スカーレット(83話1月10日)僕と喜美子はちゃうで。違う人間や。

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第83話、喜美子:壊したらええんよ。一旦作ったもんを壊さんとあかんのとちゃう?そこに縛られてるからあかんのとちゃうの?壊そうや 一緒に。うちはできるで?ハチさんと一緒やったら…。こんなん いくらでも壊せるで?

八郎:やめえや。

喜美子:壊して進もうや。前に進むいうことは 作ったもんを壊しながら行くいうことや。

八郎:ちゃうわ。僕と喜美子はちゃうで。違う人間や。

同じ職場で同じ職業で、モノづくりに対する考え方が根本的に違う喜美子と八郎。そして二人は夫婦。

四六時中、常に一緒にいるというのは、何かと不都合なことが出てくるようで、結婚を考えている方はご注意下さい。

スカーレット(83話1月10日)セリフ

●「かわはら工房」

喜美子:このノートな ほんまに大事なノートやってん。ありがとう。あっ おなかすいてへん? おむすび作ったるわ 待っとき。

●川原家・母屋

マツ:喉 渇いてな…。

喜美子:あ…。

マツ:悪いな。

喜美子:ううん。

百合子:お母ちゃん…?

喜美子:あっ 百合子も?

百合子:ううん うちは大丈夫。お母ちゃん 眠れへんの?

マツ:ありがとう。ノート1冊とはいえ えらい騒ぎがあったさかいなぁ。

喜美子:武志 寝てる?

マツ:ぐっすりや。

百合子:武志はケロッとしてたんやて?

喜美子:うん ごめんな 心配かけて。

百合子:ううん。

喜美子:ノート 返ってきたで。

マツ:えっ。

百合子:ほんま?

喜美子:辞めさせた弟子たちが盗みに入ってた。ノート持って逃げるところを 松永さんが見かけてな 追いかけて取り返してくれたんやて。

マツ:ええ~!

百合子:松永さんて?

マツ:修業先を探して ここに来やってん。若い女の子や。

百合子:へえ~。

喜美子:丸熊でな 一緒に絵付けやってた池ノ内さんと磯貝さんが連れてきやったんよ。ほやけど ハチさんがなぁ…。ハチさんな「銀座の個展で目玉になるすばらしい作品考え」言われてんねん。

マツ:大変やなあ。

百合子:銀座でやるから特別なん?

喜美子:それもあるかもしれん…。ほやけど 前回売れ残ったんが大きい。3年たってるからなぁ 金賞受賞してから。

百合子:そうかぁ…。

喜美子:こないだ ハチさんがな…。すばらしい作品て何やろなぁ 言うたんよ…。どういうのを すばらしい言うんやて…。そんな言うたん初めてや…。道に迷ってんねん…。ごめん ごめん ちゃうねん 松永さんよ。松永さんな 日本のあちこちを旅してたんやて。焼き物の産地や原材料ある所を訪ねて回って 意欲的で研究熱心な子やねん。今のハチさんにはな ああいう子が必要なんちゃうか思うんよ。

マツ:弟子に取りたいいうこと? ハチさんのために。

喜美子:何と言うか こう…新しい風を吹かすいうかな。

百合子:お姉ちゃんがそう思うんやったら うちは弟子入り賛成や。多数決する?

●「かわはら工房」

八郎:松永さんを弟子として受け入れてくれるところ 探したらほかにあるで 見つかるで。
三津:あの…見つからなかったから ここに来てるんですけど。

八郎:ごめんな 頑固オヤジちゃんで。明日 帰りぃ?

三津:はい! 分かりました! 了解です!

八郎:そんな叫ばんでええ もう…。

喜美子:お待たせ 出来たでぇ。

八郎:ありがとう。

三津:あっ 何 これ! かわいい~!

喜美子:食べぇ?

三津:あっ 手 洗ってきます。

喜美子:そこやで。

三津:はい。

八郎:僕ももらおうかな。

喜美子:うん。

三津:ええ~! 全部 私の分かと。

八郎:ほな いりません。

喜美子:1つ あげてくれる?

三津:しゃあないな~。

八郎:その 下手な大阪弁やめぇ言うてるやろ。

喜美子:何 話してたん?

八郎:ああ 別れた理由な。

喜美子:あっ 聞いたん?

三津:ひと言で言うと 性格が合いませんでした。

八郎:益子焼の修業されてるんやて。

喜美子:別れた恋人? 陶芸やってはったん?

三津:はい。父も若い頃は陶芸かじってました。

喜美子:へえ~。

三津:今は画商をやっています。

喜美子:ふ~ん。

三津:母は自宅で絵画教室と書道教室を開いています。結婚前は美術の先生だったんです。

喜美子:へえ~。

三津:5歳上の兄は修復家で。絵画の修復の仕事をしています。

喜美子:ほう~。すごいな…。芸術一家やん。

三津:はい。頂きます!

喜美子:なあ ハチさん。うちらの大事なノートを取り返してくれてな お礼におむすびだけいうのも なんや思うよ。ここ以外に ほかになかった言うてんねやから もうええやん 預かってあげようやないの?

八郎:今は そういう余裕がない言うたやん。

喜美子:お願いします。

三津:あ…お願いします!

八郎:喜美子が…喜美子がどうしても言うんやったら。

喜美子:ほんま?

三津:ああ…ああ…ありがとうございます!

八郎:ただし 僕があかん思たら すぐに辞めてもらうで。

三津:はい!

●竹野呉服店前

百合子:松永三津さんいうねん。住み込みでな 部屋はうちと一緒に使うことになってん。

信作:へえ~。

百合子:同い年やし 気楽やわ。

信作:へえ~。

百合子:明るくて感じのええ子やで。服装が何や 変やけどな。

信作:へえ~。

百合子:ほんでな 弟子いうてもな 炊事洗濯掃除 家のこともやらはんねん。三津さんがやります言うてな。

信作:へえ~。

百合子:ほやから 何や お手伝いさん雇ったみたいやわ。

信作:へえ~。

百合子:ちゃんと聞いてる? いつまでへこんでんの。

信作:だって 5回引いて 5回とも凶なんてことあるか?ほんまおかしいで あの神社…。百合子 何やったっけ?

百合子:大吉や言うたやん。

信作:何で大吉やねん!

百合子:もう~分かった もっかい引いてこ。行くで。

信作:ええ ええ ええ…。だって これで俺 また凶やったら もう一生 立ち直れへんもん。はあ… おい これとか見て すごいで。「由損断」…読めへんねん まず。

百合子:うん… 意味書きてないのん?

信作:え~「命と同じくらい大切なものを失うおそれがある」。

百合子:うわ~ ほんまひどいな それは。命と同じくらい大切なものて 何?

信作:今やったら 百合子やな。腹減ったなあ 何か食いに行くか。手ぇつないでく?

百合子:ええっ! 何でぇ!?

信作:分かった。

●川原家・離れ

武志:もう~貧乏くさいなあ。

喜美子:何がや。

武志:新しい靴下 買うたらええやん。

喜美子:あかん。まだはける。

武志:また すぐ穴開くで。

喜美子:開いたら また縫う。

武志:また 開くで。

喜美子:また縫う。

武志:また 開くで。

喜美子:また縫う! そのうち 夏になるし 開いたままはいてけ。

武志:え~。

喜美子:涼しくてええやん。

武志:うち お金持ちちゃうの?

喜美子:また そんなこと言う…。

武志:お父ちゃん 先生先生言われてやるやん。東京の銀座で個展やるんやろ?

喜美子:誰に聞いたん…?

武志:み~んな言うてんで すごいすごい言われるぅ。沢村にも会える?

喜美子:沢村はキックボクサー お父ちゃんは陶芸家。会えるわけないやろ。ほら はよ寝え。

武志:は~い。

喜美子:武志のお父ちゃんはな 銀座で個展やらんでもすごい人やで?

武志:すごい?

喜美子:すごくてなあ かっこよくてなあ 優しくてなあ ハンサムでなあ。

武志:もうええわ!

2人:ありがとうございました~。

●「かわはら工房」

喜美子:ご苦労さん 掃除終わった?

三津:はい。

喜美子:少しは慣れた?

三津:はい。まあ 大体 どこに何があるかは。

喜美子:うん。ほな 今日はもう休んでええよ。

三津:あ…見てたらいけませんか?

喜美子:あ~今日はもう遅いからなあ また明日な?

三津:分かりました…。お先に失礼します。

喜美子:おやすみ。

三津:あの! 思い切って 大胆に土を替えてみてはどうでしょうか? これですよね? 先生が目指してるのは これですよね? この景色の美しさを 焼き物に出そうとしてるんですよね?

喜美子:そうなん…?

三津:その土では 出ないんじゃないですか? すいません 出しゃばったこと言って。

喜美子:知らんかった。ハチさん それを目指してんの?

八郎:そうやったとしても口出さんでええ 置いとけ。

三津:すいません。申し訳ありませんでした。おやすみなさい。おやすみなさい。

喜美子:やってみたらええやん。土を替えてみたらええやん。せっかくやから 松永さんが持ってる火山灰とかな ほら 鹿児島の桜島とか北海道の黒浜とか。

八郎:あのな そういうことはもうとっくに柴田さんから言われてんねん。柴田さんとこの研究所に よその原材料 なんぼでも置いたある。これ使たらどうや言われたことは 今までもあるんよ。

喜美子:そうなん…?

八郎:それを断って ここらの地域に絞った原材料で作ろうと思ってんねん。僕のこと思て言うてくれてんの 分かるけどな。

喜美子:何をそこまでこだわってるん?

八郎:そもそも僕は 信楽の土が好きでここに来たんや。

喜美子:そら知ってるけど。

八郎:僕も喜美子のお父さんみたいに ここに根っこ生やして生きていこう思てんねん。

喜美子:それが足かせになってんのんちゃう?ハチさんのこだわりが ハチさんを苦しめてんのんちゃうの? 発想の転換や もうな 別の考えせなあかんのとちゃう?

八郎:そんなん言われんでもな 考えてるで? どうやったら前に進めるか ちゃんと考えてるで。

喜美子:壊したらええんよ。一旦作ったもんを 壊さんとあかんのとちゃう? そこに縛られてるから あかんのとちゃうの? 壊そうや 一緒に。うちはできるで? ハチさんと一緒やったら…。

八郎:やめえ。

喜美子:こんなん いくらでも壊せるで?

八郎:やめえや。

喜美子:壊して進もうや。前に進むいうことは 作ったもんを壊しながら行くいうことや。

八郎:ちゃうわ。僕と喜美子はちゃうで。違う人間や。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

「スカーレット」ネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

スポンサーリンク



コメント