正義のセ7話ネタバレあらすじとゲストキャスト。内田前監督と保育園園長

朝加真由美姉さんは、やはりこういう影のある役がよく似合うと頷きながらの視聴。それにしても、若い頃、そのグラビア写真でお世話になった朝加真由美姉さんも還暦超え。人は平等に年齢を重ねる動物であります。

凜々子たちの捜査では、一度は嫌疑無し。園児の怪我は虐待ではなく不慮の事故として扱うはずだったのに、相原が怪我をした子どものお絵かき帳を見て事態は一転。

お絵かきが好きなその子は、園内の様子を絵に描いていたが、そこに居るのはたくさんの園児と一人だけの大人の先生。

横浜地検港南支部でその疑問を口にする相原と凜々子。そこに同じ子どもを持つドランクドラゴン塚地が俺も手伝うと鼻息荒く、普段はツンデレの大塚検事も「保育園の助成金不正受給」という線もあるという指摘をしながら、凜々子を手伝うことに。

横浜地検港南支部総出で、園児の親や保育士に話を聞きに行くが、せっかく入った保育園が、この事故のせいで無くなる事を怖れて皆、その口が堅く内偵捜査は難航。

でも港南支部メンバーの必死な説得もあり、徐々に保育園での出来事や疑問などを口にし始め…。ついには、不慮の事故の現場に立ち会った保育士から、保育士の水増しがあり、実際には少人数で保育園を運営していたとの証言と実際の保育士名簿を入手した凜々子は、再び園長である瀬川弥生を呼び出して詰問。

これらの事実を園長に示すと、すぐに完落ちしてしまう園長。でもこの保育園が潰れてしまったら、また保育園不足に困る親たちが増えるはずで、どうオチをつけるのか?と思っていたら、「市が存続の方向で動いている」とのことで、ホッとした全国の親御さんたち、こんな感じだったでしょうか。

保育士の水増し問題。これによって虚偽の助成金交付申請をし、助成金の不正受給をするという話でしたが、つい最近もこの事件の主になったあの方を思い出した人も多いはず。

その人物がようやく娑婆に出てくるようで、籠池夫妻、10ヶ月ぶりに保釈となったニュースが、「正義のセ」の放送日に流れたのは皮肉なのか、それとも日本テレビへの追い風?

確かに園長先生の言い分も一理有り。子どもを預かる場所が少なく、一人でも多くの子を預かることで親御さんは助かっているはず。親御さんからも感謝されているとも。

それに親の立場からすれば、保育園の運営に多少の疑問疑念があったとしても、それを口に出して問題化することと、自分の仕事と家庭の状況を鑑みれば、自ずと不問にしてしまうというジレンマ。

結局は、慢性的な保育園の不足が根本にあり、その原因は保育士の報酬は全業種の中でも最低クラスだからだと思うのですが、いかがでしょうか、奥様方。

同じ夜、「正義のセ」の前でNHKのネットの生放送を見ていたせいか、普段よりも真面目に見てしまった「正義のセ」。

教育する対象が、幼い園児と大人のような大学生では比較するのは無理があるのですが、でもその根底には愛情があることを信じていたので、日本大学の学生を切り捨てるような会見に唖然。

船場吉兆・ささやき女将の会見を超えた、日大アメフト部前部長とコーチの衝撃会見。それに場を仕切った日大広報部の高圧的な態度。日大の終焉を見たような感じです。

しかも、会見の後で内田常務理事と司会進行の米倉久邦氏、ともに日大病院に入院したとのことです。どこまで親御さんたちと世間をばかにすれば気が済むのでしょうか?と書いて、この問題は別の機会に。

スポンサーリンク


正義のセ6話あらすじ

ある保育園で、保育士が目を離したすきに園児が大ケガを負った。園庭の遊具から落下した事故と思われたが、園児の父・小峰雄一(近藤公園)は園側の説明に納得がいかず、被害届を提出。凜々子(吉高由里子)がこの事件を担当することになり、バツイチ子持ちの相原(安田顕)は、「保育園の監督不行き届きの可能性がありますね!」といつになく熱くなる。そんな相原の様子を不思議に思う凜々子。

ケガをした園児・宏尚(佐藤令旺)は回復したが、事故当時の事を話そうとせず、小峰の「普段から小さなケガが多かった」という証言から、虐待の可能性も出てくる。

「もし虐待があったとしたら許せません」と相原は、いっそうこの案件にのめり込むのだった。凜々子と相原は保育園に行き園長・瀬川弥生(朝加真由美)から話を聞くと、「不慮の事故だった」と謝罪しながらも、保育園の過失を否定する。保育園の言い分にも理があると考え、凜々子は悩むのだった。

そんな中、相原が凜々子の忘れ物を届けに竹原家を訪れる。浩市(生瀬勝久)たちに歓迎され竹村家の明るい家族団欒の雰囲気に触れた相原は、会えない娘への思いを語るのだった。そして、ちょうどその時、元妻から連絡があり娘と会う約束をし、浮かれる相原だったが・・・。

そんな中、相原が凜々子の忘れ物を届けに竹原家を訪れる。浩市(生瀬勝久)たちに歓迎され竹村家の明るい家族団欒の雰囲気に触れた相原は、会えない娘への思いを語るのだった。そして、ちょうどその時、元妻から連絡があり娘と会う約束をし、浮かれる相原だったが・・・。

翌日、凜々子は宏尚の聞き取りを始めると、意外な事実が明らかになる!単なる事故か?それとも保育園側の過失による傷害致傷か?そして、相原と娘の関係は?
(C)日本テレビ「正義のセ」7話 園長・瀬川弥生(朝加真由美)
出典:日本テレビ「正義のセ」番組公式サイト

スポンサーリンク


スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。