半分、青い。ブッチャー矢本悠馬はかわいい?朝ドラ三作目も金持ちのボンボン

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」、岐阜・故郷編は思春期に入り、鈴愛や律たちも高校三年生の青春真っ只中。

子役からチェンジした姿も実にフレッシュで、特にブッチャーこと西園寺龍之介役が大竹悠義君から、金持ちのボンボンをやらせたらこの人の右に出る人はいないという矢本悠馬さんへ。

大竹悠義君もかわいいとネットで評判になっていましたが、矢本悠馬さんもそれに負けず劣らずのお茶目な高校生。

これで朝ドラ出演は三作品目になりますが、その全ての役が“金持ちのボンボン”ということで、その検証と、既にご承知の方も多いかと思いますが、改めて矢本悠馬さんのプロフィール紹介です。
スポンサーリンク



矢本悠馬さんが出演した朝ドラ作品と役柄について

●てるてる家族(2003年9月~)佐藤浪利 役
建設会社を経営する老富豪の孫で、通称ローリー。初めは冬子( 石原さとみ)に好意を抱いていたが、成長するにつれて秋子(上野樹里)に目移りするお調子者のボンボン。※大人になってからは杉浦太陽さんにチェンジ。

●花子とアン(2014年3月~) 徳丸武 役
ヒロイン花子の幼馴染で、地主の息子。花子を貧乏人といじめていたが、大人になると花子の事が気になり、そして花子の友人の醍醐亜矢子にも一目惚れするお調子者。

●半分、青い。(2018年4月~)西園寺龍之介(ブッチャー)役
律曰く、鈴愛に興味があるからちょっかいを出していると言われるブッチャーですが、でも本当は律のことは好きな同性愛者ではないかと睨んでおります。この予想が当たるかどうかはドラマの方で確認したいと思います。

時代的には少し早いのですが、でもLGBTへの理解を深めるためにも、朝ドラでぜひ取り上げて欲しいと書いて、矢本悠馬さんのプロフィール紹介です。

矢本悠馬さんプロフィール

生年月日:1990年(平成2年)8月31日
出身地:京都府
身長:161cm
血液型:AB型
特技:サッカー、卓球、テニス
出典:所属事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ

数々のドラマに出演しているので、詳しい説明は不要でしょうけど、個人的に印象に残っているのが、TBS日曜劇場「仰げば尊し」の嫌な高校生役と、昨年のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の中野直之かなと。

キャンキャンと吠えまくっていたので、柴犬みたいでかわいいと評判になったことが、つい昨日の事に思われ、西郷どんについても何か書かなくちゃいけませんね、反省です。

矢本悠馬さん、日テレ10月期の日曜ドラマにも出演がすでに決まっているようです。「今日から俺は!!」、漫画コミック原作で、脚本演出が福田雄一氏ということで、これまた必見のドラマのようです。

スポンサーリンク




※このコラム内の写真は全てテレビ画面からの引用で、その全ての権利はNHKにありますので予めご了承願います。

半分、青い。ネタバレあらすじと感想を最終回まで!鈴愛の結婚相手は誰?

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。