「エール」(1話3月30日)音楽が奏でる人生の物語。始まり始まり~!

朝ドラ

朝ドラ「エール」第1話、紀元前一万年、古来、音楽は人とともにあった。以来、人は音楽を愛した。ずっと、音楽は人のそばにある。音楽が奏でる人生の物語「エール」。始まり 始まり~!

時は昭和三十九年十月十日、東京オリンピック開会式の日。自らが作った開会式の曲を聴くため、会場に足を踏み入れる裕一と音。ここに至るまでの二人の長い長い話がありましたということで、時は遡り、明治四十二年八月から本格的に始まる「エール」。

コロナのせいで閉塞感が高まる世の中を、少しでも明るくなるようにエールを送ってほしい朝ドラ「エール」、期待大です。

エール(1話3月30日)セリフ

紀元前一万年

(豪物の鳴き声)

古来 音楽は 人と ともにあった

女:フフッ。なっ。

男:ああ…。

以来 人は 音楽を愛した。

男:う~ん!

女:フフフフ…。

(噴火音)

(何かが落下する音)

男:おっ… うん?

ずっと 音楽は 人のそばにある。

男:おお~。

女:うわ~。

時に音楽は人の喜びを大きく楽しく盛り上げてくれます。

男:「ウホッホ~ ホッホ」 あっ! ああ…。

時に音楽は 人の悲しみに寄り添ってくれます。

男:マイ・ガール マイ・ワイフ

時に音楽は 折れかけた心に力を与えてくれます。

時に音楽は 現実逃避の手助けをしてくれます。

時に音楽は 人生を懸けた一大事に力強い武器となってくれます。

女:どうしたの?

Music gives us power.

(フラッシュ・モブ)

いろいろやってますが 音楽はすばらしい

音楽が奏でる人生の物語です

女:あっ…。えっと…私 彼氏いるんだけど。

男:えっ?

女:言ってなかったっけ? ごめん。 これからもいい友達で…ねっ?

男:いや…。

(笑い声)

子ども:大丈夫 大丈夫 大丈夫! バイバ~イ。

若者:元気出して。

第一週「初めてのエール」

時は昭和 東京オリンピックが迫る中 一人の作曲家に大きな責任が課せられていました。

●古山家

音:「さくら さくら」「やよいの空は 見わたすかぎり」「かすみか雲か 匂いぞ出ずる」「いざや いざや 見にゆかん」

(拍手と歓声)

●テレビ中継

昭和三十九年十月十日

(拍手と歓声)

アナウンサー:「オリンピック発祥の地 ギリシャを出発した聖火リレーは 今まさに開催の地 東京の国立競技場に向かっております。

●福島・信夫小学校

教頭:古山裕一先生が 我が福島信夫小学校を卒業されたのは 今から40と2年前になります。以来…。

生徒:先生 早く!

先生:分がってる! 教頭先生 もう少し お話 延ばして下さい。

教頭:うん…。あ~ 以来 数え切れないぐらいの曲を書き うちの校歌も作って頂きました。

生徒:先生 早く! 始まってるよ!

先生:もう… くそっ!

(テレビをたたく音)

(歓声)

アナウンサー:「最後の聖火ランナー 坂井義則君が平和の祈りを込め 力強く走っております」。

●藤堂先生の墓前

ラジオ:「戦後19年 日本復興のシンボルである式典が 今まさに始まろうとしています」。

鉄男:あの裕一が…いじめられっ子の裕一が ついにやりましたよ 先生。

●国立競技場

(拍手と歓声)

裕一:はあ…。大丈夫…大丈夫…。きっと うまくいく。

(回想)

達磨:東京オリンピックはほかのオリンピックとは違いますぞ。悲惨な戦争 廃墟と化した日本 もうこれで終わったと世界に思われた日本が そこから力を合わせて驚異の復興を遂げた姿を「どうだ!」世界に宣言する。先生はその…その大事な開会式の音楽を書くわけですから これは責任は重大ですぞ~。どうか 国民に勇気と希望を与え世界に恥じない音楽を。

(回想閉じ)

音:あっ…。まずいな…開会式 始まっちゃう。

係員:上の階にはいません。

音:トイレも見た?

係員:はい。個室も全て。

音:控え室は全部見たし いるとしたらトイレなんだけど…。

係員:あっ。地下に関係者だけが使えるトイレが。

音:そこよ! あと何分?

係員:7分です。

係員:ここです。

音:ありがとう。裕一さん! 大丈夫! あなたの曲はすばらしいんだから!

裕一:いや でも…。

音:ほら…。

裕一:ちょっと…ちょっと待って…。

音:すぐそこよ。開会式 見たくないの?あなたの曲を世界中の人が聴くのよ。ずっと かなえたかった夢でしょ?

裕一:うん。

音:よし…行こう。

裕一:あ~駄目だ やっぱり!

音:えっ!? もう!

裕一:駄目だ…。駄目だって。

音:もう!

裕一:駄目! ちょっと待って!

音:ちょっと… もう! 手伝って。

裕一:ちょっと…。

音:あ~いたた…。

裕一:ちょっと待って! ちょっと心の準備…。

音:痛い 痛い!

裕一:あっ!

音:裕一さん。裕一さん!

裕一:はい。

係員:あと2分 切りました。

警備員:先生 自分は長崎の出身であります。親や兄弟 親戚 みんな死んだとです。生きる希望ば与えてくれたとは 先生の「長崎の鐘」です。先生の曲は人の心ば励まし応援してくれます。先生の晴れ舞台ですけん どうか…どうか会場で!

音:どうする?

裕一:行こう。ありがとう。

警備員:よか夫婦ですね。

係員:おしどり夫婦って感じとは違うんですけどね フフッ。

音:いよいよね。

裕一:ああ。

この夫婦がいかにしてこのような二人になったのか そこには長い長い話がありました。

(拍手と歓声)

●呉服屋「喜多一」

(産声)

全ては 福島の老舗呉服屋さんから始まりました。

明治四十二年八月 福島市内

三郎:うお~ 生まれだ! 生まれだ! 生まれだべ~! ハハハハハ!

産婆:それにしても旦那さん どごさ行ったのかしらね?

まさ:フフッ。

音楽が奏でる人生の物語「エール」。始まり 始まり~!

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

朝ドラ「エール」ネタバレあらすじを最終回まで。キャスト一覧も。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク



コメント