スカーレット(88話1月16日)努力しても駄目だなあって人間もいるんです

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第88話、三津:努力しても努力しても駄目だなあって人間もいるんです。

喜美子:ハチさんは違うで?優しいけどな そんな弱い人ちゃうで。

三津:繊細なんです。繊細な人だなあって思います。

喜美子:そうか。ほやけど うちにどんな才能があるいうのん? うちはハチさんにずっと教えてもらってるんやで?

三津:僕を超えていったって言ってましたよ。先生は誰よりも喜美子さんの才能を分かってるんです。

喜美子は八郎の強さを信じて疑わず、三津は八郎の弱さに目を向けて…。

こういう展開だと、喜美子と八郎が離縁するのが当然のように感じ始めてきて、実に巧みな脚本だと思います。

スカーレット(88話1月16日)セリフ

●川原家・母屋

マツ:(かすれた声で)あ~。

百合子:あっ… あっ…。

喜美子:あ~いや~ まだきついなあ?

百合子:うん…。どんだけ合唱団 張り切ってんのん?

喜美子:もともと喉が弱いんやなあ。百合子 どこ行くん?

百合子:ともちゃんにお祝い渡してくる。

喜美子:ああ 産まれたん? どっちやった?

百合子:女の子。

喜美子:ええなあ 女の子ぉ。

百合子:武志聞いたら傷つくでえ。

(笑い声)

百合子:どこ行ったん?

喜美子:野球しに行ってん。最近キックボクシングから野球に変わったんよ。テレビ欲しい言うんは変わらんけどな。

百合子:うちも最初は女の子がええかなあ。

喜美子:百合子 子どもの前に結婚やで。順番間違えたら 絶対許さへんで?

(物音)

百合子:分かってるぅ。

喜美子:お見合いでもする?

百合子:するわけないやん!

(物音)

喜美子:そんな気ないん?

百合子:ないない ないない。

喜美子:ふ~ん…。

(物音)

喜美子:お母ちゃん! 何してんの? ネズミ?

百合子:嫌や! どこぉ!?

喜美子:いやっ… お母ちゃん!怖い  人が変わってるぅ。お母ちゃん 落ち着いて そんなんやってもあかん!

●「かわはら工房」

喜美子:ハチさんは?

三津:あっ 出かけました。

喜美子:どこに?

三津:サニーだと思います。

喜美子:珍しいな。

三津:これ 用意してあります 先生が。喜美子さんがすぐに取りかかれるように。

喜美子:そうなん…。

三津:喜美子さん 絵付け小皿の注文 受けたんですよね?

喜美子:200枚な。

三津:200枚!?

喜美子:そうか 用意してくれたんかあ…。やるわ。

三津:えっ…。

喜美子:やるで。

三津:200… え~…。

喜美子:三津も手伝ってくれる?

三津:はい。

喜美子:今日中にやるからな。

三津:えっ 今日中にですか? 200をですか?

喜美子:小皿やで できるわ。

三津:ああ~。あ~っと 私は え~っと 形作ったやつは ここに置きますか? えっ こっち? ど… これ… 持っときましょうか。

喜美子:とりあえずな。

三津:はい。

喜美子:黙っててくれる?

三津:はい すいません。

●カフェ「サニー」

大野:ええ茶わんや。昔 ハチさんが作ってくれた。

八郎:大事に使て頂いて ありがとうございます。

大野:実はな 去年 2個割れてしもてん。

八郎:えっ…。

大野:う~ん 陽子がそこでボテ~ン こけてな。

八郎:えっ! ケガせんかったですか?

大野:2人で必死に割れたかけら集めたけど どないもなれへんかった。

八郎:いや 言うてくれたら すぐ作りますよ。

大野:アハハッ 言えるかいな。今や川原八郎いうたら 信楽の立派な陶芸家や。有名な先生やし。

八郎:そんなん関係ありません 言うて下さい。

大野:フフフフッ 昔 湯飲みな これもハチさんが作ってくれた。ジョーさんが言うてた。いつか有名になったら これが一個5万になるて。そしたらコーヒー茶わん2個で10万や。よう言えん そんなお金払えんわあ。

八郎:もう お金やなんて…。昔 この湯飲み茶わん おじさんとおばさんが「ええ茶わんや」言うてくれはって 僕 救われたことあったんです。2個割れた分 作って来ますわ。2個でいいですか?

大野:ほんま?

八郎:はい。

大野:ほしたら…2個いうか… こんぐらい…。

八郎:4個?

大野:4個いうか まあ…。

八郎:4…? は…8個? 10…?

大野:もう それやったら思い切って…。

八郎:えっ えっ えっ ちょちょちょ…あの 足の指も出そうとしてます?口で言うて下さい ちょっと…。

大野:アハハハハ…。

八郎:目ぇ回りますよ。

(笑い声)

大野:よかった。

八郎:えっ?

大野:声出して笑えるやん。フフッ 入ってきた時から ず~っとここで考え顔しとったから。ハッハッハッハッ…。お代わり いれようか?

八郎:はい。

大野:フフッ。

(ドアが開く音)

大野:いらっしゃい。

陽子:ただいま。

大野:ああ…。

陽子:あかんかった。あっ ハチさん 久しぶりやな 1人?

八郎:はい。

照子:あ~ ハチさんや。

八郎:おお おお。

陽子:あ… 気にせんといてな。

八郎:えっ はあ…。

照子:信作 うち 子ども4人産んでるんやで? 4人やで4人。そうは見えんかもしれへんけど 若い頃の筋肉 ぜ~んぶ脂肪に変わって美しかった体はボロボロや。おなかなんかな 4人も産んでみぃ もう妊娠線がいつまでたっても消えへん スイカみたいに残ってるわ!

信作:スイカ?

照子:ほや。スイカみたいな線が ここにな…って そんなとこに反応せんでええ。はあ その上 柔道なんて十何年ぶりやで? そんな うちみたいなもんに投げ飛ばされるて どういうこっちゃあ!

八郎:えっ! 信作 照ちゃんに投げ飛ばされたん? 何や 何? ちょちょ ちょちょ… 何 何…。

陽子と照子:甘えんな!

照子:どうすんの? 結婚許してもらえへんで?

八郎:おい おい おい おい。結婚するんか?

照子:ほやて。うちも聞いたばっかりや。でもな 相手はないしょや言うの。

大野と陽子:おいおいな…。

陽子:おいおい 教えます…。

八郎:えっ せや… せやけど 何で結婚と柔道?

照子:あお 何でもな その相手のお姉さんいう人が 柔道で投げ飛ばすくらいの勇ましくてたくましくて強い男やないと 許さん言うてきたらしいわ。

八郎:嫌なこと言うなあ。

照子:よほどの女や いかついでえ。

八郎:そんな厳しいお姉さんに 頭下げなああかんのか。そら大変や。僕ん時 思い出すわあ。

(笑い声)

八郎:何や 何や… もう分かった 分かった 分かった! もうええ…。

陽子と照子:甘えんな!

●「かわはら工房」

喜美子:よし ひと休みしよか。

三津:はい。イカしてますね!

喜美子:うん?

三津:かっこいいです!あっという間に何十枚も。

喜美子:まだまだやん。

三津:先生の言ってたことが分かりました。

喜美子:えっ? 何か言うてた?

三津:喜美子さんには才能があります。

喜美子:えっ?

三津:私もそう思います もう見てて そう思いました!すっごい集中力で無心で作り続けて…。

喜美子:えっ 何 そんな才能なんか分かんの?

三津:いや~よく分からないですけど かなわないなぁっていう感じは分かります。横にいられると しんどいなぁっていうのも分かります。

喜美子:しんどい? ハチさん そんなこと言うてた? 何でやろ…。何で?

三津:あ…才能のある人が横にいると 息苦しさを感じることだってありますよね。あっ 一般的な話ですけど。

喜美子:うちは そんなふうに感じたことないけどなあ…。

三津:喜美子さんは そっち側の人だから。

喜美子:そっち側?

三津:できる人間です。

喜美子:何や それ。

三津:努力しても努力しても 駄目だなあって人間もいるんです。

喜美子:ハチさんは違うで?

三津:はい。

喜美子:優しいけどな そんな弱い人ちゃうで。

三津:繊細なんです。繊細な人だなあって思います。

喜美子:そうか。ほやけど うちにどんな才能があるいうのん? うちはハチさんにずっと教えてもらってるんやで?

三津:僕を超えていったって言ってましたよ。先生は誰よりも喜美子さんの才能を分かってるんです。

喜美子:超えてった…。そんなことも言うてたん…。さあ 続きやるでぇ!

三津:はい!

喜美子:はよやらんと間に合わん。

三津:はい。

喜美子:よし よし よし。よし。

喜美子はこの日のうちに絵付け小皿200枚の形作りを終えました。このあと 7日間の乾燥を経て 素焼き 絵付け 本焼きと進みます。納品まであまり間がありません。

●川原家・離れ

喜美子:はあ~期待を裏切らんやっちゃなあ。

武志:ほやから 新しいの買うたらええやん。

喜美子:あかん 繕う。

武志:そんなん繕うて はいてる友達いいひんで。

喜美子:よそは よそ…。

喜美子と武志:うちは うち。

喜美子:そう!

武志:ほな それ はくし グローブ買うて。

喜美子:今度はグローブか。

武志:テレビより安いやろ?

喜美子:ほんまに欲しいんやったらな 自分で買い。

武志:お金ない。

喜美子:ほんなら稼ぎぃ。あっ お年玉あるやん。

武志:どうやって稼ぐん?

喜美子:稼ぎたいんか? ほな これ繕うたら12円やる。

武志:やる! 12円? 何回繕うたらグローブ買える?

喜美子:あっ 計算練習にもなるなあ。ほんまにやる?

武志:やるやる!

喜美子:ほま 教えたる。裁縫は知っといて損はないからなあ。できるかなあ まだ難しいかな? これ 持ってみぃ。ほんで この針にな 穴あるやろ?

武志:うん。

喜美子:ここに通すねん。できるかなあ。

●「かわはら工房」

(土を練る八郎)

三津:どれ使います? いつも使ってます? これ。

八郎:ちゃう。これや。

三津:これ…。

八郎:これや…。これ…。

三津:はい ありがとうございます。

八郎:置いといて。

三津:はい。お水も入れてきます。

八郎:うん。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

「スカーレット」ネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

スポンサーリンク



コメント