西郷どんは「せごどん」。注目のキャストは篤姫役の北川景子さん。

1月8日から放送されるNHK大河ドラマ第57作「西郷どん」。まだ“さいごうどん”と呼ぶ人も多いようですが、ドラマタイトル的には“せごどん”が正しいので気をつけたいところです。そして注目のキャストは、個人的には篤姫役の北川景子さん。

篤姫と言えば、2008年のNHK大河ドラマ「篤姫」を思い出す人も多いことでしょう。その時に篤姫を演じたのが宮﨑あおいさんで、1985年11月30日生まれの32歳。つい最近、V6の岡田准一さんと二度目の結婚が発表されましたが、今回、篤姫を演じるのが北川景子さんで1986年8月22日生まれの31歳。ほぼ同世代の女優さん同士ということで、どんな篤姫を魅せてくれるのかという期待です。

余談ではありますが、2008年の「篤姫」は、原作が宮尾登美子さんで脚本が田渕久美子さん。今回の「西郷どん」は、原作が林真理子さんで脚本が中園ミホさんということで、まさに女同士の熾烈な争いのような印象。

同じ時代、しかも薩摩を中心にした大河ドラマなので、どうしても比較しながら観てしまう方も多いはずで、そんな楽しみ方もありますよと書いておきます。

そしてメインキャストの西郷どんこと西郷隆盛役は鈴木亮平さん。別のブログで、西郷どんのキャスト予想をしていましたが、そこで西郷隆盛役はディーン・フジオカさんがいいと書いた記憶があります。あまりにも西郷隆盛のイメージに鈴木亮平さんが近かったため、そんな内容を書いたかと。

でもその後に出演されたNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」でのヒュウゴ役がキレッキレで抜群のカッコよさ。しかもラウル王子(高良健吾さん)ともどもそのコスプレ感がハンパなく、そのイメージからの西郷どんということで、実によく出来た流れ。つくづくNHKに愛されているものだなと。

おそらくは鈴木亮平さんの人望がそうさせるのでしょう。そんなこんなで篤姫役の北川景子さん、それに主役の西郷どんこと鈴木亮平さんに期待しながら、初回第1話、1月7日放送の「薩摩のやっせんぼ」、期待したいと思います。

NHK大河ドラマ「西郷どん」初回1話あらすじ
天保11年(1840年)、薩摩の国。西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)など町内の仲間たちと学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごしていた。「妙円寺詣り」という藩最大の行事で、小吉たちは一番乗りで寺に到着し、褒美をもらう。そこで薩摩藩の世継ぎである島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いをする。しかし、小吉は恨みを持った他の町の少年から刀で肩口を切られ、二度と剣が振れなくなってしまう。

出典:NHK「西郷どん」公式サイト

文:許してチョンマゲ

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。