シグナル4話ネタバレ感想。21年前の犯人役は尾上寛之?王道のモロ師岡?

カンテレ&フジテレビ火曜9時ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」4話のネタバレ感想ですが、1997年の連続殺人事件の犯人を予想したいと思います。

ここ数年、ドラマの中で犯人役が多かったモロ師岡氏を、最近では“かませ犬”として扱う警察ドラマが多いという事実をご存知でしょうか。言葉が汚くてごめんなさいモロ師岡さん&「ミスデビル」にもご出演中。

犯人は、怪しい動きを見せるモロ師岡氏だと視聴者に思わせての、真犯人は別にいるという展開の犯罪ドラマ、何度見てきたことでしょう。

そして前回の第3話での冒頭のクレジットで、キャストのテロップに、尾上寛之氏の名前を見つけた時、なるほどそういうことかと一人で納得していました。

前のクールのTBS「アンナチュラル」の第8話と最終話、猟奇連続女性殺人事件の犯人役の演技が秀逸だった尾上寛之氏が、1997年の連続殺人事件の犯人役だと、そのキャスティングから予想です。間違っていたら許してちょんまげ。

1997年の連続殺人事件、今から21年前の犯人は尾上寛之氏が演じる男で、その父ちゃんがバス運転手の田中修一(モロ師岡)ではないかと予想。

女性を襲撃している現場を見られて、大山刑事(北村一輝)を襲ったのが、田中修一の息子役の尾上寛之氏。二人は格闘の末に男が逃亡。逃げる男を追う大山刑事でしたが、バス停のところで忽然と姿を消したのが前回の内容。

身内にはバスフリー券か何かが配られていて、普段からバスをよく利用する田中修一の息子。当時は二十歳前後の若者だったのでしょう。

その息子が何かが原因で連続殺人事件を起こし、その犯人が自分の息子だと気付いた田中修一が、息子をかばう為に嘘の証言を警察にしていた。

そしてその事を知っていたのが、バス会社の事務員だった八代英子(真瀬樹里)。田中修一と八代英子は、不倫関係で、八代は田中の嘘の証言を見て見ぬふりをしていたが、やがて二人の関係は消滅。

時間は流れて2018年。長期未解決事件捜査班が再捜査に乗り出した事を知った田中修一は、過去の嘘の証言を知っている八代の存在が邪魔で八代を殺害。

これで親子ともども殺人事件の犯人となった田中修一は、息子の存在をひたすら隠している。果たして息子は生きているのか?はたまた死んでいるのか?

こんな予想を立てているのですが、原作本もしくは韓国版ドラマで結末を知っている人から見れば邪推もいいところかもしれません。な~んか、書いていて恥ずかしくなり、シグナル第5話を観るのが怖ろしいような。

そして、21年前のギャルに扮装した我らが時子こと、北野みどりを演じる佐久間由衣ちゃんは無事でいられるのかどうか。

その佐久間由衣ちゃんを狙っているのが、尾上寛之氏というころで朝ドラ「ひとっこ」の角谷家の長男が助川家の長女を襲うという展開に、「ひよっこ」ファンとしてはヒヤヒヤもの。

ちなみに時子の兄・豊作役であった渋谷謙人氏は、先週末のテレビ朝日「おっさんずラブ」で、小説家になっておりました。

(C)カンテレ「シグナル 長期未解決事件捜査班」4話
出典:カンテレ「シグナル 長期未解決事件捜査班」番組公式サイト

さてさて、この予想が当たっていたかどうかは、次回のネタバレ感想に書いてみたいと思います。駄文にお付き合いくださり、誠にありがとうございました。御礼に坂口健太郎氏の最新CMのメイキング動画を置いておきます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。