「エール」(12話4月14日)連帯保証人になったことで苦境に陥る喜多一

朝ドラ

朝ドラ「エール」第12話、ハーモニカ倶楽部の定期演奏会で演奏する裕一のオリジナル曲は「想い出の徑」。

館林との決戦投票に勝ち、その館林からも音楽の才能を認められ、次期ハーモニカ倶楽部の会長にも指名されるが…。

三郎が連帯保証人となった吉野がとんずらし、借金9千園は三郎がかぶることになり、妻まさの実家に泣きつく三郎。

茂兵衛の融資の条件は、裕一か浩二、どっちかを権藤家に養子に出すこと。

これに対して、まさは「全部の幸せがかなえばいいんでしょうけど…。犠牲を払って 助け合い 支え合うのが家族なのかも…」とすでに諦めモード。

しかし三郎は「そうなんだけどな…。はあ~分がんねえ…。俺にはもう分がんねえ!」。

いやいや、親の甲斐性があれば、こんなに悩むことがないはずで、こういう中年男になってはいかんという教訓を頂いた今朝の「エール」です。

エール(12話4月14日)セリフ

(回想)

館林:君は作曲が得意だと聞いた。やる気はあるか?

裕一:はい!

館林:本気で音楽家になるつもりだったの? ただ 人間 身の程を知ることも大切だよ。
(回想閉じ)

●喫茶店

楠田:書けた?

裕一:書けないよ! 君が手洗い行ってる間に曲が完成してるわけないだろ。

楠田:だって…邪魔そうだったから 席外したんだけど。

裕一:一人でも書けない。環境を変えても駄目…。う~ん 僕 駄目だ。

楠田:会長はもう提出したらしいよ。ほかに出す人 いなさそうだ。裕一が出さねえと投票はなしだ。

裕一:負けない! ぜ…絶対 見返してやる。

楠田:あのさ…。何かさ…。

裕一:うん?

楠田:裕一らしくねえよ。怒っとか負けないとか 君には似合わねえ。昔 いじめてた時だって…。

(回想 笑い声)

楠田史郎:花! おなごか おめえ。

(回想閉じ)

楠田:僕らのこと 嫌がりはすっけど 恨んだりはしなかっただろ。商業入って友達になれたのも 君のそういう…優しさのおかげなんだ。音楽って…って 僕が語るのもおかしいけど う~ん… その人の個性が出るもんだろ? 今の君は君じゃない。君じゃねえから 書けねえんじゃねえかな。

裕一:そ…そうかも…。譜面に向かうと か…会長の顔ばっか浮かぶ。

楠田:試しに 僕の顔 浮かべてみてよ。うん?

裕一:えっ?

楠田:ほら…うん?

裕一:おお~!

(回想)

楠田:バスパートって むなしいんだ。ずっと「ブッ ブッ」ってさ。

(回想閉じ)

裕一:おお~! あっ…あっ! おっ おっ! あ…新しいの 出来っかも!

楠田:えっ?

●呉服屋「喜多一」居間

三郎:おめえ 今日 何時ごろ 帰んだ?

浩二:ふだんどおりだけど。

三郎:裕一は?

裕一:僕 遅くなる。今日 決戦投票なんだ。

まさ:投票って何の?

裕一:うん? 言ってなかったっけ? ハーモニカ倶楽部の今度の公演で自分の曲 1曲演奏すんだ。初めての試みだから 投票で決めることになったわけ。あっ…もし僕の曲が選ばれたらみんな 見に来て。

三郎:おう! もちろんだ! なあ まさ?

まさ:はい! 2人とも 今日帰ったら お父さんから話があるから。

裕一:うん。

●福島ハーモニカ倶楽部

館林:では 開票する。

会員:館林。館林。館林。古山。古山。古山。古山。館林。古山。館林。

会員:最後の一枚です。館林。

会員:やっぱり…。

楠田:投票の結果 10対9で 会長の曲が選ばれました。

館林:待て。まだ卒業した先輩たちの票を預かってる。

(ざわめき)

会員:頂きます。

●喫茶店

楠田:やったな! しかも俺のバスパートから始まるなんて斬新だよ! うん! 恐れ入った! 

裕一:君の顔が 僕 刺激したんだ。

楠田:俺 いっぱい練習すっから。

裕一:会長…どんな気持ちだったのかな?

楠田:何が?

裕一:いや…。会長なのに 自分の曲選ばれなかったって ショックだよね。

楠田:あ~あの人はああ見えて現実主義者だよ。最初っから分かってたんじゃない? 裕一が選ばれること。

裕一:えっ?

楠田:先輩たちに投票させたのだって 会長の指示なんだって。今のメンバーだけだと 自分に気ぃ遣って投票する。音楽を純粋に審査するために しがらみのない人まで投票枠を広げたんじゃねえかな。

裕一:えっ… 僕に勝たせるためにしたってこと?

楠田:そうじゃなくて 本当にいい曲が選ばれっことを望んでたと思う。会長はそういう人だ。

裕一:そうがな?

●呉服屋「喜多一」居間

浩二:僕に任せて 父さん。

三郎:すまん。次男なのに 申し訳ねえ。

浩二:うれしいんだよ! 父さんから期待かけられて。

裕一:ただいま! やったよ! 僕の曲が選ばれた! ど…どうしたの?

三郎:この店は 浩二に継がせる。

裕一:こ…浩二…いいのか?

浩二:僕は継ぎたかった。

裕一:ありがとう! 浩二…。

(三郎から茂兵衛への電話)

三郎:あっ 茂兵衛さんか? すまねえ 息子は渡せねえ。

茂兵衛:まさに代わってくれ。

(まさのすすり泣き)

●吹島商店街

(通行人にぶつかる及川)

及川:あっ すんません!

(回想)

吉野:全部に広げて取り引きするのはどないですか?3代100年続く 老舗の呉服屋。ここは 大きゅうする いい時期やと…。連帯保証人 お願いします。大丈夫ですよ! 私を信頼しておくれやす!

(回想閉じ)

●呉服屋「喜多一」店先

大河原:何だ 何だ そんな慌てて。どうした?

及川:旦那 大変です。きょ…京都の…よし… よし…。

3人:うん?

三郎:吉野さんのことか?

及川:とんずらしたって!

三郎:えっ!?

及川:百貨店の呉服売り場の人が言ってました。

大河原:ああ…。

●呉服屋「喜多一」中庭

三郎:すまねえ。あいつを信じた俺がバカだった。

まさ:もたない額なの? 兄さんに連絡します。

●川俣・権藤家

三郎:今度ばかりは あんたしか喜多一を助けらんねえ! 恥を忍んで このとおりです!

茂兵衛:傑作だ。この前は俺が頭下げて 今度は君が頭下げる。

まさ:兄さん やめて。

茂兵衛:もう おめえの兄さんじゃねえ。

まさ:ごめんなさい! でも…。兄さんしかいないの。

三郎:お願えします!当座をしのげば 必ず返します。

茂兵衛:どっちかを養子に出せ。融資の条件はそれだけだ。

まさ:2人の気持ちは分かっているでしょ!? 

茂兵衛:関係ねえよ! 

まさ:どうして!?

茂兵衛:こっちが聞きたいわ! なぜ身内に男が2人いるのに養子に出せねえんだ? 権藤家が…ああ? 他人に渡るのに おめえは賛成なのか?許せるのか!? 

まさ:分かんない…分かんないけど 今は助けてほしいの。だって…私たち家族でしょ!?

ハハハハハ! 家族? ああ…俺もおめえたちの家族じゃねえのか? 俺はおめえたちに助けてほしいんだ。俺はこの家族と…ああ? この家を守りてえだけだ!

●呉服屋「喜多一」三郎まさの寝室

(回想)

裕一:お…小山田先生のような…西洋音楽を作曲する音楽家になる。

三郎:この店は 浩二に継がせる。

裕一:い…いいのか?

浩二:俺は 継ぎたかった。

(回想閉じ)

三郎:まさ… おめえ どう思う?

まさ:全部の幸せがかなえばいいんでしょうけど…。犠牲を払って 助け合い 支え合うのが家族なのかも…。

三郎:そうなんだけどな…。はあ~分がんねえ…。俺にはもう分がんねえ!

●福島ハーモニカ倶楽部

(演奏)

館林:上出来だ。今日はこれで練習を終えるが 最後にみんなに伝えたいことがある。僕は次の公演をもって倶楽部を辞める。

一同:えっ?

館林:もちろん 会長も辞める。そこで次期会長に古山裕一君を指名したい。受けてくれるかな?

裕一:いや…あの…いや…えっ? 僕を否定したのに な…何でですか?

館林:君の作品はすばらしい。君は才能を授けられた。僕には求めても得られない贈り物だ。僕は君の才能に嫉妬している。ただ同時に その才能を無駄にしてほしくないとも思ってる。もし夢を実現したいなら 東京に行け。うちのピアノを好きなだけ使ってくれ。卓上ピアノじゃ音楽学校は無理だ。

(笑い声)

裕一:あ…ありがとうございます。

(拍手)

●呉服屋「喜多一」裕一の部屋

裕一:あっ…ああ~。

自分の将来に危機が迫っていることを 裕一はまだ知りませんでした。

裕一:楽しい…。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

朝ドラ「エール」ネタバレあらすじを最終回まで。キャスト一覧も。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント

  1. くう より:

    こんにちは

    スカーレットに続き、父の借金で家族が困る展開ですね
    当時の九千円って、今のどれ位になるのでしょうか
    気になって調べてみたりもしましたが、明確にはわかりませんでした (^^;;
    多分、数千万円?
    やっちゃいまいたね

    今後の展開も気になりつつ、見守って行きましょう

    • テレビネタ! より:

      今、調べてみたんですが、大正5年(1926)の九千円は、今で換算すると、約1500万円くらいのようです。間違っていたら誰かお指摘下さいm(_ _)m それにしても三郎さん、常治そっくりです(←これ、後々のネタバレになります)。