ドラマ「アンナチュラル」1話感想ネタバレ。ゲスト犯人は山口紗弥加?

TBS金曜ドラマ「アンナチュラル」1話の感想ネタバレとあらすじです。主題歌は、人気沸騰中の米津玄師さんの「Lemon」ということですでに話題になっているようですが、ドラマそのものは法医学の世界に生きる解剖医たちの“死”の真実に迫る物語。

脚本は「逃げるは恥だが役に立つ」で絶妙なセリフを世に振り蒔いた野木亜紀子さんということで、こちらも期待がますます高まっているようです。

ドラマの舞台は、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」。ここに運び込まれる死体は、“不自然な死”=ンナチュラル・デスなものばかり。

個性豊かな解剖医たちがその死の真相に迫るヒューマンサスペンス、いや、メディカルサスペンス? しかも主演が 一昨年の日本テレビ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」以来の出演となる石原さとみさんとなれば、いやがうえにも期待が高まるというもの。まずはその初回1話のあらすじです。

ドラマ「アンナチュラル」1話あらすじ
中年夫婦がUDIを訪ねてきた。一人暮らしで突然死した息子・高野島渡の死因に納得がいかないという。警察医の見立ては「虚血性心疾患」(心不全)。しかし息子は、まだまだ若く、山登りが趣味だというぐらい身体も丈夫で元気だった。心不全という死因は、素人目にも、あまりにも不自然だ。なにか、ほかの原因があるのではないか。夫婦はもっときちんと死因を調べてくれるようにと警察に頼んだが、事件性も不審な点もないと、剣もほろろに断られてしまった、という。

 ミコトたちは、さっそく、解剖に取り掛かった。すると心臓にはなんの異状もなく、代わりに、急性腎不全の症状が見つかる。
ミコトたちは、薬毒物死を疑い、詳細な検査にかけるが、死因となった毒物が何かがどうしても特定できない。
そんな折、高野島と一緒に仕事をしていた若い女性同僚が、高野島が亡くなった翌日に、原因不明の突然死を遂げていたことが判明する。
 死因を究明すべく高野島のアパートでミコト、六郎、東海林が調査をしていると、高野島の遺体の第一発見者でもある婚約者・馬場路子が現れる。
馬場の仕事は、なんと劇薬毒物製品の開発。
馬場が、もしまだ誰も知らない未知の毒物、すなわち「名前のない毒」を開発していたとしたら……。既存の毒物と比較検出するだけの、現在の毒物鑑定システムでは、「名前のない毒」を検出できない。すなわち、完全犯罪が成立する。
「高野島が死んだときの私のアリバイ?いいえ。一人で自宅にいたのでアリバイはありません」
悠然と微笑む馬場路子に、ミコトたちはどう立ち向かうのか?
出典:金曜ドラマ「アンナチュラル」番組公式サイト
スポンサーリンク



ドラマ「アンナチュラル」キャスト
●自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)
通称UDIラボ

所長・神倉保夫(松重 豊)

●三澄班
執刀医・三澄ミコト(石原さとみ)
臨床検査技師・東海林夕子(市川実日子)
記録員・久部六郎(窪田正孝)

●中堂班
法医解剖医・中堂 系(井浦 新)
臨床検査技師・坂本 誠(飯尾和樹)

三澄ミコトの母・夏代(薬師丸ひろ子)
三澄ミコトの弟・秋彦(小笠原 海(超特急))
三澄ミコトの恋人・関谷聡史(福士誠治)

●フォレスト葬儀社
木村南雲(竜星 涼)

●西武蔵野警察署
毛利忠治(大倉孝二)
向島 進(吉田ウーロン太)

●フリー記者
宍戸理一(北村有起哉)

●久部六郎の飲み仲間
末次康介(池田鉄洋)

1話ゲスト
馬場路子(山口紗弥加)

「アンナチュラル」1話のあらすじとゲスト出演の山口紗弥加さんのキャスティングから、高野島渡殺害の犯人は馬場路子(山口紗弥加)で間違いないでしょう。ここまでネタバレを予想させるのですから、よほど、その真相を解明する際の驚きが凄いということかと。

馬場路子の仕事は、劇薬毒物製品の開発。現在のUDIラボの毒物鑑定システムでは「名前のない毒」は検出できないわけで、すなわち、完全犯罪が成立。

これをどう覆していくのか?というところに焦点が絞られて、まさにTBS版「科捜研の女」という妄想。

「科捜研の女」vs「アンナチュラル」、沢口靖子vs石原さとみという視点で観てみるのも面白いかもしれません。

個人的には、三澄ミコトの母・夏代で久しぶりにドラマ出演される薬師丸ひろ子さんに注目です。母親であり現役の弁護士というキャラクター設定。

朝ドラ「あまちゃん」で見せてくれた、大女優なんだけどもどこか優柔不断な鈴鹿ひろ美とは全く逆の、竹を割ったような性格ということで、どんな活きのいいセリフが飛び出してくるのか、注目したいと思う薬師丸世代のおっちゃんの独り言です。

それから、主題歌を歌っている米津玄師って誰?とお思いの中高年の方のために、まずは彼の歌声をお聞きください。TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」オープニングテーマで「ピースサイン」です。視聴回数 5千万回以上の再生回数ですよ。すばらしい。

ドラマ「アンナチュラル」1話感想ネタバレ
いや、申し訳ありません。すっかり山口紗弥加さんのキャスティングということもあり、犯人は絶対に馬場路子だと思っていましたが、完全に間違いでした。すみません。

恋人・高野島渡が二股のゲス男で、彼が死んだ後にすぐに後を追うように亡くなった若い女性同僚。その死因は、高野島渡が買ってきたクッキーの中に毒が入っていたから。

その予想した三澄ミコトだったが、実はそのクッキーを買い込んだ国、サウジアラビアでSARS(重症急性呼吸器症候群)に感染したことが2人の死因だった。

ここで終わるかと終わったら、結局は高野島渡が健康診断を受けた大学病院での院内感染が原因だったという終盤での急激な展開。

話の展開の心地よいリズム感とオチの意外性。個人的には今期一番のドラマだと確信して、次週も宜しくお願いいたします。

(C)TBS金曜ドラマ「アンナチュラル」
出典:金曜ドラマ「アンナチュラル」番組公式サイト


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。