ドラマ「サイン」最終回ネタバレ感想。日本の解剖医なら死なない?

テレビ朝日木曜ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」、その最終回が放送されましたが、衝撃的なラストということで、ナンと主人公の柚木貴志先生が殺されてしまう展開に目がテンテン。

韓国版の結末を知っていただけに、そんなに衝撃は無かったといえば無かったのですが、でもこの胸の中のモヤモヤは何?ということで、最終回ならびに全体の流れで「サイン」のことを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

ドラマ「サイン」最終回ネタバレ感想

次期総裁候補の娘・島崎楓(森川葵)が国民的人気歌手・北見永士(横山涼)を窒息死させるために使ったと思われる“青いぬいぐるみ”を押収。

死んだ北見の口から発見された“青い繊維”と同じであれば、殺害の証拠となるため、“青い繊維”を隠し持っている新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)に、すぐにそれを持ってこいと命じる柚木貴志(大森南朋)。

しかし、照合の検査中、「日本法医学研究院」の院長・伊達明義(仲村トオル)の指示で“青い繊維”が差し替えられ、“青いぬいぐるみ”は証拠とならず。

この結果、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)とその部下・高橋紀理人(高杉真宙)は左遷と言い渡されて、もう捜査には関与するなと言われてしまい、意気消沈する和泉千聖。

一方、柚木はまだ諦めることなく、北見が殺害されたコンサート当日の楽屋の監視カメラをチェック。すると、9番カメラのデータが、数分程度削除されていたことを突き止めた。

その監視カメラを扱った所轄の鑑識課の署員は、すでに退職していて病院に入院中。しかし柚木の問いかけに不審な動きを見せて、何かあるなと睨む柚木と高橋。

奥さんの説得もあり、本当のことを話す気になった元鑑識課の署員は、高橋に電話をかけて翌日、病院で話すのだったが…。

高橋の横で耳をそばだてる刑事は、その病院名とアポの時間を頭に入れて、自由民政党副総裁の秘書・佐々岡充(木下ほうか)に密告(したはず)。

翌日、柚木たちより先に病室に入った佐々岡は、元署員から柚木の代理で来たとうそを言い、マスター動画を受け取ってニヤリ。

こうして、またもや島崎楓の殺人行為を証明する証拠を失った柚木は、ある作戦を練って…。

電話で殺人の明確な証拠が手に入ったと島崎楓に電話する柚木。そして、これをネットで公表されたくなかったら自首しろと迫るが…。

翌日、柚木の部屋を尋ねた島崎楓。証拠の入ったハードディスクを目の前に、改めて自首することを迫る柚木であったが…。

その前にその証拠を見せなさいと言い返す島崎楓。柚木はハードディスクをノートパソコンと接続しようと、島崎楓に背を向けた瞬間、島崎楓はバックの中から液体の入った瓶を取り出し、それを自分の親指に塗り…。

それを鏡越しに確認した柚木は、また椅子に座ると…。

島崎楓は、どうやって北見を殺したか、教えてあげましょうか?

そう言いながら柚木にキスをして、そして親指を柚木の口びるに押し当てていくと…。

突然、苦しみ出す柚木。親指に塗られた毒物に触れたせいで、呼吸ができない状態になったのだ。

それを見ながら、こうして殺したんだよと悪魔の表情の島崎楓。そして部屋にあったソファークッションを柚木の顔に押し当てて、息の根を止めた!

余裕の表情で部屋を出て行く島崎楓。

その全ての行為は、壁に掛けられていた額の中の隠しカメラに全て撮られていた…。

こんな感じだったでしょうか。

この隠しカメラのデータが証拠となり、島崎楓は逮捕。父親は国会議員を辞職、という形で終わりましたが、なんかモヤモヤが晴れない気分。

まず、高橋刑事。警察上層部から圧力がかかってるということが分かっていての電話内容を復唱するまぬけぶり。

身内にスパイがいることを気付かない1課刑事はアウト!と叫んでおきましょう。

それから、島崎楓を守るため、殺人教唆をし続けてきた秘書の佐々岡充や、証拠隠滅に手を貸した伊達明義に、何の罰も与えられないような結末はなんとも腑に落ちず、ローソクデモするぞと。

それとなんといっても柚木さん。なぜ、一人で島崎楓に会ったの? 誰か一人でも部屋に隠れていれば助かったのに?と疑問の嵐。

確かに、逝き急いだわけじゃなく、中和用の薬物も手に入れての島崎楓との対面。でもね、一人で走り過ぎだわと思った方もいたんじゃないでしょうか。

実は、この「サイン」、ちょっと無謀じゃないかと初回放送から思っていたものです。

刑事よりも先に現場に辿りついて犯人と格闘。いやいや、普通は刑事が先に現場に着くでしょうとツッコミながら視聴したものです。

その流れから言うと、最終回の自滅に近い展開もありと言えばありなんでしょうけど、でも日本の刑事警察モノのドラマを見てきた小生としては、あまりにも警察組織を無視した破天荒な解剖医の活躍は、やっぱり違和感があったと書いて終わりです。

スポンサーリンク



コメント