「エール」(19話4月23日)数え切れない手紙を交わす福島の裕一と豊橋の音

朝ドラ

朝ドラ「エール」第19話、養子か留学かという問題よりも、音との文通に夢中になり、数え切れないほどの手紙を交わす裕一。

まさ曰く「とぼけてるっていうか…大物っていうか…」。

ミュージックティーチャー御手洗に「あなたも行ったらいいじゃない」とそそのかされた音に対して、光子は「裕一さんはちゃんと賞を取って学校への入学許可ももらって しかもお金までもらって行くの」。

いや待って。まだ会ったこともない裕一のことを“裕一さん”と呼ぶのは変。古山さんと呼ぶのが普通だと思うのですが、光子さんも少し変わった人だから、まあいいかと水に流してまた明日です。

エール(19話4月23日)セリフ

●豊橋・御手洗の音楽教室

(音の歌声)

御手洗:ストップ イット! もう どうしたの?

音:手紙が…来ないんです。

御手洗:あれはファンレターよ。あなたにとっては大切な1通でも 彼にとっては ありんこの中の一匹。宇宙の瞬く無数の星の中の星屑。いや 数の子の中の一粒くらい…。

音:先生 もういいです。

御手洗:ミュージック ティーチャーね。

音:また書こうかな。

御手洗:いいけど…期待しちゃ駄目よ。彼は未来のインターナショナル コンポーザーよ。今のあなたとはクラスが違うわ。

音:先生って はっきり言うから…好き。

御手洗:ありがとう。私はミュージック ティー…。

●関内馬具店

音:手伝うよ。

岩城:ああ。

昔は作業場に入ることを叱っていた岩城も 最近は人手が足りず 音に手伝ってもらうようになっていました。

音:ねえ 岩城さん。

岩城:うん?

音:岩城さんは 何で結婚せんかったの?

岩城:女には興味ないで。

音:そう? そうかな?

岩城:うん?

音:お母さんのこと どう思っとんの?

岩城:別に何も。

音:ふ~ん。まあ いいけど。

岩城:お嬢は結婚せえへんのかん?

音:うん。歌手になるから。

岩城:残念だのん。

音:えっ?

岩城:お嬢は筋がいい。安隆さんの腕を継いどる。

音:昔は作業場入っただけでも怒っとったのに。

岩城:ハハ… まあ そんな時代じゃないらあ。腕がありゃあ 女 子どもはないて。

音:へえ~ ちょっと見直したわ。

吟:音! 来たわよ!

●関内家・子ども部屋

裕一の手紙:「お手紙ありがとうございました。たくさんの手紙の中で音さんの言葉が特別に私の心に響きました。「竹取物語」という共通点 音という名前 そして何より あなたが歌手を目指しているということに興味を引かれました。あなたの好きな詩と音域を教えて頂けたら あなたのために曲を作りたいと望んでいます」。

音:やった~! やった やった やった やった! すごい!

梅:うるさいわ~!

音:見て見て 私のために曲作ってくれるって。

梅:えっ?

吟:正直 絶対返信ないと思っとった。行動してみるもんね。

音:やって後悔するより やってしまえよ!

吟:痛い!

音:「やらんで後悔するよりやって後悔する方がマシ」だと思うけど。

音:う~…曲 楽しみ! 詩 何にしよう? ねっ 何がいい?

梅:えっ? これ どう?

音:うん!

●川俣銀行・職場

裕一:「君を思えば はるかなり 浪のかなたを はるかなり たよりをよめど かすかにて 涙のうちに はるかなり」。すてきな詩だな~。

茂兵衛:留学なんぞ 絶対に許さんからな。

裕一:えっ?

茂兵衛:もう待てん! すぐにでも養子縁組みの手はずを整える。以後 父親は私だ。三郎ではない。

裕一:りゅ…留学に…ハン 反対ですか?

茂兵衛:当然だ! お前は権藤家の跡取りだ。音楽家にするために養子にするんでねえ!

裕一:はい…。

●川俣の居酒屋

三郎:すまねえ…取りつく島がねがった。

裕一:いいよ。大丈夫。期待してなかったから。

(ため息)

裕一:茂兵衛伯父さんが反対すんのも当然だよ。

三郎:おめえ やけに冷静じゃねえか? 何か変だ…もっと怒っとか 茂兵衛の悪口言うとか 俺に当たっとかあってもいいんじゃねえか? これは おめえにとって人生最大の好機なんだぞ。

裕一:分がってっけど 実は…。

三郎:何だ?

裕一:い…いい。

三郎:何だ? 言えよ。

●川俣銀行・裕一の部屋

裕一:すてきだろ? 

三郎:もうちっと マシな紙で書いできてもよさそうだけどな。

裕一:あ~違うよ! これこそが すばらしいんだよ! 常識にとらわれない感性。ファンレターの中で彼女だけが僕の音楽に興味持ってくれたんだ。見て ここ…ほら。

三郎:おめえ…恋してんのか? 会ったこともねえ 手紙だけの女に。

●呉服屋「喜多一」居間

浩二:何でコンクールなんかに勝手に応募しちゃうわけ?

まさ:すごいことでしょ。世界に2位よ。

浩二:はあ…留学したら 喜多一潰れんだよ? 家族ぐちゃぐちゃだよ? 分がってんのかな? あいつ。

まさ:兄さんのこと そんな悪く言うもんじゃないわ。

浩二:はあ…。母さんの意見 聞かせてよ。

まさ:私にも何がいいのか 何が家族にとって最善策なのか 分かんないの。

浩二:そんなの決まっているよ。留学やめたらいいんだ。

まさ:そうかしら?

浩二:母さんも…賛成なの?

(回想)

三郎:東北で2台目ですよ。うん?

三郎:天下の喜多一が借金しろっつうのか!?

大河原:いやいや…だって 貸してくれっとこがあっかどうかも…。

三郎:お願えします! このとおりだ。

大河原:旦那さん ご決断を!

三郎:ほら持ってけ ジャンジャン! おい 落とすなよ! 危なねえ… 早く運べ! よし…ゆっくり置け。

三郎:京都の呉服 一手に引き受ける! 東北全部が商売相手だ!

及川:大変です…とんずらしたって!

大河原:えっ!?

及川:百貨店の呉服売り場の人が言ってました。

三郎:あんたしか喜多一を助けらんねえ! このとおりです!

茂兵衛:どっちかを養子に出せ。融資の条件はそれだけだ。

大河原:風邪ひかねえようにね。

(回想閉じ)

三郎:一度…一度 金のために魂 売っちまったら もう取り戻せねえんだな。あいづに…茂兵衛兄さんに何も言えねがった。

まさ:裕一は?

三郎:冷静だった。それに あいづ…こんな時に文通相手に恋してやがる。

まさ:とぼけてるっていうか…大物っていうか…。

三郎:あ~行かせてやりてえ~!

●関内家・子ども部屋

音:ありえんって! 信じられる? この親。

吟:うん? 複雑な事情って何だろう。

音:どんな事情があっても こんな機会逃すなんて考えられん。

吟:んっ!

音:フフッ。

吟:ふ~ん。まあまあ男前じゃん。

音:あたしは美醜なんて気にしない。

吟:あなたの写真が欲しいって書いてあるわよ。

音:そう。それがちょっと不安。

梅:美醜 気にしとるじゃん。

音:裕一さんが気にするかもしれんじゃん。

梅:そんなら その程度の人よ。

音:そうだよね…そうだ。

それから2人は数え切れないほど手紙を交わしました。好きな音楽のこと 家族や友人 将来の夢 不安。何でも手紙につづりました。音楽の夢をひたむきに追う音に感化され 裕一の音楽留学への思いが再び膨らんできました。

●豊橋・御手洗の音楽教室

音:♪「はるかなり」

御手洗:まあ~ロマンチック!「いかに2人の間が離れていても心は結ばれています。将来 日本楽壇…否 世界楽壇のトップを進む楽人になりしょう」。「今後 作曲する全てをあなたにささげます。古山裕一」。

(涙を流す御手洗)

御手洗:ありがとう。やっぱりファンタスティックな音楽を創造できる人は文章もハートもビューティフル。あなた いい人と出会ったわ。

音:ただ 留学を反対されているらしくて。

御手洗:ホワッツ!? ありえない! 

音:でも留学したら したで最低5年は学ばんといかんらしくて。

御手洗:はあ…いいわね。私もドイツに帰っちゃおうかしら。もう日本は堅苦しいわ。

音:5年…。

御手洗:だったら あなたも行ったらいいじゃない。

●関内家・廊下

光子:いくらかかるか分かっとんの?

音:イギリスまでの船賃が450円。

今のお金で130万円くらいです。

光子:裕一さんはちゃんと賞を取って学校への入学許可ももらって しかもお金までもらって行くの。あんた…今行っても な~んも学べんわよ。

梅:運命 信じとるの? 幸せな人だわ。私は自分の力しか信じない。

●呉服屋「喜多一」

三郎:ええ~っ!?

そんな中 想像だにしない知らせが届いたのです。

三郎:ええ~っ!?

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

朝ドラ「エール」ネタバレあらすじを最終回まで。キャスト一覧も。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント

  1. わたるさん より:

    1999年の朝ドラ「すずらん」が映画になったように、裕一・音の少年少女期と裕一と音の文通エピソードのみに絞った映画を作って欲しいですね。