スカーレット(87話1月15日)結婚式の引き出物で小皿5枚セット40組

朝ドラ

朝ドラ「スカーレット」第87話、喜美子:すばらしい作品は?

八郎:和食器セットかて すばらしいで。

喜美子:いや そういうこと言うてるんちゃうやん。あれを超える作品を目指してたんちゃうの?それがうまくできひんから 今回休んだらどうや言うたんよ。無理せんと心に栄養与えてな。ほんでやれるようになったらやればええ思うたんよ。間違うてる?うちが言うてること。

八郎:間違うてないよ。間違うてないけど…。

喜美子:…けど 何?

って、こういう言い方は当事者もそうだけど、聞いているこっちの方もきつく感じられ、今日の喜美ちゃんはイメージダウン大きいぞと。

72話(12月21日)以降、視聴率が20%を超えない日が続く「スカーレット」。やはりここは、武志の青年期を演じる伊藤健太郎クンに期待大ですね。

スカーレット(87話1月15日)セリフ

●カフェ「サニー」

陽子:いらっしゃいませ~。

大野:いらっしゃい。

喜美子:ご無沙汰しておりますぅ。

橘:ご無沙汰してますぅ。

喜美子:どうぞ。

橘:あっ お邪魔します。お元気でしたか?

喜美子:はい おかげさまで。

陽子:コーヒーでいいですか?

橘:はい お願いします。

(OP)

喜美子:神戸ですか。

橘:ええ 夫の仕事で。それからまた こっちに戻ってきたんです。

喜美子:そうですかぁ。

橘:八郎さん ご活躍されてるみたいで。ご立派になられましたねえ。

喜美子:ありがとうございます。

陽子:仲ええんよ ここの2人。

喜美子:ええ? おばさんとおじさんかて。

大野と陽子:ええ?

橘:そうや ゆうべも盛り上がってはりましたねえ。

陽子:ゆうべ?

橘:えらい にぎやかに飲んではって 何かあったんですかってお話聞いたら 何でも こちらの息子さんと…。

陽子:ああ…! もう一杯いかがです?

橘:えっ?

喜美子:ハハハッ。

橘:あっ 今 頂いたところなんで。 あ…こちらの息子さんが…。

大野:あの! お代わり言うて下さいよ。

橘:あ…はい。

喜美子:あっ そや 最近 百合子とあかまつでよう飲んでるみたいで すんません お世話かけます。すんません。

陽子:いや いや いや…。

喜美子:もう あんなん まだまだ嫁には出せへんいうて お母ちゃんと話してたんです。

陽子:嫁に出せへん…?

喜美子:出せませんよぉ。相手によるけど。

大野:んんっ その… 相手いうのは 例えば どんな相手やったらええのん?

喜美子:何ですか?

陽子:あ… や… ほら うちらかて 百合ちゃん かわいいやんか。

大野:せやねん。

喜美子:ああ~。まあ そやな…お父ちゃんおらんようになって うちがビシッとせなあかんしなあ。う~ん…。理想を言えば…。

陽子:うん。

喜美子:うちのことを柔道で投げ飛ばせるくらい 勇ましくて たくましくて強い男がええです。

陽子:柔道…。

喜美子:うん?

陽子:あっ… ああ… 邪魔してしもうた。どうぞ ごゆっくり。

大野:お仕事の話を…。

橘:川原さん ようやくお願いできる日が来ました。

喜美子:もう 何でもおっしゃって下さい。大丈夫です!

●「かわはら工房」

喜美子:いっそげ…。急げ 急げ…。

(笑い声)

喜美子:ただいま~。

三津:あっ お帰りなさいませ。

八郎:お帰り。遅かったな。

喜美子:何が そんな おかしいのん?

八郎:松永さんが勝手に笑てるだけや。

三津:すいません。ディナーセットが…。

喜美子:ディナーセット?

八郎:もうな 絵心のえの字もないねん よう こんなんで美大合格した思うで。見て これ。魚やて 焼き魚。ハハッ。

三津:すいません。

八郎:ほんで これ何やったっけ 梅干し?

三津:お漬物です。

(笑い声)

八郎:こんなん もう絵ぇちゃうよな もう塗り潰しただけやんな?

三津:はあ…急いで描いたから…ハハッ…。

八郎:あっ これ見て これ。僕が描いた卵焼きや 上手やろ。

喜美子:何? ディナーセットって…。

八郎:あの…。

三津:すいません 片づけます。

八郎:はい。あっ お昼食べぇ。喜美子の分もあるで。

喜美子:ああ ホットケーキ頂いてきた。

八郎:食べたがってたもんな サニーのホットケーキ。

喜美子:なかなか ありつけんかった。

八郎:よかったな おいしかった?

喜美子:うん… うん おいしかった。

三津:じゃ これ 下げますね。

喜美子:お母ちゃんは?

三津:おうどんにしときました。

喜美子:ありがとう。

三津:片づけてきます。

喜美子:ハチさん それは?

八郎:銀座の個展に出す作品や。

喜美子:休んだらええ言うたやん。

八郎:喜美子はそう言うてくれたけどな やらんわけにはいかん。

喜美子:何で?

八郎:仕事やからな。個展やって作品売って 食べていかなあかん。

喜美子:橘さんの注文受けたで?

八郎:せやけど 個展はやるで。下見に行くことにした。

喜美子:えっ。

八郎:東京の銀座まで 会場の下見や。

喜美子:いつ?

八郎:う~ん… 来週末にでも。 下見 しといた方がええやろ?

喜美子:ほんまに個展やるんや…。

八郎:ハッ やる言うてるやん。大体なあ 企画してくれた佐久間さんにも ここでやめるなんて言われへん。

喜美子:何で東京下見行くん もっと早う言うてくれへんかったん。

八郎:それは 今 話して決めたことや。

喜美子:誰と話して決めたん。

八郎:松永さんや。銀座はどんなお客さんが来るか。どんなお客さんが作品を見てくれるか。心動かしてくれるか。そんなん考えながら 銀座いう所を実際に見てきたらええんちゃうか言うて。東京で洋食器のディナーセットが売れてるいうからな。ほな こういうのどうやいう話になって これは煮物入れる小皿や。こっちはまあ焼き魚置く四角い皿な。つくだ煮を置く小鉢や梅干しを置く小皿やな? こういうのを全品そろえてもらえるよう きれいに並べてな。

喜美子:銀座の個展で?

八郎:せや。

喜美子:すばらしい作品は?

八郎:和食器セットかて すばらしいで。

喜美子:いや そういうこと言うてるんちゃうやん。あれを超える作品を目指してたんちゃうの? それがうまくできひんから 今回休んだらどうや言うたんよ。無理せんと 心に栄養与えてな。ほんで やれるようになったらやればええ思うたんよ。間違うてる? うちが言うてること。

八郎:間違うてないよ。間違うてないけど…。

喜美子:…けど 何?

八郎:こういう 芸術をきわめるような作品は…。

喜美子:自分にしか作れへん作品やん。そこを こだわってたんちゃうの?

八郎:せやから そういうの今は… 今は… 昔の作風に戻ろうと思てる。それが僕にとって正しい答えかどうかは分からんけどな…結婚する前の頃の作品に戻ろうと思てんねん。

喜美子:東京… 来週末 言うてなな。

八郎:うん。

喜美子:うちも一緒に行く。

八郎:橘さんに頼まれた仕事は?

喜美子:それは…。今すぐやれば間に合う。いちも一緒に行く。

(外に出る喜美子)

喜美子:あ…。雨降るいうてたのにな 降らんかったな。

三津:あ… そうですね。

喜美子:人って 何で空見上げる時 口開けるんやろうな?

三津:あっ。

●川原家・離れ

(戸が開く音)

八郎:橘さんの 何 頼まれたん? 引き受けてきたんやろ?

喜美子:橘さんのご主人の会社関係の…。

八郎:うん。

喜美子:結婚式の引き出物…。

八郎:引き出物?

喜美子:小皿5枚セット。

八郎:5枚セット どんだけ?

喜美子:(小声で)…組。

八郎:聞こえません。

喜美子:40組!

八郎:200枚? えっ!? それ どんだけ時間かかる思う。

喜美子:200枚くらい 今のうちやったら 電動ろくろで1日でできる。

八郎:電気窯一つしかないねんで? 個展かて 5月やで? どんなつもりで段取りしてきたん…。

喜美子:急ぎの仕事て分かったからな 橘さんの意見聞いて その場でどんなんがええか おおよそ決めてきた…。ホットケーキ食べながら いろいろ話して…。橘さんな…喜美子さんの絵付けの力を是非生かして下さい言うてくれたから…。

八郎:絵付け小皿か。

喜美子:うん。

八郎:そうか。ええやん。

喜美子:ほんま?

八郎:可愛らしいやん。喜美子らしい ええ小皿や。ほな はよ進めぇ。

喜美子:東京は?

八郎:行ってる場合やないやろ。

喜美子:ハチさん 行くんやろ?

八郎:喜美子は これやっとき。

喜美子:うちもハチさんについてく。

八郎:ついてきたら間に合えへんやん。作りたいんやろ? ほんまは作りたいんやろ。

喜美子:さっき うそついた。

八郎:うん?

喜美子:ホットケーキおいしかった言うたけど うそや。久しぶりに小皿200枚作ること考えたら ホットケーキなんて食べた気せえへん 味なんかせんかった。作りたい。ほんまはゆっくり時間かけて納得いくもん作りたい。

八郎:ほな はよ取りかかり。こんなしゃべってる間も もったいないで。僕は僕でやるから。喜美子は喜美子で やりたいことやったらええ。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

「スカーレット」ネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

スポンサーリンク



コメント