わろてんかネタバレ3月19日140話「半分、青い」まで11話。栞がアメリカへ

NHK連続小説テレビ「わろてんか」3月19日140話。次の朝ドラ「半分、青い。」にバトンタッチするまで、残り11話となった「わろてんか」のセリフネタバレです。

映画「お笑い忠臣蔵」の検閲が通らず さまざまな困難に直面したてんたち。

工藤:貴女は国にとって自由主義的傾向がある要注意人物だ。

藤吉:「自分が北村にいる限り 北村の映画は日の目を見る事がない。そう思てるかもしれんな」。

てん:うちがそうはさせません。


風太:うわ~っ おい!あっ 何や 伊能さんか。ハハハハ!おうおうおう 何や 遅い時間まで。ご苦労なこっちゃ。いやな~ もうアカンわ。てんに新しい企画書渡すので忘れてもうて ヘヘッ。 明日 もう家から直接 あの 京都行くさかいな どうしても今日…辞表? 何や これ! いたずらか?

栞:辞めさせてもらいたい。

風太:いや…ちょっ ちょっ…待ってくれ おい。どういうこっちゃ!

栞:アメリカに行く。

風太:いや…いや ちょっと いきなり何の話をしてんねや おい!

栞:誰にも会うつもりはなかったんだ。

風太:いや ちょっ ちょっ… 待て こら!ちゃんと説明してもらえますか?

栞:僕がここにいると これから先 台本を書き直したところで北村の映画は検閲を通らない。北村笑店の皆や僕についてきてくれた仲間たちのためにも これ以上 迷惑をかける訳にはいかないよ。

風太:アメリカで行く当てあんのか。

栞:マーチン・ショウのつてがある。

風太:金は?ぎょうさんかかるやろ。

栞:密航でも何でもして必ず行くさ。

風太:ほんなら藤吉との約束 どないすんねや。北村とてんを支えるっちゅうんは。


トキ:おてん様。

風太:伊能さん てんの事 どない思てはんねや。昔 お願いに行った事ありましたやろ。てんの婿さんになってほしいて。

栞:随分 昔の話だ。

風太:あん時 俺は…。ホンマにそれでええと思てた。せやからアメリカやのうて ここで…ここにおって てんの事を支えたって下さい。このとおりです。

藤吉 亡うなって 隼也もおらん。ほんで伊能さんまでアメリカ行ってもうたら…。

てん:アメリカ行くて ホンマですか?

風太:お前ら…。

トキ:もしかしたら 伊能さんがどっか行ってしまわはるやないかて ホテルやら あちこち捜して ここへ。

風太:伊能さんの辞表や。

栞:これ以上 君たちに…。

てん:北村を辞める事は許しまへん!伊能さんの苦しいお立場や 北村が置かれた状況はよう分かってます。そやさかい うちが伊能さん お守りします。

伊能さんは 出逢うた頃から いつもうちを助けてくれはりました。何べんも 何べんも。

回想栞:君 大丈夫か?

回想栞:新しい寄席ができたと聞いてどんなものか見に来たんだ。

回想てん:ほな 偶然?

回想栞:是非 いらして下さい!

回想栞:僕はあなたを支えていきます。おてんさんが これからたくさん笑っていけるように。

てん:そやさかい 今度はうちがお助けする番です。

栞:それは違う。助けられてきたのは いつだって僕の方だった。出逢った時から何度も。笑顔がまぶしくて あんなに自分の気持ちにまっすぐな女性は 後にも先にももう会えないだろう。

僕は藤吉君だけじゃなくて君にも助けられてここまで来た。今 アメリカではカラー映画の勢作が始まってる。僕は…。時代の最先端を見てみたい。だからアメリカに勉強に行きたいんだ。

こんな暗い時代だからこそ 観客に色つきの夢を見てもらえたら最高だろう。

てん:色つきの夢…。

栞:人生最大のピンチこそ 最大のチャンスだと思いたい。僕は伊能商会の社長を辞めて本当に幸福だった。君たちと おてんさんと ここで ものを作れたからだ。だからこそ…。だからこそ 頼む。

てん:分かりました。けど アメリカ行かはるんやったら どうぞ うちらとの縁つないだまま行っとくれやす。そやさかい この辞表は受け取れません。いやなんです。うちの周りから大切な人が みんな いてへんようになってしまうんが。

伊能さんがアメリカ行って映画の勉強しはるんは 北村笑店 そしてこれからの日本にとって必要な事です。伊能さんの夢 うちらも一緒に見させてもらいます。専務。北村笑店は 伊能さんにアメリカ行きをお願いします。

風太:トキ 支度金や。小切手 切ってくれ。

栞:君にはかなわないよ。

てんと伊能の別れが刻一刻と近づいていました。

※このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。