スカーレット(98話1月28日)1回目15万、2回目25万の薪代で失敗続き

NHK連続テレビ小説

朝ドラ「スカーレット」第98話、穴窯での窯焚き、1回目が15万、2回目が25万の薪代がかかり、いずれも失敗。3回目に挑もうとする喜美子に対して八郎が、

借金してまで やることちゃうやろ!?ここで一旦やめや。穴窯はおしまいや。やったらあかん。もう諦めぇ。

ちなみに、昭和45年当時の大卒初任給は約4万円。トヨタのカローラが50万くらいで買えたようです。

なので、八郎の言うことにいたく同意するのですが、でも天才肌の喜美子はそうはいかずに3度4度とチャレンジし続けて、八郎との溝を深める今週の展開です。

スカーレット(98話1月28日)セリフ

穴窯での初めての窯焚き。けれども 出来上がった作品は焼きが甘く もちろん喜美子が望んでいた色は出ていませんでした。失敗です。

●「かわはら工房」

武志:お父ちゃんは?

喜美子:柴田さんらと出かけた。

武志:宿題な。

喜美子:宿題?

武志:漢字の宿題があんねん。

喜美子:漢字 分からへんの?

武志:分かる。

喜美子:ほな 何でここで? あっ 何それ。少女漫画やん。

武志:芽ぐみが貸してくれた。読んどけ言われた。

喜美子:芽ぐみちゃんに?

武志:読んで よう分かっとけ言われた。

喜美子:何をよう分かっとけ?

武志:男と女の違いや。

喜美子:ほう… さすが芽ぐみちゃんや。(小声で)さすが照子の娘や…。

武志:女はよう泣くねん。

喜美子:よう泣くんか。

武志:何かあったら すぐシクシクすんねん。

喜美子:シクシクするん?

武志:ほんで 男が慰めんねん。

喜美子:ほう~。いけないこと描いてないやろな。

武志:何?いけないこと。

喜美子:あっ お母ちゃんが穴窯失敗して シクシクしてる思たん? それで来てくれたん?

武志:女やさかい。

喜美子:アホやなあ 泣くかいな。

武志:シクシクせんの?

喜美子:勉強してたわ。

武志:勉強…。

喜美子:もっかい穴窯の勉強や。何で失敗したか調べてんねん。ほやけど…。

武志:うん?

喜美子:ありがとうな。

武志:うん。

喜美子:うん。

●酒処「あかまつ」

佐久間:奥さんに穴窯任せるんは やめた方がええなあ。

柴田:う~ん…。

八郎:いや そもそも穴窯は喜美子がやりたい言うて始めたことです。まあ今回はあれでしたけど…次は必ず。

佐久間:うまいこといったとしてもな 奥さんの作品は売れへんで。

八郎:えっ…。

佐久間:そらそうや。奥さんは無名や。しかも女や。陶芸は男の世界やで?

八郎:いや 今更そんなこと…。喜美子はずっとやってきたんです。力は十分にあります。才能も…。

佐久間:才能なあ…。

八郎:いや 工房に作品置いてあるの ご覧になったことあるやないですか。ええの作ってますよねえ?

佐久間:陶芸家 川原八郎の奥さんいうさかい みんなどっか なまぬるう見てあげてるだけやで。ハチさんのうては ただの陶芸好きのおばさんや。

柴田:そら ちょっと言い過ぎやで。

佐久間:はっきり言うた方がよろしいわ 甘いとこある2人やさかい。世の中っちゅうんは そういうふうに見るいうことや。

八郎:そういうふう…。

佐久間:奥さんは添えもんや。女が気張っても この世界はまだまだ厳しい。そやろ。なあ?

柴田:まあ 現実はな… まだこういうことや。

せんだって 喜美子と八郎が2人で取材を受けた記事です。喜美子の名前はどこにもありませんでした。

●「かわはら工房」

八郎:ただいま。

喜美子:あっ お帰りなさい。お茶…。

八郎:ああ ええよ ええよ。続きやりぃ。

喜美子:うん。武志がな 一人でお風呂入って 一人で寝てくれたで。

八郎:お~ 楽になったなあ。

喜美子:宿題も さっさとやりよった。

八郎:しっかりしてきた。

喜美子:しっかりは 前からや。

八郎:喜美子に似たんや。ちゃっかりしてるとこも。

喜美子:えっ うち ちゃっかりしてる?

八郎:フフッ。お金の計算?

喜美子:うん…。すごいでえ 薪の代金。

八郎:あ~怖いなあ。

喜美子:いくらになったか発表しよか。

八郎:待って お茶。

八郎:はい。

喜美子:ありがとう。

八郎:うん。

喜美子:ほな 言うで。

八郎:おう。

喜美子:今回 使用した薪 420束。

八郎:おお… 派手に使たな…。

喜美子:予備も全部 使てしもた。

八郎:うん…。

喜美子:金額にして 15万。

八郎:15万。

喜美子:こんな金額 いっぺんに使たん 生まれて始めてや。次も使うで。ざっと見積もって 600束。予備も含めて700束以上は用意せんとあかんな。

八郎:金額にして。

喜美子:25万。貯金下ろして ぎりぎりや。

八郎:失敗は許されへんな。

喜美子:許されへん。失敗はできひん…。

八郎:喜美子 ええかな。話がある。穴窯は一旦置いて 喜美子は陶芸展に応募しぃ。喜美子ならではの形を作りぃ。ほんで金賞狙うんや。

喜美子:何で…?

八郎:金賞取って認めてもらおう。

喜美子:誰に認めてもらうん?

八郎:世の中や。女性陶芸家 川原喜美子いう名前を世の中にもっと広く知ってもらうんが先や。穴窯はそれからにしよ。

喜美子:何でそんなこと言いだすん?

八郎:マスコットガール ミッコー覚える? あん時 深野先生の「ふ」の字も載ってなかった。絵付けの師匠やのに…。

喜美子:ハチさん怒ってたな…。

八郎:今度は その逆や。僕しか載ってない。喜美子の「き」の字もない。悔しいやないか こんな扱いされて。今のままやったら この程度の扱いやで。

喜美子:ミッコーで慣れてる こんなん どうでもええ。

八郎:ううんどうでもええことないで。大概の人はこういうの真に受けるで?

喜美子:大事なんは 穴窯でええ作品を焼くいうことちゃうの。

八郎:ええ作品 焼いても…今の喜美子やったら売れん言われた。「陶芸家 川原八郎が穴窯でどんな作品を生み出すか 心待ちにしたい」。ここな?「川原喜美子が」て 書かれんとあかん。せやないと売れん。売れるための名声を手に入れよういう話や。分かるな?

喜美子:はあ…売れるための名声て 何やそれ。

八郎:せやから 女性陶芸家として…。

喜美子:そんなん いらん! そんなん必要やったら 陶芸家 川原八郎が作りましたいうて うちの作品売ったらええねん。

八郎:何言うてんねん それ おかしいで。

喜美子:今の喜美子やったら売れん言うなら もっと誰もがみんな ええなあ言う作品を作れ言うのが筋ちゃう? 何で名声を手に入れる話になんの?

八郎:誰もがみんな ええ言う作品なんか ありえへんからや。

喜美子:ありえんことないで。

八郎:10人おったら10人がええ言う作品なんかないで?

喜美子:そんなん やってみな分からへんやん。

八郎:やってきた僕が言うてる。ええかどうかは結局 主観や。評価なんか曖昧なもんや。ほんで…。ほんで 陶芸はまだまだ男の世界や。なっ まずはかわいがってもらえ。女性陶芸家として受け入れてもらえ。なっ? 25万 薪代つぎ込む前に もっかい冷静に対策 考え直そう。そやのうても 1回目は失敗したんやで?

喜美子:1回目 失敗したんは よそに気持ちがいったからや。

八郎:よそに気持ち?

喜美子:三津と仲よう寝てるところ見てしもた。あん時 温度が上昇せんかって 薪も少なくなって…どないしよういうて ハチさんに頼ってしもた。うちも分かるで? 三津が言うてたこと。男やったらよかった。次は失敗しいひん。25万無駄にはしません。やらせてもらいます。大丈夫や 任しとき。

●川原家・穴窯の中

2回目の窯焚きも…失敗に終わりました。

●川原家・母屋

武志:頂きま~す!

百合子:頂きます。

マツ:頂きます。

武志:どうかしたん?

マツ:うまいこといかへんかってん 穴窯。

武志:知ってる。お母ちゃんが言うてた。お父ちゃんも ごはんいらん言うてたよ。

マツ:何してた?

武志:お父ちゃんは仕事。お母ちゃんは穴窯の勉強や。

マツ:穴窯…。

武志:うまいこといかんかったから また勉強してるでえ。お母ちゃんはシクシク泣いたりしいひんから心配せんでええよ。

百合子:武志! 今 何食べた? ニンジン食べたよあ! ニンジン!

マツ:ニンジン食べたん? 食べたん!

百合子とマツ:武志~!

●「かわはら工房」

喜美子:分かった…! 分かった ハチさん! 2回目 何で失敗したか! あんな? 2回目は急激な温度の上昇が起きたんや それで割れてしもた。ほやから次は じっくり焼けるよう調整したらええねん。そう難しいことやないで。

八郎:次はないで?

喜美子:えっ。

八郎:25万 またいっぺんにとんでしもた。次は当分ないで。

喜美子:積み立てたお金がある。

八郎:武志のお金ちゃうんか。武志が いずれ高校大学行く時のためにお金ためる言うてた。

喜美子:いざという時のためや。

八郎:せやから それは武志のいざという時のためのお金ちゃうんか。喜美子。

喜美子:ほな 借りてくる。

八郎:何 言うてんねん。

喜美子:なかったら借りるしかないやん。

八郎:借金してまで やることちゃうやろ!?ここで一旦やめや。穴窯はおしまいや。やったらあかん。もう諦めぇ。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

スカーレットネタバレあらすじを最終回まで!出演者キャスト一覧有り

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク



コメント