女子バレーボール日本代表の試合でDJは必要?緊急アンケート中

女子バレーボール・イメージ スポーツ

日本で開催中のワールドカップバレーボール2019。連日フジテレビで放送されていますが、気になるのが会場を盛り上げるDJの絶叫。

果たして本当に必要な存在なんでしょうか?そんな疑問を感じ、ネットの皆様に緊急アンケートです。

女子バレー日本代表の応援にDJは必要ですか?

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

個人的には、テレビを通しての感想ですが、言ってる言葉がチャラいというか(苦笑)。特に日本代表が苦戦している最中に、応援を込めての絶叫は分からなくともないけど、でもね~。

そう思うのは年のせいでしょうか? そして、この映像はその音声とともに世界各国に放送されているはず。

世界中のバレーファンは、この日本の応援スタイルをどう見ているのかも気になるところです。

日本代表の好プレーと相手のミスに大歓声を上げ、敵が好プレーをすると会場全体でため息。なんだかフェアじゃないと思うわけです。

例えば、フィギュアスケートの大会。ここでは日本人の観戦マナーが世界中から賞賛されています。自国の選手ばかりでなく、出場選手の国旗を抱えての選手全員への応援。

確かに、フィギュアスケートは審査競技で、バレーボールは対戦競技。応援の仕方が違って当たり前かもしれませんが、それにしても日本のバレーの応援の仕方はどうも違和感があり、ムズムズ。

来る東京オリンピックパラリンピックに向けて、日本は自国しか応援しないなんてイメージが強くならないでほしいと願うばかりです。

参考までに、国際バレーボール連盟(FIVB)による世界ランキングを明記しておきます。

女子バレー世界ランキング(2018)
1位 セルビア
2位 中華人民共和国
3位 アメリカ合衆国
4位 ブラジル
5位 ロシア
6位 日本
7位 オランダ
8位 イタリア
9位 大韓民国
10位 ドミニカ共和国

11位 アルゼンチン
12位 トルコ
13位 プエルトリコ
14位 タイ
15位 ドイツ
16位 ブルガリア
17位 カメルーン
18位 カナダ
19位 ベルギー
20位 ケニア
※2018年10月1日時点

2020東京オリンピックでの出場国は12カ国。すでに出場が決まっている国は

日本
セルビア
中国
アメリカ合衆国
ブラジル
ロシア
イタリア

この7カ国になります(日本は開催国枠で決定)。

残り5枠を、各地域予選で勝ち残った国が獲得することになります。

スポンサーリンク



コメント

  1. 匿名 より:

    なんとも気持悪い応援。どこかの全体主義国家でもここまではしないと思う。全くもって恥ずかしい応援。

  2. スーさん より:

    即刻やめるべき
    音響機器気を使っての応援はフェアじゃない
    もしも日本に音響機器を使うことを認めるならば相手チームにも音響機器の使用を認めるべきである
    DJを使っての応援は必要ないというレベルものではなくて不愉快である