わろてんかネタバレ3月23日144話「半分、青い」まで7話。百年残る家族写真

NHK連続小説テレビ「わろてんか」3月23日144話。次の朝ドラ「半分、青い。」にバトンタッチするまで、残り7話となった「わろてんか」のセリフネタバレです。

リリコ:遅いなぁ。

トキ:大阪駅から歩いてるんやろか。

リリコ:それにしてもかかり過ぎちゃうか。

てん:リリコさん 今日は京都の高座があるやろ。

リリコ:けど 藤一郎の顔見んと まだ大丈夫や。間に合う。

隼也:やっぱり僕 その辺まで見てくるわ。

風太:おお 隼也!

隼也:あっ おおきに ご苦労様です。

リリコ:帰ってきたで。ほら。何してんの。はよ!

風太:ただいま。連れてきたで。

つばき: ご無沙汰しております。

てん:こちらこそ。

つばき:ほら ご挨拶は?

藤一郎:北村藤一郎です。おばあちゃん。

隼也:僕がおらん間の面倒を お母ちゃんが見てくれはる事になった。

つばき:ホンマにありがとうございます。

てん:中 入り。

トキ:さあ どうぞ。 ご苦労さん。

風太:うん。こら わしは!おい。


てん:おおきに。そしたら ごはんの仕度するわ。

つばき:あの…私も手伝わせて下さい。

てん:ああ ほな お願いしましょ。

風太:よかったな。入隊前に家族三人 てんと会えて。あとはお前がちゃんとてんと向き合うて 思た事を話すだけや。文句でも何でもええ。

隼也:はい。

てん:ほな 卵割ってもらえるか。

つばき:ホンマに申し訳ありませんでした。この家の敷居 またげるような身ぃやないのは よう分かってます。

てん:そんな事 言うてる場合とちゃいます。

トキ:おてん様。これ お砂糖 分けてもらいました。

てん:ああ…。そしたら 何や 甘いお菓子でも作ったって。

トキ:ほんなら つばきさん そっち終わったら ちょっと手伝うて。

つばき:はい。

飛鳥:藤一郎 絵うまいな。それ 誰?

藤一郎:お父ちゃん!

飛鳥:これは?

藤一郎:お母ちゃん!

飛鳥:ほな これは?

藤一郎:おばあちゃん!

てん:これ 何の上の乗ってるん?

藤一郎:通天閣!お父ちゃんがな「おばあちゃんは通天閣を買った日本一のおばあちゃんや」て。

飛鳥:藤一郎 おばあちゃんの事 好き?

藤一郎:うん!

飛鳥:何で?

藤一郎:偉いから!

てん:そうか。おばあちゃんの事 偉いから好きか。そしたら おばあちゃんと「ん」がつく言葉ごっこしよか。お父ちゃんが元気に戻ってこれるよう 運がつきますようにて。まずはこれ。「つうてんかく」。

藤一郎:「お母ちゃん」。

てん:「お父ちゃん」。

藤一郎:ん ん ん…。

藤一郎:「ごはん」。「うんこ」。

つばき:こら!もう~すんません! ほら もう すんません。

てん:ええんや ええんや。それこそ運がつくわ。

つばき:藤一郎!

藤一郎:ほな「べんきょう」。

トキ:ほんなら「やかん」。

てん:「まんざい」。

藤一郎:「ち」…何でもない。

一同:ハハハッ!


隼也:北村笑店はどないなるんや?

てん:今までと何も変わりまへん。残った寄席と慰問団でお客さんに笑い届けるだけや。

隼也:お母ちゃんは強いな。

てん:そんな事ないわ。みんながうちを強うしてくれるんや。皆さんに助けてもろてなんとか立っていられるんや。ああ おおきに。藤一郎は寝ましたか?

つばき:はい。

隼也:お父ちゃんの跡継ぐ言うてたのに 家出てってしもて ホンマにすいませんでした。

てん:こんなん みんなの前では言われへんけど うちも駆け落ちしたさかいなぁ よう叱れへんのや。

隼也:そやけど 困ったからいうて勘当された身ぃでのこのこ戻ってきて 妻子の面倒見てほしいなんて ホンマに情けない。

てん:うちも勘当された身ぃで 里に借金頼みに行ったなぁ。そやから偉そうな事 言えまへん。隼也。

隼也:はい。

てん:わろてるか?家族三人 わろて暮らしてますか?

隼也:仲よう わろて暮らしてます。

つばき:はい。

てん:つばきさん。大変な事 ぎょうさんあったやろ。よう気張ったな。隼也 あんた 家族ちゃんと養うてもう立派なお父ちゃんやな。うち 何やうれしいわ。戦地ではつらい事があるかもしれへん。けど それでもわろて生きるんや。生きて必ず無事に帰ってきとくれやす。

隼也:はい。

てん:うん。


風太:おいおい ニンジン踏むなよ。入ってええ 入ってええぞ。入ってええぞ。こっち来い。写真機はな ここや。ええんか?そんな遠くで ええんか? ホンマやな?お!

トキ:あんた 写真屋さんに任せたらええんやないの。

風太:アカン!大事な家族写真や。おうおう おうおう何してんねや。

つばき:いえ 私らは…。

風太:え!?

てん:家族写真です。つばきさんも藤一郎も はよ入りなさい。

藤一郎:うん!

風太:そやそや。よっしゃ。え~これは大事な家族…。

トキ:あんたが一番邪魔やねん。

風太:これは百年残る家族写真です。

てん:百年て…。

風太:笑え!笑顔や!

トキ:うるさいな…。

風太:笑顔や 笑顔!え! ええか?ええんやな?いくぞ。よっしゃ!ほな わろてんか!

(シャッター音)

隼也:藤一郎 留守にしてる間 お母ちゃんとおばあちゃんの言う事 よう聞くんやで。

藤一郎:うん。

隼也:「うん」やのうて…。

藤一郎:はい。

隼也:行ってくる。

つばき:ご武運 お祈りします。

てん:お国のためにしっかりな。お気張りやす。

隼也:はい。それでは皆さん 行ってまいります。

風太:北村隼也君の武運長久を祈ってバンザイ!

一同:バンザイ!バンザイ!バンザイ!

※このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。