「エール」(16話4月20日)作曲に取り組む裕一と、御手洗清太郎に学ぶ音

朝ドラ

朝ドラ「エール」第16話、志津に振られて1年後、鉄男が国際作曲コンクールに応募してみろと裕一をけしかけ、それを後押しする川俣銀行の面々。しかし、音楽から離れていたブランクが長すぎて…。

一方、歌手になるべく海外帰りの「ミュージックティーチャー」先生こと、御手洗清太郎の教室に通い始めた音。

川俣銀行の面々もかなり濃いキャラ設定ですが、古川雄大さん演じる御手洗清太郎も負けず劣らずのオネエ設定で、すでにSNSでは大盛り上がり。

放送開始以来、「エール」関連で初めてトレンド1位になったのが「ミュージックティーチャー」ということで、ますはめでたしめでたしです。

エール(16話4月20日)セリフ

(回想)

裕一:き…君のことが…好きです。

志津:フフフ…アハハハ…!

裕一:えっ?

志津:アハハ! 近づいて ほれさせて ここぞっていう時に「バ~カ」ってやってやろうと思ってね。じゃあね~お坊ちゃま。大人になるのよ。

(回想閉じ)

●川俣銀行・職場

松坂:振られたのに 変わりないですね。さすが未来の頭取だわ。

昌子:君 バカ?

松坂:えっ?

鈴木:どう見たって変だべ。朝からず~っと仕事してんだぞ。

松坂:あっ そうですね 変だ! 確かに変だわ。

落合:今はそっとしといてやっぺ。男の傷を癒やすのは時間しかねえ。

鈴木:どのくらいの時間が必要ですか?

落合:1年だな。

鈴木:1年も!?

鈴木:ただ 女に振られただけですよ?

昌子:私なんて 離婚した1か月後に恋に落ちましたよ。

松坂:その結果 離婚3回。

昌子:うるさい!

松坂:ああっ!

4人:アハハハ…。

落合:ありゃ ただ女に振られただけじゃねえ。静か~に見守ってやっぺ。

鈴木:男になんのに必要な時間ね。

落合:うん。

1年後

●九十九貿易株式会社を出てきたところ

茂兵衛:とりあえず うちは安心だな。

立川:この不景気はいつまで続くんでしょうか?

茂兵衛:戦後の不況 震災と続いた これ以上悪いことはねえだろう。

立川:…だといんのですが。

茂兵衛:うなぎでも食ってくか?

立川:えっ?

茂兵衛:この辺りの名物だろう。

立川:は…はい。あの~。

茂兵衛:何だ?

立川:頭取 最近 何かおありでしたか?

茂兵衛:何が?

立川:失礼ながらご機嫌がよろしいかと。

茂兵衛:裕一が心 入れ替えた。仕事に身を入れてるそうだ。

(回想)

松坂:(電話で)熱心に仕事されてて…はい…。

松坂が逐一 茂兵衛に報告していたのでした。

松坂:(電話で)私 裕一さんに大変信頼されております 先輩の松坂と申します。

(回想閉じ)

茂兵衛:やっとだ。これで一人前になれば 養子としてみんなに紹介できる。
 
●川俣銀行・裕一の部屋

昌子:1年です。

鈴木:1年。

落合:時は万能でなかった。

鈴木:僕に考えがあります。

(裕一に酒を勧める鈴木)

鈴木:はいはいはい…ほ~れ…おっ おおっ。はい! ではかんぱ~い! んっ 古山君も飲んで 古山君も。ほらグッと グッと。グ~ッと! そうそう! おっ おっ…。いいね~! ええ? ヘヘッ。うわ~いい飲みっぷりだ! うんうん。アッハッハッハ!いよっ よいしょ! よいしょ!

松坂:楽しそうですね~。

昌子:失敗ですね。

落合:完全にな。総員撤退。

昌子:うん。

鈴木:よいしょ! よいよい よいよい!

●川俣銀行・職場

松坂:昨日のことは覚えてなさそうですね。

鈴木:寝たあと 全ての証拠は隠滅したからな。

昌子:お酒作戦はいい考えだと思ったけど…。

鈴木:だべ?

落合:失敗は失敗だ。彼を元気づける作戦 ほかにあっか?

昌子:恋も駄目 酒も駄目。はあ~駄目だわ。私 それ以外のこと考えたことないんだわ。
松坂:ああ…昌子さん しっかり。

落合:彼が好きなものは何だ?

鈴木:音楽ですよね。

落合:それだ! 誰か 楽器できっか?

●福島日民新聞・編集部

編集長:おい テツ~!

鉄男:はい!

編集長:双浦環 知ってっか?

鉄男:はい? いえ。

編集長:バ~カ。世界的なオペラ歌手だ。おまけに美人だ。今度 福島でコンサートやるみてえだから おめえ 記事書け。

鉄男:えっ!? いいんですか?

編集長:食いもんの記事も飽きたろ。予習しとけ。

鉄男:ありがとうございます。

編集長:うん。

(雑誌「世界音楽」を見ながら)

鉄男:「魔力」…へえ~。

●川俣銀行・職場

松坂:ご用件をお伺います。

鉄男:あっ…あいつに。

松坂:古山君 お客さん。

●川俣銀行・裕一の部屋

鉄男:これ 見てくれ。音楽を避けてえ おめえの気持ちは理解できる。でも…このページだけ見てくれ。国際作曲コンクールの募集だ。ほら。お前が好きなストラヴィンスキーが審査員だぞ。なっ? 挑戦すんのはタダなんだからやってみろ。俺 やっとちゃんとした記事を任された。双浦環って歌手の福島公演の記事だ。インタビューもあんだ。これから行ってくる。もしよかったら おめえも行かねえか? 関係者ってことで入れっかもしれね。お前…このままじゃ駄目になっぞ。無理にとは言わねえ。気が向いたらでいい。俺は諦めねえから。また来る。

(回想)

鉄男:何で音楽やめた? 俺が「弟 食わせるために働かなきゃなんねえ 詩なんか書いてらんねえ」って言ったら お前 言ったよな?

子どもの頃の裕一:しがみつけば必ず道は開ぐって。大将 詩人になれるよ!

鉄男:あれ…うそか? 俺が詩を書き お前が曲を作る。その歌がレコードになり みんなが聴く。そんな夢を描いてたけど…それもまた夢だな。

<<♪~(ハーモニカの音)

●川俣銀行・職場

松坂:僕ら 古山君のこと 元気づけたくて…。もともとそんなに元気じゃねえけど 今の君は君じゃない。君と音楽の間に何があったのか分かんねけど 好きんだろ? 音楽。

落合:お友達からもお願いされた。

鈴木:国際作曲コンクール 応募してみたら?

昌子:いつまでも ウジウジしてたら あの志津っていう いけすかねえ女の思うつぼだよ。

落合:おっ 笑ったぞ! 1年ぶりに笑った!

鈴木:アハハ よかった! 心配したんだぞ 本当に!

松坂:あっ 昌子さん 泣いてる。

昌子:だって だって…。

落合:ほれ。古山君。古山君の仕事は俺たちがやっから 挑戦してみ?

鈴木:古山君ならできる!

昌子:いがった…本当に…。

落合:古山君 女性の涙 高えど。

鈴木:ほら でも昌子さんのだから。

落合:あっ そうだな。アハハ 失敬 失敬。

昌子:失敬って何ですか?

落合:あ~いや 別に あの…。

●川俣銀行・裕一の部屋

こうして裕一は 再び作曲することにしたのです。

(秒針の音)

<<(犬の遠吠え)

裕一:きれいだ~。

音楽から離れたブランクは長すぎました。

●御手洗の声楽教室

(歌声)

一方 豊橋に住む音は歌手になる夢をかなえるため 海外から帰国した歌の先生を訪ねていました。

(拍手)

御手洗:マーベラス! ファンタスティック!あなたね 見込みがあるわ。私の教室に通いなさい。一流の歌い手にしてあげる。

音:先生!

御手洗:「先生」はやめて。堅苦しいのは嫌いなの。私とあなたはフレンズよ。

音:御手洗さあ…。

御手洗:シャラップ! 敬語は使いなさいよ。

音:さっき フレンズだって…。

御手洗:「親しき中にも礼儀あり」よ。

音:呼び方は先生が決めて…。

御手洗:だから「先生」はやめて!

音:そんなに? 何か昔 あったんですか?

御手洗:あったの… ただ 長くなるから おいおいね。そうね…ミュージックティーチャーと呼びなさい。

音:ミュージックティーチャー?

御手洗:違う。こう「ティー」分かる? ティ…。

音:ティ…。

御手洗:ティ…。

音:ティ…。

御手洗:ティ…。

音:ティ…。

御手洗:ティ…。そう! あなた センスいいわ。将来 楽しみ。

音:あの 先生…。

御手洗:だから「先生」はやめなさいって!

音:ミュージックティーチャー。時間もったいないんで お稽古お願いします。

御手洗:そうね。取り乱して恥ずかしいわ。ではまず今日は 歌いだしのレッスンよ。

音:はい!

●関内家

音:ただいま~。

そんなある日のこと…。

吟:音 遅いじゃん! こっち来て。ほら早く。

音:何?

吟:はいはい…はい 座って。お願い。見合いして!

音:これと!?

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

朝ドラ「エール」ネタバレあらすじを最終回まで。キャスト一覧も。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント