わろてんかネタバレ3月22日143話「半分、青い」まで8話。隼也が大阪に戻る

NHK連続小説テレビ「わろてんか」3月22日143話。次の朝ドラ「半分、青い。」にバトンタッチするまで、残り8話となった「わろてんか」のセリフネタバレです。

大阪市役所の役人:北村隼也さんの召集令状です。おめでとうございます。

てん:ありがとうございます。

風太:あと4日後には入隊や。

トキ:どないすんの?

風太:どないもこないもあるか。一刻もはよう知らせんと間に合わんどころか てんと会うて話す時間ものうなる。今すぐ行ってくる。

トキ:どこへ?

風太:川崎や。てんの事 よう見とけ。それとな 隼也に電報打っといてくれ。

トキ:分かった。気ぃ付けてな。

風太:おう。


隼也:電報もろて 覚悟はできてましたけど実際に手にすると 何や…。

つばき:どうぞ。

風太:お前は英語ができる。内地勤務か少なくとも前線には行かんやろ。つばきさん 大丈夫や。これは二人の当面の生活費や。

隼也:いや これは…。

風太:ええ! 隼也 お前はとにかく すぐに大阪帰ってこい、てんに藤吉に挨拶してから入隊せえ。

隼也:おっちゃん。お願いがあります。


てん:藤吉はん…。隼也が戦争に行きます。

幽霊藤吉:隼也は大丈夫や。俺に似て運がええからな。

てん:どういう事です?

幽霊藤吉:幸運の女神さんがついてるからに決まってるやろ。お前の事や。そやからな まずはお前は暗い顔せんと「ん廻し」でもして わろうてやれ。落語や。運がようなるよう「ん」がつく言葉言うて 一つ言うごとに田楽が食べれるっちゅう噺や。

てん:知ってますえ。

幽霊藤吉:おう。蓮根人参大根先年 神泉苑の門前の薬店 玄関番 人間半面半身 金看板「根本万金丹」 銀看板「根元反魂丹」瓢箪看板

てん:ああ 何や分からんわ。

幽霊藤吉:ホンマやな。そや ほなら オチは知ってるか?

てん:知ってます。「あっちで半鐘がジャンジャンジャンジャン こっちでジャンジャンジャンジャンジャンジャンジャン 消防ポンプがウ~ウ~ウ~」。 何やったっけ?

幽霊藤吉:あれや「鐘がカンカン」。

てん:あっ せや!「「鐘がカンカンカン」。

幽霊藤吉:おお~「何や この田楽 生やないかい」。

てん:「お前のは火事やさかい あんまり焼かん方がよかろう」。

幽霊藤吉:ようできました。

てん:何十年 寄席で働いてる思たはるん。


隼也:ごめんください。

てん:どなたさんですか?

隼也:僕です。

てん:へえ。

隼也:朝はように すみません。一目会うて ご挨拶をと。勝手に家飛び出して連絡もせんと申し訳ありませんでした。許してもらえるとは思てません。そやけど…。

てん:入り。

隼也:おおきに。


隼也:お母ちゃん 恥重ねる事 承知で一つお願いがあります。つばきと藤一郎の面倒 見てやってもらえませんやろか。今 僕らが住んでる川崎の長屋が建物疎開で 住む家がのうなってしまうんです。つばきの実家も遠方に疎開したさかい 頼る事もできへんし。

てん:二人は?

隼也:今日 風太おじちゃんと一緒に。

(戸の開閉音)

トキ:おはようさんです!隼ちゃん!

隼也:おばちゃん…。

トキ:隼ちゃんや…。よう…帰ってきはったな。

隼也:はい。


(戸の開閉音)

トキ:おてん様!おてん様 ええもん お持ちしました。

てん:ひゃ 小豆! ようこんなに。

トキ:なんとかあちこち駈けずり回って。

(戸の開く音)

キース:お邪魔します~。

アサリ:開いたで 開いたで!

キース:隼也 帰ってきたんやて?

てん:今 知り合いのとこ ご挨拶行ってます。

キース:そうか 残念やなぁ。ほれ 卵 もうてきたで。

トキ:卵なんて よう手に入りましたな。

てん:こない贅沢なもん すんません。

キース:構へん 構へん。隼也の出征祝いや。

アサリ:それからこれ 白米も持ってきたで。

てん:ひゃ ホンマに?おおきに!

アサリ:ああ。

トキ:師匠 張り込まはったな。

キース:わいらのボンがお国のために兵隊行くんや。

アサリ:せめて白米で祝てやらんとな。

てん:皆さん おおきに。ホンマにありがとう。

キース:うまいもん食わしたってな。

アサリ:頼むな。


隼也:うわぁ…豪勢やな。

てん:おトキやら キース・アサリ師匠らが 持ってきてくれはったんや。

隼也:ありがとうございます。

てん:お国のために出征する人への祝い膳や。つばきさんと藤一郎の事は うちで面倒見さしてもらいます。家も身寄りもないもんをほっとく訳にはいかへんさかい。

隼也:ありがとう お母ちゃん。。ホンマにありがとう。

てん:ほら はよ食べんと冷めるえ。

隼也:はい。頂きます。うまい!

てん:頂きます。もう そない慌てんと。

(戸が開く音)

リリコ:こんばんは!隼也! 隼也 いてるか?ああ…お帰り 隼也。

隼也:リリコちゃん。

リリコ:元気にしてたか?出征 おめでとうございます。

隼也:ありがとうございます。

リリコ:あんたがアメリカさんと戦うやなんてなぁ。

隼也:家族守るためや。

リリコ:ん?何や。あんたも抱き締めたいんちゃうか?代わったろか?

てん:何 アホな事 言うてますの! もう。

リリコ:食べてる最中にごめんな。子ぉも大きゅうなったやろ。

隼也:もう6つや。

リリコ:あんたの子で藤吉っつぁんの孫やったら 男前に違いないな。

(電話の着信音)

てん:はい もしもし 北村です。うん分かった。気ぃ付けてな。今から汽車に乗るらしい。明日の朝 つばきさんと藤一郎 連れてくるて。

隼也:うん。

リリコ:いや~藤一郎に会うの 楽しみやわぁ。

てん:そやなぁ。

初孫 藤一郎との初対面に緊張するてんでした。

※このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。