朝ドラ「エール」で「喜多一」の店員・及川志津雄を演じる田中偉登さん情報

(C)所属事務所aoao 田中偉登NHK連続テレビ小説

朝ドラ「エール」の主人公・古山裕一(窪田正孝さん)の実家は呉服屋の「喜多一」。そこで働く店員の及川志津雄(おいかわ しづお)を演じるのが田中偉登(たなか たけと)さん。

ドラマの中では「喜多一」の将来の後継ぎを気にしていて、跡取り息子である長男・裕一の勝手な行動にいら立つというキャラクター設定。

いわゆるボンボン息子に対する嫉妬と羨望。なかなかに難しい役を演じる田中偉登さんは、 平成12年(2000年)1月24日生まれのまだ20歳の若者です(※2020年2月時点)。

スポンサーリンク

田中偉登(たなか たけと)さんプロフィール

生年月日:平成12年(2000年)1月24日
出身地:大阪府
身長:172cm
特技:スプレーアート、キックボクシング、コーラをいくらでも飲める
趣味:料理、絵を描く、写真を撮る、スケートボード、バスケットボール

出典引用元:所属事務所aoao 田中 偉登 Taketo Tanaka

小さい頃に読者モデルをしていたのがきっかけでアミューズに入ったとのこと。アミューズと言えば、サザンオールスターズに福山雅治さんが所属するビックなプロダクション。

平成24年(2012年)、テレビ朝日の金曜ナイトドラマ「13歳のハローワーク」で俳優デビュー。しかも、主役の松岡昌宏さんの子ども時代という重要な役を演じて、確かに面白かったという記憶が残るドラマでした。あの時の子が田中偉登さんかあと、書いていて感嘆です。

で、平成28年(2016年)10月、芸能事務所aoao(アオアオ)に移籍。

この事務所には、前の朝ドラ「スカーレット」で活躍した伊藤健太郎さんや、平成14年(2002年)放送の朝ドラ「まんてん」でヒロインを演じた宮地真緒さんが所属している事務所です。

テレビに映画、それにミュージカルとその活躍の場を広げつつある田中偉登さん。夢は「ハリウッドで活躍できる俳優になりたい」とのことで、頑張れ!若者とエールを送りたいと思います。

最後に、田中偉登さんが出演しているCMを探してきました。PayPayのきつねのよめいり篇です。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメント