「エール」(14話4月16日)昭和3年、川俣ダンスホールで志津に恋する裕一

朝ドラ

朝ドラ「エール」第14話、昭和3年、裕一が就職した川俣銀行は行員5人。支店長の落合、行員の鈴木と松坂、事務員の昌子、それに裕一。

平穏な日々の中、女性と全く触れ合いがねえのはまずいということで、ダンスホールに連れていかれた裕一が、踊り子の志津に恋心。

その志津も裕一に気があるらしく、その顛末は明日ということで、志津の正体は、小学生の時に裕一を投げ飛ばした、とみちゃん? いや、名前が違うので間違っていたらごめんなさいです。

エール(14話4月16日)セリフ

昭和3年10月

裕一は卒業とともに茂兵衛伯父さんの経営する銀行に住み込みで働くことになりました。仕事を覚え 一人前と認められたら 養子になることが決まっていたのです。週に2度は本家で食事をとりました。

●川俣・権藤家

源蔵:おい どうだ? 裕一。銀行の仕事には慣れたか?

裕一:ええ まあ。

権蔵家はいくつもの会社を経営する福島有数の資産家。未来の跡取りは町のうわさにもなっていました。

●川俣・街中

町人A:あの子がか?

町人B:ああ。茂兵衛さんの妹の息子らしい。

町人A:いや~権藤家の面構えじゃねえな。

町人B:なっ? だからよ…。

●川俣銀行・職場

銀行で働くというと さぞ忙しいとお思いでしょうが このころの地方銀行は昭和2年の恐慌で仕事も減り もともと暇なのに更に暇。行員もたった5人。主な仕事は融資先の金銭の出入りを帳簿につけるぐらい。蔵から聞こえてくる機織り機の規則正しい音がいい具合に眠気を誘い 暇すぎて憂鬱になるぐらい 何とも のんきな仕事風景でした。

落合:古山君。

裕一:はい? はい はいはい…。

落合:瀬川商店に小切手帳 持ってってくれる?

裕一:あ…あっ はい。ただいま。

昌子:ついでに 三角屋のおまんじゅうも お願い。

裕一:あっ はい。

鈴木:三角屋だぞ。丸方屋 買ってくんじゃねえぞ こないだみてえに。

未来の頭取ということも気にしていないのか みんな普通に受け入れてくれて…。

松坂:古山君は間違えたんじゃないですよ。

鈴木:はあ?

松坂:あの日は雨が降ってて じめじめしてたから 丸方屋の粒あんの方があっさりしてていいと思って買ってきたんですよ。ねえ 古山君!

裕一:いや 単に間違えただけ…。

松坂:さすがです!うん。

まあ 一人 露骨にごまをする人もいますが…

●三角屋

女性店員:ありがとうございました~!

平穏な日々が過ぎていました。そんなある日。

●川俣銀行・職場

昌子:それはまずいよ~。

裕一:まずいですか?

落合:まずいね。

裕一:まずいですか?

松坂:私はそういうのも ありえることだと思います。

昌子:はあ?

鈴木:よく言うよ。女 大好きなくせに。

松坂:言いがかりです。

鈴木:芸者のプロマイド 何枚持ってる?

松坂:えっ? あっ このまんじゅう おいしいですね。

落合::そういえば この前 誰かから聞いたぞ。ようやく手に入れたって自慢してたって。何だっけな~? エイラン エイリン…。

鈴木:エイキチ?

落合:男だ そら。

松坂:栄龍です! あっ…。

当時 人気の芸者さんはプロマイドとして売り出され その中でも伝説的な存在が栄龍でした。

松坂:ん~!

(笑い声)

鈴木:ともかく 女性と全く触れ合いがねえのは よぐねえ。俺に任せろ。連れてってやから。

裕一:ど…どこへですか?

●川俣ダンスホール

鈴木:2枚。どうだ? ダンスホール いいだろ?

裕一が社会勉強に誘われている一方 喜多一では…。

●呉服屋「喜多一」

まさ:ごはんですよ。

浩二:ただいま。

三郎:お帰り。

浩二:親父 今日一日 あれ?

まさ:裕一がいなくなって寂しいのよ。

浩二:ああ…。僕が行ってたら 多分あそこまではなんねえだろうな。

まさ:そんなこと…。ごはん出来てるからね!

浩二:食べた。

まさ:ごはんよ。

三郎:…ああ。なあ まさ… あいつ あっちで大丈夫かな?

裕一は別の意味で大丈夫ではありませんでした。

●川俣ダンスホール

ダンスホールで男性たちはチケットを購入し お目当ての踊り子に差し出します。受け取ってもらえればダンスを楽しめますが 断られることもしばしば。

鈴木:どう? 仕組み分かった? あれがここの一番人気の踊り子だから。

裕一:ああ…。

鈴木:全員 振られたね。かわいいけど あれは手ごわい。あの辺にしよう。あのぐらいがちょどいい。うん。行こう 行こう…。しゃんと しゃんと。

裕一:あっ…。

鈴木:チケット。何してんだよ 早く。どこ? ここ…。

裕一:あっ あっ…あった! あった。

鈴木:ちぎって ちぎって。えっ? ええっ!?

志津:シャル ウィ ダンス?

(鐘の音)

鈴木:「ウイ」…「ウイ」。

裕一:ウイ? ウイ ウイ ウイ…。

鈴木:何でだ?

(志津とダンスする裕一)

天にも昇る気持ち…だったようです。

●川俣銀行・職場

落合:恋ですな。

鈴木:恋でしょ 絶対。

松坂:こ こ…恋!?

昌子:何であんたが大声出してんのよ。

落合:彼にはいいことです。

鈴木:若者ですもんね。

落合:う~ん…いや それだけじゃねえんです。

鈴木:うん?

落合:ちょちょちょ…。うわさで聞いたんですが 彼は西洋音楽の作曲家になりたかったらしんです。

3人:え~!?

落合:ですが 茂兵衛さんに子どもができねえんで しかたなく養子に来たと。

松坂:なんて ツイてるやつだんだ!

3人:はあ?

昌子:夢破れて来てっから いっつも死んだフナみてえな目してたのよ。

落合:ですが 今の彼 見て下さい。

昌子:恋って偉大ね~!

落合:彼の復活のためにも 作戦練りますか?

昌子:作戦?

落合:恋で彼を元気づけよう作戦です。恋愛を発展させるには まずは接触機会を多くすっことです。鈴木君 今日もまたダンスホールさ 連れてって下さい。

昌子:ほっといても あの様子じゃ 行くんじゃないですか?

落合:いいえ。彼みたいな人は妄想は得意なんですが いざ…。いざとなっと おじけづき自分で言い訳をこさえて行動を起こさないかもしれません。こちら側から働きかけねば恋愛の発展はありません!

鈴木:僕にお任せ下さい。

落合:うん…君に任せた。

昌子:説得力あるわ~! 何で独身なんだべ?

松坂:えっ?

鈴木:何? 知らねがったの?

●川俣ダンスホール

鈴木:心の準備はいいな?

裕一:2日続けてというのは…。

鈴木:何言ってんだ。2日続けんのがいいんだ。

裕一:人気ある方だし 日をあけましょう。

鈴木:いやいや いやいや…恋愛は待ったら負けだ。

裕一:僕 まだ…そこまで 志津さんのこと す す…好きじゃ…。

鈴木:古山君 僕はひと言も志津さんと限定して話 してないけど?

裕一:いや…た た…例えばの話です。

鈴木:まあいい。ともかく 機会は逃すな。勇気を持ってチケットを出せ。

裕一:こ…断られっこともありますよね?

鈴木:当たり前だ。そうやって男は成長すんだ。

裕一:説得力あるな…。

鈴木:今だ! よっしゃ~! 音楽スタート!

(志津とダンスする裕一)

その日以来 毎晩毎晩 このアホは通ったそうです。

裕一:あっ…何か飲み物 持ってきます。

志津:おなか…すいてない?

裕一:えっ?

志津:せっかくだから 外でごはん食べない?

裕一:ウイ…はい。

踊り子:ひっ! シャル ウイ ダン…。

鈴木:ウイ!

●川俣銀行・裕一の部屋

落合:外で会った!?

鈴木:そうなんです。途中で す~っと。

落合:踊り子さんが外で会うなんて めったなことでねえど! 俺なんか100回以上通ってるが 一度も成功したことがねえ。

昌子:えっ…支店長…。

落合:う~ん!

鈴木:しっかし羨ましい。あぁだ きれいな人と。

松坂:さすが未来の頭取!

昌子:ハッ! でも そだにきれいな人なら 早ぐ交際した方がいいわ。

裕一:えっ…そんな焦んなくても。

昌子:駄目駄目。女は移り気よ。それにほかの人だって いっぱい狙ってんでしょう。

松坂:昌子さんは交際って一口で言うけど 交際の境界線って何なの?

昌子:おお~! 珍しくいい質問ね。確かに交際の境界線って それぞれの組み合わせによって変わってくるわ。

(交際の境界線についてはまたあした!つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

朝ドラ「エール」ネタバレあらすじを最終回まで。キャスト一覧も。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント