正義のセ9話ネタバレあらすじと感想。竹村凜々子より三澄ミコトの言葉が重い

サラリーマンの痴漢冤罪かと思いきや、集団痴漢集団による犯行の可能性が出てきて、第2の被害者を探す竹村凜々子検事と相原事務官。

そして、事件が起こった日から登校していない女子高生の存在が分かり、その子の自宅へ。母親は、かつて戦国時代に豊臣家に仕えた大蔵卿局。また徳川の陰謀に手を貸すのか?峯村リエ~と思っていたが、そこは現代劇の母親。


娘にはこれ以上、苦しい思いをさせたくないから被害届けなんて…と娘を想う母親役がお似合い。でも娘は、凜々子検事の「これ以上、被害者を出したくない」という説得に勇気を振り絞って被害届けを出すことに。

と、この時点で犯人探しの証拠となる制服の話が出て、なんだ、証拠ばっちり残ってんじゃんと多くの視聴者が気付いたにも関わらず、凜々子検事と相原事務官は、夜通し新たな証拠探しに奮闘するって、何やってんの?という印象。

だって、第2の被害者である女子高生が、痴漢にあったその日に制服をクローゼットの中にしまい込んだって言ってたじゃないの?それを預かってDNA検査すれば、一度は冤罪とされた東幹久演じるサラリーマンの犯行が確定されるはずで、何を血迷う日テレドラマ制作陣?

前回の芸能人の自動車事故の運転手すり替えの件といい、どうも犯罪の謎解きが薄っぺらく、途中で全部お見通しというこの「正義のセ」。

制作している日テレの子会社「AXON」、力不足ではないかと「Missデビル」の時に書いて、その週の「崖っぷちホテル」では、いや、見直したと書きましたが、でもやっぱり力不足だとうことが明確になった今回の「正義のセ」の謎解き。

もはや、日テレグループ内では解決できない感じなので、いっそのこと、警察モノに滅法強いテレビ朝日に指導をお願いすべきドラマの作りの軽さ、と指摘しておきます。

なんだか、凜々子検事を演じる吉高由里子ちゃんと、「老婆心ながら」の安田顕先生のキャラと演技に頼りっきりで、事の本質に迫れないというか、言葉が軽いというか、もうモヤモヤでイエ~イ! とハイボールを飲みたい気分。

「あなたのしたことは彼女の笑顔と明るい高校生活を奪っただけじゃない。1人の女性の将来が変わってしまうほどの罪なんです。そのことを心に刻んでもう二度としないと誓ってください」

凜々子検事が痴漢常習者の東幹久演じる会社員に言った言葉ですが、

「女性がどんな服を着ていようがお酒を飲んで酔っ払っていようが、好きにしていい理由にはなりません。合意のない性行為は犯罪です」

TBS「アンナチュラル」の三澄ミコト(石原さとみ)先生が言った言葉の方が重みを感じるのはなぜなんでしょうか?

物語は、女子高生に対する痴漢行為で会社員が現行犯逮捕。本人もその罪を自白したため検察は起訴をしたが…。その痴漢をやったという真犯人がさいため地検で自白したため、凜々子検事が起訴した男は冤罪となり、やがてマスコミも騒ぎ出し、凜々子検事を心配する家族や地検の仲間たち。

しかし腑に落ちないことがあった。証拠もあったし自白も取れたのに犯人じゃないなんて…。さいたま地検にいる同期から真犯人の供述調書を手に入れた先輩検事(三浦飛平)の助けもあり、事件の真相が明らかになっていく。

痴漢をした男たちは、ネットの掲示板で交流していたのだった。お互いにハンドル名でその素性は全く知らないが、痴漢をしたいというドス黒い欲望だけは共通で、横浜の女子高生が痴漢に遭った前日も、痴漢仲間たちは相談し合っていたのだった。

ハンドル名サンドイッチ。この男が首謀者と見られたが、横浜の事件以降、ぱったりと掲示板への書き込みが無くなっていた。警察に拘留されていたから書き込みできなかったからだ。

そして横浜での痴漢事件は、女子高生が犯人の男を間違えたために、一度は冤罪となったが、冤罪となった男も、そしてさいたま地検で取り調べられている男も、どちらも痴漢常習者で掲示板の利用者、そして同じ日に女子高生に痴漢行為をしていたバカ野郎。

という感じだったでしょうか。

それにしても世の中は、やはり痴漢が多いということなんでしょう。個人的には、なんで痴漢なんてするかな?という疑問。

お尻だけ触って何が面白い?逆にムラムラ興奮が高まって大変じゃん?そのムラムラを抱えたまま会社に行って、まともに仕事できるのか?という疑問ですよ。

ありえない。このおじさん的に言えば、痴漢なんてする奴は絶対に仕事ができないバカ男だと。そして女性の気持ちが理解できない人間失格者であると。

しかも、こんな連中がいるおかげで、満員電車の中で両手を上げ続ける辛さが加わり、痴漢野郎は女の敵でもあるけど、真面目な男の敵だ~!と書いて、もっと深みのあるドラマをお願いします、日テレさん。

(C)日本テレビ「正義のセ」9話
出典:日本テレビ「正義のセ」番組公式サイト

「テレビネタ!」メイン訪問者である世の奥様方に向けたコラムを書いています。
コラムバナー見出し用

スポンサーリンク


スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。