません。

八郎:すみません。

マツ:ねえ 無事 産まれたん?

喜美子:うん! もう予定より早いから心配したけどな 産気づいたら あっという間や! えらい安産でお産婆さんも驚いてたわ。

マツ:へえ~! で… どっち!?

喜美子:女の子!

マツ:わあ~!

喜美子:もう 照子のお母さんも泣いてたでえ!

八郎:若社長も。

喜美子:なあ! 男泣きしてたなあ!

百合子:照子さん 産まれたんや!

喜美子:そうやねん! ただいま。

百合子:お帰りなさい。こんばんは。

八郎:こんばんは。

百合子:上がはります?

八郎:ああ 送ってきただけなんで 今日は もう…。

喜美子:遅いもんな。連絡するいうのが頭になかった 舞い上がってしもて…。

マツ:そら 分かるわ。

喜美子:ごめんな? 心配かけたな。

マツ:ううん。

八郎:ほんまに すいませんでした。すいませんでした。

喜美子:ほな。

八郎:ほな。

常治:あ~。

(常治のせきばらい)

常治:上~がれや…。

喜美子:えっ。

常治:な… 何や お前 あ… 上がってほしいんちゃうんか。上がってったらええんちゃうか?

マツ:(小声で)上がって!

百合子:座布団!

喜美子:あっ 座布団 ええ 要らん要らん 要らん要らん。

八郎:ほな… 上がらせてもらいます お言葉に甘えて。失礼します。

(常治のせきばらい)

常治:おう おう…。おっ 百合子。お前 ここ座れ。

百合子:うち こっちでええ。

常治:なん…。な… 何や…。

喜美子:何かあったん?

百合子:気色悪いねん!

常治:何が気色悪いじゃ お前! 若いうちはな 熱情が燃えたぎるんや! す…好きになったらあかんのか! お前。ええ? お前。そういう気持ちは誰にも止められへん… 止める権利もあらへん…。

常治:どういうこと?

常治:何もない!

八郎:あの…。

マツ:なあ おなかすいてるんちゃうの? 何も食べてへんのやろ?何か食べながら 話 しよか?

喜美子:うん。

常治:何やねん その緊張感のなさは もう。なまぬるい空気持ってくんな もう。

マツ:あら~せやけど なあ?

喜美子:うん。お茶漬けでも食べる?

常治:お前もや もう! 大事な局面や。

喜美子:大事な局面 終わったわあ。

常治:何を言うとんねん。

喜美子:お父ちゃんが上がってもええ 言うてくれたから ひとまずほっとした。

常治:誰がそんなこと言うた。

喜美子:お父ちゃん。

常治:言うてへんわ。

喜美子:言うたやん。

常治:言うてへん!

喜美子:言うたやん。

常治:言うてへん…!

喜美子:言うたやんか!

(ちゃぶ台を抑える八郎)

常治:ハハハハハ… もうええ もうええ もうええ。もうええ ほら もう。ハハッ もうええ。はあ~ あ…。ほんまにもうええ もうええ。足も崩せ。もう顔も崩したらええよ。崩れとわ もう。

喜美子:ええの?

常治:ええよお。

喜美子:その「ええ」は どういう意味の「ええ」?

常治:どういう「ええ」やろうな。

喜美子:真面目にやってや。

常治:真面目にやったら腹立つやろ。

喜美子:ほな ふだんどおりでお願いします。普通の感じで。

八郎:あの 改めまして 十代田八郎と申します。

常治:俺 ジョ~ジ。

喜美子:それ 普通か?

常治:俺 ジョ~ジ~。

喜美子:もう 言い方変えてるだけやん。

常治:ジョー。ジョー…。

喜美子:何やん もう意味ないやん。

常治:はあ…最初は こういう くだけた感じでいくねん。

喜美子:決めてたんや。

常治:だんだん キュ~ 締めてったるから。

喜美子:何やねん それ もう自然体でいこうや。

常治:ほな 寝転ぶで? 寝転ぶ…。

喜美子:もう お父ちゃん やめてえや…!

常治:ジョ~ジ…。 押すな 押すな 押すな 押すな…! 

喜美子:押してへんやん もう。

常治:押すな お前! お前 本当…!

喜美子:お父ちゃん!

常治:あかまつ行ってまうど!

喜美子:戻って戻って もう! 恥ずかしい。もう…!

常治:お前らも…。

マツ:あっ ほな 改めまして 母のマツと申します。

百合子:妹の百合子です。

常治:あと ほかにも何人にか なっ。

喜美子:何人もおらんわ。

常治:東京に8人ぐらい…。

喜美子:1人や! 直子いう妹がおるんよ。

八郎:はい。

マツ:8人なんは 八郎さんやなあ。

八郎:はい。

常治:安易なもんや。何や その創意工夫のない名前付けた 両親はまだ あの…田舎のおんの?

八郎:亡くなりました。

(せきばらい)

常治:あ… 悪い。すまん。

八郎:いえ。父は僕が小さい頃に。母も亡くなってから もう随分たちます。

常治:出身は あの…大阪?

八郎:はい。

常治:き…喜美子とは 信楽来てから?

八郎:はい 信楽来てからです。あっ… はい。

常治:ああ そう… そうか…。ほんで きょうだいは まだ大阪やの?

八郎:一番上の兄は結婚して岡山に。3番目と4番目の兄がそれぞれ仕事で敦賀と名古屋に。大阪におるんは5番目の姉だけです。

常治:それ…2番目と 何や…。

八郎:2番目と6番目は戦争で。7番目は生まれて ひとつき足らずで死んだって聞いてます。

常治:あ…そうですか。

八郎:はい。5番目の姉が 僕の親代わりいいますか 僕の学費の面倒を見てくれました。

常治:ほんで 今は…。

八郎:はい。今は丸熊陶業の商品開発室いう所で 働かしてもろてます。

常治:ほう…。なかなかな 骨のある男や思っとったで。

喜美子:本気で言うてんのん?

常治:いや ほんまや ほんま。うん ほんま。うん…せやけど あの… 一つだけな… うん…。

喜美子:何?

常治:いや…一個だけ あんねや その…。

喜美子:ほやから 何よ。

(せきばらい)

常治:十代田君 あの… あの~ 八郎君。

八郎:はい。

常治:はあ… 腹割って話すとな 俺は…その…。こいつと一緒になって もうずっと苦労ばっかりかけてきたんや。どこの馬の骨か分からんやつにはやらん言われて 駆け落ち同然で こう 飛び出してきて…泊まるとこのうて 橋の下で雨しのいだりな。

マツ:アハ…。

常治:幸せにしたろう思っとったんや。幸せにできると思っとったんや。夢もいっぱいあった。大きい家建てよ言うて…ブランコある白い家がええ言うて…。ハイキングも行きたい言うとった…。

マツ:言うてないよ。

常治:いや 言うとった…言うとったんやて。せやけど そんなんも こんなんも…俺 何も かなえてやられへんかったんや。もう ここも逃げるように来て もう… 見てのとおり おんぼろで…。失敗ばかりの人生や。せやから あの… せやから… 分かってくれるかな? 八郎君は今 丸熊陶業の商品開発室いうとこで 社員さんでおられるやろ。

八郎:はい。

常治:うん…。ほんで ええんちゃうのん? いや 喜美子から聞いたんや 陶芸家になる夢 持ってるいうて…。何や それ?って…。そんなん… そんな夢 必要ですか?

喜美子:お父ちゃん。

常治:いや もう それだけがな それだけが どないしても気になんねん。別に あの…陶芸したらあかん 言うてるわけちゃうねん。なんぼでも空いてる時間にやってくれてもかまへん。せやけど それだけが…分からへんねん…。約束して下さい 一個だけ。喜美子と一緒になるんやったら 一生 そんな ふわふわしたことを言えへん いうて。ひとつ 約束して下さい。

八郎:陶芸家になりたいいうのが あかんのですか。夢を… 持つないいうことですか。

常治:好きいうだけでは 夢いうのは かなえへんねんて。ほんまに約束して下さい。頼みます。お願いします。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

「スカーレット」ネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

スポンサーリンク



コメント