シグナル6話ネタバレ感想。残された疑問は2つ。健人の兄と大山刑事の消息?

カンテレ&フジテレビ火曜9時ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」第6話、1998年、高級住宅地で連続窃盗事件発生、その犯人として逮捕された工藤雅之(平田満)が、今現在の2018年に出所したということは、三枝健人(坂口健太郎)が原因の冤罪?

ということでOKでしょうか?奥さん。1998年に連続窃盗事件・犯人特定のアドバイスを大山刑事(北村一輝)にしてことでの工藤雅之逮捕&刑務所行き。

もしそうであるならば、三枝健人の絶望感はすさまじく、もはや大山刑事とは通信できない&このドラマが終わっちゃうぜと思ってしまうのですが、さて、どうなることやら。

三枝健人の兄ちゃんの逮捕された事件?事故?もまだよく分かっていないので、残された疑問は2つになりそう。一つはこの兄ちゃんの件と、残り一つは大山刑事がなぜ失踪したのか?ということ。

韓国版のネタを全く知らないので、あくまで推測ですが、どうも大山刑事は2018年の今現在に生きているような気がしてならないのですよ、奥さん。

なぜかって?すみません、裏付け全く無しです。でも、その方が意外性があって面白いんじゃないかというドラマ好きおっさんの独り言でありんす。

大山刑事に収賄の容疑を着せて、一体、中本刑事部長(渡部篤郎)と岩田捜査一課長(甲本雅裕)は、何を隠しているのか?

それを暴くために、2000年の三枝との通信を最後に姿を消した大山刑事は、三枝の協力で中本刑事部長の罪を暴く、そんな展開ではないかと。

この説に説得力を持たせるために、思いついたのが、過去の大山刑事と現在の三枝警部補を繋いでいる無線機。

電池も入っていないのに、夜の23時23分にだけ黄色く光って通信できる無線機など有りえなく、ホラー話もいい加減にせい!と思っていたのですが、もし、三枝健人が無線機で話していた大山刑事が、実は同じ時代に生きる人物だとしたら、どうでしょう?

あの無線機も実は小型の電池が内臓されていて、大山刑事が三枝に見つかるようにワザと置いといた。そして通話開始。

三枝が過去に存在する大山刑事と話していたというのは錯覚で、実は2018年の同じ時を生きる大山刑事と話していた、こんな妄想です。

すみません、与太話が長くました。シグナル6話ネタバレ感想は本放送が終わり次第、書き足していきたいと思いますんので、今しばらくお待ちください。

それにしても今期のフジテレビのドラマ、全部頑張っていると思いますよ。「コンフィデンスマンJP」「モンテ・クリスト伯」、そしてこの「シグナル」。

全部観てますもの。今まではどれか一つ、いや二つくらいは途中で脱落していたのですが、今期は全て面白い!

マスコミの評価では、視聴率的に良いテレビ朝日の一人勝ちだと言う記事もありましたが、そんな事は全然なくて、逆にテレ朝の刑事ドラマは面白いけど新鮮味が無いというかデジャブー感があるというか、いや、チャレンジ精神が薄いかも。

つっこみどころ満載の「モンテ・クリスト伯」や、ホラードラマなのか全く分からないこの「シグナル」にしても、フジテレビのヤル気が見えて、あーグッググーグググーググー、グーグーグー…コー! Byエド・はるみ。

ということで、相変わらず、過去の時の髪型がおかしい吉瀬美智子様のCM動画を置いておきます。我らが吉瀬美智子様になんて事をしてくれるんだ!とヘアメイクさんに文句を言って、やはり女性は四十を超えてから輝くのですよ奥さん

スポンサーリンク


いやあ、びっくりです。工藤雅之逮捕の際に、保冷車が爆発して美咲刑事(吉瀬美智子) が殉職という結末。三枝は過去の工藤逮捕を冤罪にすべく、大山刑事に新たな情報を流して、過去から未来を変えるという次回の展開。

もう完全にわけが分からなくなってきた「シグナル」、大山刑事は今現在も生きているなんて仮説も吹っ飛ぶ内容で、謎解きの面白さは今期ナンバーワンの面白さと書いておきましょう&おそらく美咲刑事は復活するのだと凝りもせず、また予想です。

(C)カンテレ「シグナル 長期未解決事件捜査班」
出典:カンテレ「シグナル 長期未解決事件捜査班」番組公式サイト

スポンサーリンク


<スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。