「エール」(15話4月17日)志津は小学校の同級生のとみ。鉄男は新聞記者。

朝ドラ

朝ドラ「エール」第15話、接吻大作戦が失敗し、志津を見送った後で出会ったのが乃木大将こと野村鉄男。今は福島日民新聞社の記者。

そして、志津に告白した裕一だったが、志津はかつて小学生の時、裕一を投げ飛ばした同級生のとみだと分かり…。

志津:私の家の店 潰れたの。それで今はダンスホールの踊り子。男の機嫌とって毎日必死に稼いでる。なのに何? あんたは銀行の跡取り?冗談じゃないわよ!あんたは昔からそう。そうやってどっかで私たちのことバカにしてんのよ。昔は「音楽家でござい」って顔してたけど今は「銀行家でござい」ってか? バカバカしい! ふう…あ~ すっきりした! フフッ。じゃあね~お坊ちゃま。大人になるのよ。フフッ。

女は怖い…。そして堀田真由ちゃんがこれで退場とは非常にもったいなく、再登場プリーズとNHKさんにお願いです。

エール(15話4月17日)セリフ

●川俣銀行・裕一の部屋

松坂:昌子さんは交際って一口に言うけど 交際の境界線って何なの?

昌子:おお~珍しくいい質問ね。確かに交際の境界線って それぞれの組み合わせによって変わってくるわ。

落合:一緒にお酒を飲む。

昌子:ううん ううん…。

鈴木:告白して了承を得る。

昌子:ううん ううん…。

松坂:手をつなぐ。

昌子:ああ ああ…。

落合:古山君はどう思う?

裕一:い…いや…僕は…お会いして お話ししていれば もう…た…楽しいです。

鈴木:駄目だよ。相手は海千山千の踊り子さんだぞ。す~ぐに飽きられて愛想つかされっちゃうよ。

昌子:接吻ね。

裕一:接吻!?

落合:あっちぃ…!

昌子:ああ ああ…。

松坂:いきなりですか?

昌子:きれいで経験豊富なレディー。方や恋愛未経験のボーイ。この2人をつなぐためには接吻! うん…接吻しかねえわ!

裕一:ええっ…よく分かりません。

鈴木:それしかねえな。

裕一:えっ?

落合:俺も同じ意見だ。

裕一:ええっ!?

松坂:接吻 頑張って下さい!

裕一:ええ~!? う~ん…いや 一口で接吻っていっても ど どうすればいいか…分かりません。

鈴木:いや それは…。

松坂:えっ? ちょ…先輩 先輩…。

裕一:や…やり方は ぼ ぼ…僕だって知ってます。僕が知りたいのは 接吻するっていう状況に持ち込む…ほ…方法です。

落合:古山君 乗ってきたね。

鈴木:やっぱし お酒を飲んで少し酔った帰り道 ふと止まり 相手も止まり…。

昌子:自然でいいけど 慣れてる人向けね。

鈴木:えっ?

昌子:うん…。

落合:月がきれいだね~。君の唇の方がもっときれいだ~。

昌子:ギャ~! 気持ち悪い~!

落合:うそ~!?

昌子:だから まだ独り者なんですよ。

鈴木:ハハハ!

松坂:はい はい!

昌子:手は上げなくていいがら。

松坂:僕だったら…。「接吻してもいいですか?」。

昌子:言葉にするなんて興ざめ!

鈴木:だったらどうしたらいいんだよ。

鈴木:うん?おっ?

昌子:いきなりがいいわ。

一同:いや~それは無理だばい!

昌子:女はドキドキしたい生き物なの!

鈴木:難易度高いよ~。ねえ 古山君?

裕一:い…いきなりって! ど ど…どうすれば?

落合:お~やる気満々だね アハハハ!

昌子:みんな いい? ドキドキさせるために必要なのは 予期せぬ事態よ。

<<ごめんください。

鈴木:おお…予期せぬ事態…。

<<ごめんください!

鈴木:あっ!

松坂:はい はい…。

昌子:予期せぬ事態を作るためには…。

<<松坂:あっ 融資の方です。支店長 鈴木さん 来て下さい。

鈴木:あ~おめえ 一人でやれよ!

落合:いいとこなのに!

松坂:すいません。

鈴木:ちょっと…待っててよ 待っててよ。は~い ただいま。

昌子:ねえ…練習しとく?

裕一:うん?

昌子:うん…。

裕一:えっ?

昌子:来てみて。うん 思い切って。

裕一:いや いや…。

昌子:来てみて。いいがら いいがら。

裕一:いや…。

数日後 接吻大作戦は決行されることになりました。

●川俣・洋食店

志津:この店 佐紀ちゃんが教えてくれたの。

裕一:へえ~。

志津:出来たばかりだけど評判いいのよ。そういえば 佐紀ちゃんったらね 2人の男の人 どちらか選べなくてね 一人は真面目で誠実なんだけどかたすぎるし 一人は面白けど調子がよくて少しいいかげん? だから…。ねえ。

裕一:えっ? はい はい はい…えっ?

志津:裕一さんは どんな女の人が好み?

裕一:ど…ど ど…どんな…? どんな人…?

志津:ほら 見かけとか性格とか 何かあるでしょ?

裕一:えっと…性格…。ああ~! き き…君のような人。

志津:フフフ お世辞でもうれしい。

裕一:いやいや…ほ ほ…本心だから。

志津:フフフ ありがとう。ちょっと御不浄に。

裕一:あっ はい。

(回想)

昌子:彼女がお手洗いに立った時がその時よ。どっちかの道を塞ぐの。

鈴木:どうやって?

昌子:スープか何か こぼせばいいでしょ。いい? 戻ってきた彼女をこけさせんの。その時に 古山君は受け止めて…。接吻。いい?

裕一:はい。

昌子:うん。

(回想閉じ)

(ドアの開閉音)

志津:あっ!

4人の心の声:今だ!

(鼓動)

裕一:だ…だ…大丈夫ですか?

志津:えっ? あっ…うん。

●川俣・夜の街中

志津:ねえ…もう店には来なくていいから。

裕一:えっ?

志津:これからは外で会いましょ。

裕一:わ…分かりました。

志津:フフフ…じゃあ 私 こっちだから。

裕一:うん。気を付けて。

志津:うん フフフ…。

裕一:また。

志津:また。

鉄男:何やってる?

裕一:えっ? いや…えっと…。

鉄男:何やってんだ? おめえ。

裕一:えっ? いや…ご…ごめんなさい。あの 僕は…。

鉄男:俺だ。鉄男だ。

裕一:うん? の…乃木大将?

回想鉄男:この づぐだれが。

裕一:あっ ああっ!

●川俣銀行・裕一の部屋

裕一:すごいね! おお~! 藤堂先生が紹介してくれたんだ?

鉄男:最初は新聞配りからだったけどな。まあ 記者って言っても任されんのはまだ お店の紹介とかだし。

裕一:よかったね~本当によかったね!

鉄男:よかったじゃねえだろ!

裕一:えっ?

鉄男:音楽は? 何で銀行なんかに住んでんだ?

裕一:お…伯父さんの銀行なんだ。養子になる。

鉄男:それで女にうつつ抜かして…。

裕一:えっ? み…見てたの?

鉄男:あの店 取材してたんだ。なあ…何で 音楽やめた?

裕一:か…家族のためだ。しかたない。

鉄男:お前の家の事情はよく分かんねえ。ただ 昔 俺が「弟食わせるために働かなきゃなんねえ詩なんか書いてらんねえ」って言ったら お前 言ったよな?

回想裕一:しがみつけば必ず道は開ぐって。大将 詩人になれるよ!

鉄男:あれ…うそか?

●川俣銀行・職場

落合:古山君 郡山までお金 届けてくれる?

裕一:はい。

(回想)

鉄男:俺はお前の言葉信じて まだ詩を書いてる。なぜだと思う? 子どもの頃 唯一励まされた言葉だったからだ。俺が詩を書きお前が曲を作る。その歌がレコードになり みんなが聴く。そんな夢を描いてたけど…それもまた夢だな。

裕一:フフ…。

(回想閉じ)

●川俣銀行・職場

茂兵衛:んっ。

昌子:あっ…はい。

裕一:すみません! すみません あの…バスにかばん忘れてしまって…。

茂兵衛:たわけが! 踊り子にうつつを抜かしてるらしいな。すぐ別れろ! お前の相手は俺が見つける!

裕一:ああ…えっ?あっ…。

夢も自分も見失っていた裕一にとって 志津だけが残された未来でした。

●川俣・夜の街中

幸子:例の彼?

佐紀:うん…でも実はほかにも気になる人がいて。

幸子:あ~もしかして年下の子? 今日 踊ってた。

裕一:志津さん。

志津:あっ…。どうしたの?

裕一:き…君を捜してた。

志津:えっ?

裕一:僕…伯父に反対されたけど…反対されて気付いた。き…君のことが…好きです。つきあってほしい。

志津:フフフ…フフフフ。アハハハハ…!あ~おかしい!

裕一:えっ?

志津:ねえ 私 誰だか気付かない? とみよ とみ。小学校の同級生の。

回想とみ:うぢの店の方が金持ちだわ。

志津:やっと思い出した? 私はダンスホールですぐに気付いたのに あんた 私を無視した。癪だから からかってやろうと思って わざと近づいたの。近づいて ほれさせて ここぞっていう時に「バ~カ」ってやってやろうと思ってね。

裕一:ぼ…僕は真剣に…。

志津:アハハ なにが真剣なのよ。同級生に気付きもしないで。

裕一:だって…だって…あ…あまりにも違うから。

志津:私の家の店 潰れたの。それで今はダンスホールの踊り子。男の機嫌とって毎日必死に稼いでる。なのに何? あんたは銀行の跡取り?冗談じゃないわよ!あんたは昔からそう。そうやってどっかで私たちのことバカにしてんのよ。昔は「音楽家でござい」って顔してたけど今は「銀行家でござい」ってか? バカバカしい! ふう…あ~ すっきりした! フフッ。じゃあね~お坊ちゃま。大人になるのよ。フフッ。

裕一の初恋は はかなく散りました。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

朝ドラ「エール」ネタバレあらすじを最終回まで。キャスト一覧も。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント