スカーレット(80話1月7日)信作「思い描いてた夫婦になってないやろ?」

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第80話、信作「結婚して夫婦になってな? 今 思い描いてた夫婦になってないやろ? 喜美子 思ってたんと今 違うことしてるやろ」。

「同じ夢に向かって切磋琢磨して一緒に陶芸やってく。そういうの なかなかええなぁ思てたんや…。ほやけど この3年 うん? 2年半か? 喜美子はここ来るたんび お茶入れて掃除して弟子の面倒見て。こんなんばっかりやんけ。こんなんちゃうかったやろ。もうここは「かわはら工房」やない 「八郎工房」になってもうてるわ。そのうち 絶対爆発するで」。

喜美子は無理をしている、やりたいことをやっていない、そう感じる信作と百合子。それに気付いた八郎は、もっとやりたいことやったらええわと言うと…、

すでに釉薬とその調合の仕方をしっかりと勉強していた喜美子。その能力に驚く八郎は、ますます自信を失っていくパターンが想像できて、しっかりしろよとエールを送り、明日にはおそらく、八郎の救世主が登場する予定です。

スカーレット(80話1月7日)セリフ

●「かわはら工房」

(戸が開く音)

畑山:お先に失礼します。

稲葉:失礼します。

喜美子:明日な 大事な話があるんよ。母屋の方に寄ってくれる? そこで話すわ。

畑山:分かりました。

稲葉:大事な話て…。

畑山:明日や言うてはるやん。

稲葉:お前! 何で そんなんすんねん!

喜美子:ケンカすな! ケンカ…離れて! 離れて帰りなさい! 仲よう。はい。はい 仲ような。気ぃ付けてな。

信作:おう。

喜美子:おう。

信作:ハチ いる?

喜美子:ああ おるけど 先客や。

(OP)

柴田:ほうけ…弟子はいらんか。奥さんがいれば 事足りてるか。

八郎:せっかくご紹介頂いたのに…。

柴田:いや かまへん かまへん。ほな 奥さん。弟子には…。

喜美子:はい 明日 うちの方で話させてもらいます。

柴田:頼むわ。ほな 銀座に向けて集中しいや。もう目玉になる新作は出来たんか?

八郎:いや まだ…。

柴田:うん まあ… ここらでこう…イメージを一新させるような芸術作品は出来んかなあ言うてたで 佐久間さん。

八郎:はい…。

柴田:あっ もうお茶はええで すぐ行くし。ほう…。「たけしくんのさくひん」。可愛らしいな。「きみこのさくひん」。何や いろいろバラバラやな。こりゃ 何で 穴が…。

八郎:手に取ってみて下さい。

柴田:うん? お… 軽いな。

喜美子:子どもも楽に持てる皿です。子どもの好きなお菓子や揚げ物をのせるんです。

柴田:なるほどな。それで工夫したんや。

八郎:僕もこの作品 気に入ってますねん。

柴田:奥さん 銀座の個展 どうするんや? いつもみたいにハチの後ろに控えて お客さん出迎えてくれるんやろ?

喜美子:はい もちろんそのつもりです。

柴田:ほな 美しい恰好してな?

喜美子:美しい恰好ですか?

柴田:銀座やで! ほれ 前に銀座でやってやった備前焼の ほれ…。

八郎:ああ…。

柴田:あの作家の奥さん 高そうな着物着てはったなあ?

喜美子:着物ですか?

柴田:ほんで あの奥さんな 英語にフランス語に中国語も話せる言うてたで。

八郎:そんなん必要ありますか?

喜美子:任せて下さい!うち 滋賀弁と大阪弁と 東京の言葉も少しやったら話せますぅ。何やったら もう訳の分からん言葉も話してみせますぅ。

柴田:ハッハッハッハッ…。何言うてんねん。かなわんななあ 奥さん。川原八郎の奥さんやいう自覚 忘れんといてや。

喜美子:はい。

柴田:ほな お邪魔しました。頼むで。

八郎:ありがとうございました。

喜美子:失礼します。

八郎:ごめんな 信作。どないした?

信作:ああ… 火まつりの話なんやけどな。

八郎:火まつり? まだ半年も先やんけ。

信作:今から押さえとき言われたんや。いろいろ忙しいやろうけど 火まつりは是非参加して下さい。

八郎:ハハッ…。

信作:役場の商工観光課も 力入れてるし。

喜美子:それ 毎回言うてるな。

信作:毎回 言わされんねん。お前 川原八郎と仲ええやろ 口利いとけて…。俺ら 仲ええよな? 仲ええよな?

八郎:仲ええよ。フフフッ。

信作:笑いながら言うてるやん!

八郎:2回も聞くからやんけ。

信作:最近 全然飲みに行ってくれへんねんもん。昔はよう2人で あかまつ飲みに行ってたのに…。

喜美子:あっ! いや…話 それだけ? 火まつり出ていう。

信作:そや。顔見せて念押ししとこう思てな。ハチ 何やかんや 引っ張りだこやから…。

喜美子:怪しいな。

信作:俺?

喜美子:あかまつ 最近別の人と よう飲みに行ってるらしいやん。

八郎:えっ 誰?

喜美子:うちのかわいいかわいい妹や。

八郎:えっ! ゆ…百合ちゃん?

信作:ああ…。

喜美子:何か言いたくて来たんやろ?

信作:うん…まあ…。

八郎:えっ えっ そうなん? そういうこと?

喜美子:そういうこと? 椅子椅子 椅子椅子…。

八郎:ここ。

喜美子:ここ?

信作:どこでもええやん。

八郎:ほな ここ座れ。

喜美子:座れ。

八郎:はい。

喜美子:はい。

八郎:さあ 言えや。

喜美子:言えや。

信作:いや… ええ~。いやいや…やっぱり 俺が言うことやない。

喜美子:俺が言わんで誰が言うねん! 百合子と飲んでんのは ほんまやろ? 何 話してるん?

信作:何 話し…。

喜美子:2人で どんな話 してるん? ああ! のみ込みよった のみ込みよった! こいつ…出せ 出せ!  

八郎:おいおい…ちょ ちょ…喜美子…。

喜美子:ここ押したら出るか? ここか? ここか?

八郎:喜美子 喜美子 喜美子…! やめろやめろやめろ!信作も反応せえや。

信作:あ~。

八郎:「あ~」やないわ。ああ。

信作:ほな! 言うけどな。

八郎:はい。

喜美子:はい。

信作:その…結婚して夫婦になってな? あんなあ! 

八郎:はい。

喜美子:はい。

信作:結婚して夫婦になってな?

八郎:はい。

喜美子:はい。

信作:今 思い描いてた夫婦になってないやろ?

八郎:えっ?

喜美子:えっ?

信作:喜美子 思ってたんと 今 違うことしてるやろ。百合子はな? それでもお姉ちゃんはようやってる お義兄さんもようやってる ええ夫婦やなあ言うてんねん。ほやけど 俺は…俺はそう思わん。お前 さっきかて 何や あれ。窯業研究所の柴田さん。「奥さん奥さん奥さん奥さん」て。喜美子はどこ行ってん。

喜美子:何 言うの!

信作:俺はな お前らのこと よう見てきたから つきあい始めたんも知ってる。結婚して夫婦になったんも。あの 2人でめおと貯金やいうて お金ためてたんも聞かされてた。ほんでや ほんで独立して電気窯買うて こういう作業場も月賦で建てて。あっ 夫婦の工房やからいうて「かわはら工房」名付けて。そんなん ずっと見てきた。見たくなくても見せられてきたんや。口にはせんかったけどな ええ夫婦になってるな思てたんや…。同じ夢に向かって切磋琢磨して一緒に陶芸やってく。そういうの なかなかええなぁ思てたんや…。ほやけど この3年 うん? 2年半か? 喜美子はここ来るたんび お茶入れて掃除して弟子の面倒見て。こんなんばっかりやんけ。こんなんちゃうかったやろ。もうここは「かわはら工房」やない 「八郎工房」になってもうてるわ。

喜美子:もうええねん うちはかまへんねん。

信作:今は こう言うてるけどな そのうち 絶対爆発するで。

喜美子:せんわ!

信作:今の喜美子は喜美子やないねん!

喜美子:そんなことないわ!

信作:無理してたらな! いつか ゆがむぞ。

喜美子:沢村 知ってる?

信作:沢村?

喜美子:キックボクサーや こういうな。

八郎:やめえ やめえ やめえ。喜美子 喜美子! やめえ やめえ…。

喜美子:だって こいつが余計なことを ペラペラペラペラ!

信作:知ってんでえ こういうやつや! 

八郎:おおい! 信作もやらんで やらんでええ! もう子どもか! いくつや思てんねん! もう…。

喜美子:来い。

信作:来い。

八郎:もうええて…。

喜美子:ええねん ええねん やらんでええ…!

信作:お前は やんな。

喜美子:もう 足くじくで?

信作:骨折するわ お前。

喜美子:滑って頭打つで。

信作:おう 頭打って 転がっていくわ。

八郎:もうええ もうええ もうええ…。せん! 絶対せん!一生せん!

(笑い声)

喜美子:もうな こいつの言うことなんか 気にせんでええからな?お前もな 余計なことペラペラ言うな。

信作:無理してたらあかんちゅう話をな 百合子と。心配してんねやんけ。

喜美子:それだけ?

信作:うん?

喜美子:百合子と話してんのは それだけ?

信作:ああ 原付きの免許取りたいいう話か?

喜美子:ほかにはないのん?

信作:ほか?

喜美子:その… 百合子と つきあってるんちゃうの?

信作:はあ?

喜美子:ちゃうの?

信作:つきあってもええの?

喜美子:そんなこと言うてへんわ!

信作:アホ! 向こうがそんな気 1ミリもないわ。

喜美子:あっ 分かった分かった。ほな帰れ帰れ。話 済んだやろ。はいはい はいはい。さいなら さいなら。

信作:ほな またな。

喜美子:バイバイ。

(夜、母屋でおにぎりを作る喜美子)

(戸が開く音)

八郎:喜美子。

喜美子:うん。

八郎:これ 日本陶磁器次世代展に応募しよう。次世代展やったら 新しい賞やからな 女性陶芸家も受け入れてくれるやろ。

喜美子:なに いきなり。

八郎:僕も気にはなってたんや。2人でやっていこう言うてたのに 金賞取ってから 喜美子は僕のことばっかり優先してる。喜美子が嫌や言うても応募するで?ほんで 喜美子は喜美子でもっと世界を広げてな もっとやりたいことやったらええわ。釉薬の調合のことかて もっと知りたいやろ。もっと勉強したいはずや。

喜美子:八郎さん。

八郎:うん。

喜美子:頼まれた花瓶 釉薬かけんでええの?

八郎:僕の仕事の話は置いとけ。

喜美子:ううん 聞かせて? どんな色にしよう思てる?これ。これ どんなふうに釉薬を調合してどんな色に焼き上げよう考えた?

八郎:先方は 落ち着いた感じの色がええ 言うてたから深い緑色にしようかと…。

喜美子:ほな 調合は…長石50 土灰30 石灰15 蛙目5に 酸化銅8% ベントナイトが2 酸化焼成で1,280度で焼き上げたら 深い緑色になる。合ってる…? 今言うたんで合ってる?

八郎:合ってる…。そんなん いつの間に…?

喜美子:勉強してん。

八郎:いつ そんな…。

喜美子:10歩も20歩も下がっててもな 勉強はできるで?ハチさんのやってること 後ろからついていきながら学ばせてもろてた。釉薬のテストピース 研究結果 ぜ~んぶ 頭にたたき込んでな。この2年半 釉薬のこと 調合のこと とことん勉強したで 身につけたで? ハチさんに追いつきたかったからな。

八郎:驚いた… すごいな…。すごいな 喜美子。さすがや 大したもんや。

喜美子:ほんま?

八郎:ほんま。

喜美子:ありがとう。ほな 調合だけやってみたい やってみてもええ…?

八郎:うん。ほな 見たげるからやってみぃ。

喜美子:はい! 頭で分かってても実際やってみんことには 分からへんもんなあ。よ~し…。
(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

「スカーレット」ネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

スポンサーリンク



コメント