「エール」(21話4月27日)福島から愛知・豊橋の関口家にやってきた裕一

朝ドラ

朝ドラ「エール」第21話、福島から豊橋の関口家にやってきた裕一。文通相手の女性の家を訪ねるという大胆な行動に光子曰く「やはり ただもんじゃないわね」。

そして、深入りは禁物だと光子から釘を刺される音だったが、裕一と一緒に過ごすことで…。

という展開で、豊橋の海岸のシーンは朝ドラ史に残る壮大かつ美しい映像でした。不覚にも二日酔いで朝放送を見逃し、昼の再放送でようやくこの名場面を目の当たりにし、明日から気をつけようと反省の4月27日です。

エール(21話4月27日)セリフ

●川俣の洋食屋

落合:来たよ 来たよ 手紙!

音からの手紙「私とあなたは今 立っている位置が違います。どうか私のことは忘れ 作曲にいそしんで下さい。さようなら 音」。

裕一:彼女に会いに行きます!

昌子:へっ!? 振られたのよ。完全に振られてるわよ。

裕一:分かってます! 分かったけど…このままじゃ駄目なんです。僕は前に進めない。答えを探しに…会いに行きます!

藤堂:まだ 文通…だけですよね?

昌子:のぼせ上がってんです。

●関内家・居間

音:背にが東京帝国音楽学校に推薦状 書いてくれるって。

光子:試験は?

音:実技があるけど 君ならオーケーだって。

吟:お母さん 私は? どうしたらいい?

音:お姉ちゃんって いっつも人頼りだよね。

吟:何ぃ? 私はあんたが気落ちしとるの心配して一緒に東京行くのよ。

音:よく言うよ。私は平気。

吟:うそばっかり。あんた まだ文通相手のこと諦めきれとらんでしょ。

音:そんなことない!

吟:ある。

音:行き遅れ! あ~! 

吟:ん~! んんっ! 

●関内家・玄関先

吟:<<やめて! 待ちんよ!

音:ガハハハハ! アジフライ 取ったり~!

吟:私の大好物! 行かん 音! あっ!

裕一:お お… 音さん…。

音:裕一さん?

●関内家・居間

光子:音の母の光子です。こっちが姉の吟。さっき 奥に下がったのが妹の梅です。今日は何の用事でこちらに? おいで下さるなら事前にお知らせ頂かないと困りますよ。

裕一:そうですよね。ほ…本当にすいません。音さんから別れの手紙が届きまして あの…ど…どうしても会いたくなって衝動が抑えられずに今 ここにいます。

光子:はい…。

裕一:ここにしばらく置いて頂けませんか?

光子:えっ!?

●関内家・階段下

光子:ご近所の手前 親戚の子が遊びに来とるってことにしましょう。

音:ありがとう。

光子:家出するって…よっぽど思い詰めてたのね。

音:うん…。

光子:うれしいんでしょう?

音:うん?

光子:正直に言いんよ。うれしいよね? そりゃあ うれしいよね。福島から豊橋まで後先考えんで会いに来る未来の天才作曲家。だけど いい? 深入りは禁物よ。あの人は留学するの。しかも長いんでしょう?

音:最低5年だって。

光子:待つ人生 あなた 歩める? 性に合ってる? しばらくはいいけど… 分かっとるよね? 変な期待させちゃ かわいそうよ。いい?

●関内家・物置部屋

(ノック)

音:<裕一さん いい?

裕一:あっ…はい はい!

音:大丈夫。すぐ行きますから。

裕一:あ…あの…本当に…いきなり会いに来てすいませんでした。

音:こちらこそ お返事も書かずに…ごめんなさい。

裕一:よ…読んでなかったですか? そっか…。

音:最後に書いた手紙は 私の本心なんです。どうか私のことなんて忘れて下さい。

裕一:あ…あの…あの…。あっ。あの…。初めて さっき あなたに会ってから浮かんだメロディーです。全然書けなかったですけど…お…音さんに会ってからとめどなく あふれてきます。手紙にも書きましたが あなたは僕の音楽のミューズ。あっ…女神様です。どうか…ひとときだけでもいいので一緒にいさせて下さい。お…お願いします。お願いします。

音:明日 豊橋をご案内します。

裕一:は…はい! おっ お休みなさい…。

音:<お休みなさい。

(階段を下りる音)

●呉服屋「喜多一」玄関

(戸を叩く音)

三郎:おっ?

(戸を叩く音)

大河原:おい 開けろ 開けろ。

桑田:はい ただいま。よいしょ…。

大河原:今 開けますよ。

茂兵衛:裕一! 裕一はどこじゃ!?

●関内家・居間

吟:赤ちゃんのように気持ちよさそうに寝とるわ。

光子:この状況で…やはり ただもんじゃないわね。

音:私 起こしてくる。

光子:そのままでいい。きっと 福島のご実家は大騒動よ。

●呉服屋「喜多一」玄関

茂兵衛:どこにいるのか 教えろ。

三郎:知らねえ。あいづ 何考えてんだ…。

茂兵衛:おおかた 一人でイギリス行くのが怖くなって逃げたとこだろう。親が親なら子も子だ。

三郎:やかましい!

茂兵衛:あ~!

三郎:あっ いてっ! いててて…。あっ! あそこだ! 

浩二:親父!

三郎:えっ?

浩二:横浜の坂梨さん もう来るよ。

三郎:それどころじゃねえ!任せる!

●関内馬具店

(戸を開ける音)

裕一:あっ…お…音さん すいません あの…寝過ごしてしまいました。

音:おはよう。岩城さん いい?

岩城:ああ…まあ あとは一人で十分だ。

音:はい。

裕一:あっ 失礼します。

●吉田城(豊橋公園)

裕一:馬具ってかっこいいね。

音:豊橋は昔から城下町で今も陸軍の施設がたくさんあるの。町と軍は切っても切れんの。
裕一:嫌なの?

音:うちで作った馬具って全部 軍用のもんなの。仕事手伝っとる時に ふと思っちゃうんだ。これ 人を殺めるために使われるんだって。まあ それで生活しとるから偉そうなことは言えんけど。

裕一:軍人さんの命 守ってんのも馬具ですよ。すばらしい馬具なら馬にも負担かけないし。

音:ありがとう。

裕一:何がですか? おおっ 城壁だ。うわっ 気付かねがった!

音は思い出の地を案内しました。ここは子どもの頃 かぐや姫に選ばれず落ち込んでいた時に お父さんに励まされた場所でした。
●豊橋市内の教会

音:ここで ちっちゃい頃 双浦環さんの歌を聴いたの。

教会は 歌手を目指すきっかけになった場所でした。

音:それがきっかけで 私も歌いたいって思ったんだ。裕一は双浦環さん 知っとる?

回想・裕一:きれいだ~。

裕一:…いや 知らない。

音:ふ~ん。

●豊橋市内の団子屋

音:はい。

裕一:うん? えっ…何これ?

音:安隆スペシャル。お父さんがよく食べとったの。

裕一:わあ…ぜいたくだね!

2人:頂きます。

おいしいおだんごも頂きました。お父さんが大好きだったお店でした。

音:おいしい?

裕一:うん! おいしいです!

●豊橋の海岸

そして…海に来ました。

裕一:ねえ 聞こえる?

音:波の音。

裕一:音楽だよ。音楽が聞こえる。

音:お父さん 元気かな?

裕一:聞いてみっか。お父さ~ん! 元気ですか~?

(波の音)

裕一:元気だって。

音:歌手になるってお父さんと約束したの。

裕一:あっ じゃあ お父さんに詩 書いてよ。僕 曲作っから。

音:うん。

裕一:うん!

(鳥の鳴き声と波の音)

(波の音)

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

朝ドラ「エール」ネタバレあらすじを最終回まで。キャスト一覧も。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント