スカーレット(67話12月16日)喜美子「一緒に乗り越えたかってん!」

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第67話、喜美子:作りたかった!十代田さんの言うてることは正しい。人前に出す茶わんや うちには任せられへん うちにはまだ難しい ムチャして作っても身につかへん 基本やっときぃ言うのもよう分かる。そういう考え間違ってへんし 正しい思うし そういう考えする十代田さんが好きや。けどな? ムチャしたかった…作りたかった…一緒に乗り越えたかってん!

難しいのは滋賀弁だよと愚痴をこぼしつつ本日のセリフ起こし。お気づきかと思いますが、八郎が川原家に挨拶に行った辺りから喜美子のことを「喜美子」と呼び捨てにし、喜美子はずっと「十代田さん」。

結婚する前に考え方が違うことに気付いた2人ですが、このままゴールインということで、#八郎沼 なる言葉まで生まれた松下洸平フィーバー。後々、八郎のしでかすことでどうなることやら…とつぶやき、今週もよろしくお願いいたします。

スカーレット(67話12月16日)セリフ

●川原家

昭和35年(1960)1月1日

直子:おお~。へえ~。帰ったでえ。

喜美子:直子!

百合子:直姉ちゃん!

マツ:お帰り。

喜美子:お帰り。

百合子:お帰りなさい。

喜美子:早かったなあ。

直子:1本早い汽車に間に合うた。

喜美子:へえ~。

直子:あっ そこに土産入ってるで。

喜美子:土産!

百合子:ノートや!

直子:勉強せえ。お姉ちゃんのもな。

百合子:ありがとう。

喜美子:ありがとう。直子が土産…。

百合子:すごい すごい!

直子:いやいや 大げさやなあ。うう~寒かった。

マツ:駅から連絡くれたら迎えに行ったのに。

直子:どうやって連絡すんねん! 呼び出しの電話かけてるうちに着いてまうわ。

常治:おい。

直子:ただいま帰りました。

常治:お前 いつまでおんねん。

直子:4日から仕事や 明日帰る。

常治:おう ご苦労やった。旅費使わせてわざわざ帰ってきてもろたけどな 残念なお知らせがあるんや。

直子:何?

常治:雑煮の餅は 一人1個や。

直子:またお金ないん 表のしめ飾りに金かけたからやろ。

マツ:あれは八郎さんがやってくれたんよ。

直子:八郎さんて お姉ちゃんの? 十代田さん? 顔見たい 来ぃひんの?

百合子:お父ちゃんが結婚まだやから呼んだらあかんて。

常治:余計なこと言わんでええねん もう! 餅の数分かったんか?

直子:分かったから もう上がらせてや。

常治:待て!待て!待て!あのな 残念なお知らせのあとにはな 感極まる喜びのお知らせがあるんや。

直子:十代田さん 陶芸展入選したん!?

喜美子:違~う まだや 作品完成してへん。

マツ:今 一生懸命やってはるんよ お正月休み返上でな?

百合子:お姉ちゃんも後で お手伝いに行くねんな。

喜美子:うん。

常治:ええから こっちや! こっちこっち! ええか? 十代田よりもお前 こっちや! デ~ン!

直子:はあ~! いつ つけたん!? いつ つけたん!?

常治:暮れにな。驚かそう思て ないしょにしとったんや!以上!

喜美子:長かったなあ。

(OP)

直子:へえ~ 箸置き?

百合子:喜美子姉ちゃんの作品やで。

喜美子:粘土カスいうてな 十代田さんが削った粘土のカスを集めたやつで作ったんや。

直子:お姉ちゃんも十代田さんみたいに陶芸家になんの?

喜美子:なれへんなれへん。あんな何年もかかるようなこと…。

直子:どんな作品作ってやんの。

喜美子:十代田さん? そやな… あっ こういう これくらいの大きさの大鉢や。

直子:へえ~。

百合子:色がな 釉薬の色が思た色にならへんねん。よう分からんけど。

マツ:15日までや言うてたな?

喜美子:15日いうのんは 信作んとこのカフェの開店日。陶芸展の締め切りは月末や。

百合子:十代田さんなら きっとやってくれやんで。

常治:十代田 十代田 やかましな ほんまに もう! 十代田はもうええねん! もう! おお~うまそうや。

マツ:ほな 食べよか。

直子と百合子:頂きます!

マツ:ああ おあがり。

直子:う~ん! お母ちゃんの味や~。

百合子:川原家の味や~。

常治:お前 雑煮 食えへんのか。

喜美子:うん。もう十代田さん来る時間やし。

マツ:お台所のミカン持っていき?

喜美子:うん ありがとう。

●丸熊陶業・商品開発室

大野:どっちがサニーっぽいかなあ。

八郎:お店の名前? サニーですか。

大野:ああ 陽子の陽から付けたんや。

八郎:あ~ おばさんの名前から。しゃれてますね。

大野:いや さんざん悩んだでえ。せやけど これも どっちか1種類いうのは悩むなあ…。

八郎:2種類作りましょか?

大野:ええの?

八郎:はい。どっちみち 何回かに分けて焼くんで。

大野:おお ほうけ! ほな これ10個10個で2種類頼める?

八郎:はい かまいません。

大野:えらい手間かけさせて悪いなあ。なんぼなんぼかかったか きちんと請求してや?

喜美子:きちんと請求させて頂きます。

大野:アハッ 頼もしなあ。

八郎:わざわざ 来て頂いてすいませんでした。

大野:いや~こっちこそ 正月早々悪いな せっかくのお休みやのに。

八郎:いえ。

大野:ほな お願いします。

八郎:はい。

大野:ああ 直ちゃん帰ってきた?

喜美子:あっ 帰ってきました。電話 喜んでました。

大野:ああ それな うちとしては寂しいで。また借りに来てや。

喜美子:ほな おばさんにも信作にも よろしく伝えといて下さい。

大野:おう!

喜美子:2種類! 10個! 10個! 計20個! 15個言うてたやん 数増えてるやん!間に合うのん!?

八郎:この正月休みやったら。

喜美子:この正月休みは作品作りに集中する言うてたやん!何で おじさんに言わへんかったん?

八郎:言うたら 気ぃ遣わすやん。ほんで お金もな 請求すんのん おかしいで。

喜美子:何で?

八郎:お世話になってる信作のうちやで? コーヒー茶わんは開店祝や 贈り物や。

喜美子:一銭ももらわへんの?

八郎:贈り物や。

喜美子:十代田さん。

八郎:うん?

喜美子:この正月休み ここ丸熊には誰もいやらへん。

八郎:うん。

喜美子:照子らは 赤ちゃん連れて京都に行った。

八郎:ああ 若社長のご実家な 京都の老舗旅館なんやてな。5日まで のんびりしてくる言うてはったな。

喜美子:そこをお願いして 特別にここを開けてもろて 電気窯も使わせてもろて お礼にいくらか丸熊にお支払いしよう いうことになってる。

八郎:そら コーヒー茶わん15個も焼かしてもらうしな。

喜美子:15個ちゃう 20個や。

八郎:電気代 ばかにならんもんな。

喜美子:コーヒー茶わんに使う粘土かて タダやないやん。ほやのに 一銭ももらわへんの?

八郎:お金は大事や。喜美子の言いたいことも分かる。せやけど 僕は陶芸家やない。まだ何者もない。コーヒー茶わんを作るんが人よりうまい ただの人や。ここはどうしても譲れん。コーヒー茶わんの代金は一銭も頂きません。分かってくれた?

喜美子:十代田さんとは考え方が違ういうのが分かりました。

八郎:うん…納得いかへんか。

喜美子:納得いかへん。ほやけど… 受け入れます。

八郎:フフ… フッフッフッ…。

喜美子:何で笑うん?

八郎:気ぃ強いな。そういう気ぃ強いとこも好きやで。

喜美子:何言うてんのん!? 今 そんな話?

八郎:結婚する前に 考え方の違いが分かってよかったやん。ミカン食べよ?

喜美子:勝手に食べぇ!

八郎:一緒に食べようやあ。

喜美子:うちはこっちで 粘土カスと語り合ってるわ!

八郎:アッハハ。

喜美子:お父ちゃん言うてたで。今回うまいこといかへんかったら 陶芸家も結婚も諦めえて。
八郎:えっ!?

喜美子:チャンスは1回限りやて。

八郎:え… 何でそんな大事なこと 先 言わへんのん!?

喜美子:うん?

八郎:コーヒー茶わんのお金の話より 大事なことやんか!どないすんのん。

喜美子:ほやから 間に合うのん聞いたやん。

八郎:間に合う間に合わんいうより コーヒー茶わん作ってる場合やないやん。ちょっ…これ急いでやってまうわ。

喜美子:もしや 今回あかんかっても次あるからええか思てた? 次あるからええかいう気持ちがあったん?

八郎:ちょ…ちょ…。

喜美子:うん? 聞こえません。聞こえません。

八郎:コーヒー茶わん断ろか。

喜美子:何言うてんねん!

八郎:うわ~ん。

喜美子:アハハ…泣きまねすな!

八郎:必死やわ!

喜美子:困ってる 困ってる。

八郎:何で笑えるかな。

喜美子:困ってる顔 かわええなあ 好き言うたろかあ?

八郎:一人でミカン食うとけ。

喜美子:うちが作る。うちが作る。コーヒー茶わん20個。

八郎:あかん。あかん言うか できひん。コーヒー茶わんは電気ろくろ使うさかい 難しい。

喜美子:電気ろくろやったら 前に教えてくれたやん。

八郎:そら 教えたけどな。

喜美子:筋がええなあ言うてくれたやん。

八郎:人前に出す茶わんやで?

喜美子:これや! これ見ながら作ったらええんや うちかて絵付け師や もの作りの職人や。十代田さんには作品作りに集中してほしいねん。コーヒー茶わんは うちに任せて。

八郎:もの作りは基本が大事や。深野先生も言うてなかった?

喜美子:言うてた…。

八郎:喜美子はまず基本をしっかりやらな。いきなりコーヒー茶わん20個なんて ムチャや。陶芸 上手になりたいんちゃうの。この先もずっとやっていきたい思てるんやろ? きちんと一つ一つ段階踏んで 今は今やらなあかんことやりぃ。僕は大丈夫やから。

形作り 乾燥 素焼き 本焼き。コーヒー茶わん20個を完成させるまで およそ2週間かかります。

八郎:えっ…。えっ… 何? えっ 誰が泣かした?

喜美子:泣いてない。

八郎:えっ 僕が泣かした?

喜美子:泣いてへん。

八郎:えっえっえっ… 分からへん 何?

喜美子:うちかて分からへん。

八郎:どういうこと?

喜美子:もう 分からへん言うてるやん!

八郎:怒ってるんか…。

喜美子:作りたかった!十代田さんの言うてることは正しい。人前に出す茶わんや うちには任せられへん うちにはまだ難しい ムチャして作っても身につかへん 基本やっときぃ言うのもよう分かる。そういう考え間違ってへんし 正しい思うし そういう考えする十代田さんが好きや。けどな? ムチャしたかった…作りたかった…一緒に乗り越えたかってん!

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

「スカーレット」ネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

スポンサーリンク



コメント