「エール」(29話5月7日)コロンブスレコードとの契約条件は1年で3500円

朝ドラ

朝ドラ「エール」第29話、日本作曲界の重鎮・小山田耕三の依頼で、裕一と雇用契約を交わすことを約束したコロンブスレコードの廿日市。

条件は1年で3500円。ひと月に2曲以上作曲すること。

それを伝えに福島に行った音だったが、まさから「お引き取り下さい!」と門前払い。その後、銀行の仕事を淡々とこなすようになった裕一の前に、また音の姿が。

本日の気付き●まさと対面した時と、教会で裕一に会った時の音ちゃんのネクタイの形が違うので、音ちゃんは短期間で福島を二度訪問したということになります。

それにしても裕一、煮え切らない…。華丸師匠の嘆きに激しく同意です。

エール(29話5月7日)セリフ

●川俣銀行・職場

落合:今日は喜ばしいお知らせがあります。とうとう鈴木君が結婚することになりました!

昌子:お~!

(拍手)

鈴木:ありがとうございます!

昌子:相手は? どんな人?

鈴木:実は…古山君を初めてダンスホールさ 連れてった時に最初に声をかけろと言った女性でして…。

回想・鈴木:あの辺にしよう。あのぐらいがちょうどいい。

裕一:あ~! 鈴木さんが「あのぐらいがちょうどいい」って言ってた…。

落合:古山君 古山君…。

鈴木:あっ…違う 違う! いい意味でいい意味でちょうどいいだから! あの…いい意味で愛してるって。

落合:失敗は誰にでもあるが 失敗から学ぶ人間は少ねえ。逃げんなよ 自分の心から。

●東京・コロンブスレコード

杉山:既に断った案件です。以上です。

音:よろしいんですか?ビクトリーレコードさんと契約しますよ。

あっ うそです。

音:イットウレコードさんもご興味を持たれています。

もちろん うそです。

音:しかしながら コロンブスレコードさんは 姉の見合いの席でご紹介された義理があるので わざわざ参った次第です。

杉山:少々…お待ち下さい。

廿日市:こちらから連絡させて頂こうと思っていた次第です。1年で3500円。ひとつきに2曲以上書いて頂くということでいかがでございましょう?

●東京・親戚の家の離れ

吟:3500円!? 今まで私が見合いした誰よりも高給取りじゃん。どうやって勝ち取ったの?

音:突然なの。訳が分からん。

吟:契約書は?

音:ある。

吟:騙されてとる心配は どこにもないわ。

音:裕一さん 喜ぶかな?

吟:当たり前じゃん! これ持って早く福島に行っといでん。「善は急げ」よ!

音:はい!

●福島「喜多一」

(戸をたたく音)

及川:はい。

音:おはようございます。関内音と申します。朝早くから申し訳ありません。一刻も早くお伝えしたいことがあり参りました。

大河原:あの~どちらさんで?

●福島「喜多一」客間

音:大手レコード会社が裕一さんと契約すると言っています。ここに契約書もあります。裕一さん 音楽を続けられるんです。裕一さんに音楽を捨てさせないで下さい。お願いします。もし…私がお気に召さないなら身を引きます。それでもどうか…それでも裕一さんに音楽を捨ててほしくないんです。お願いします。

まさ:頭を上げて。私は裕一の母です。厳しい世界であの子が傷つく姿をもう…見たくない。

音:諦めた今が一番傷ついています。

まさ:それでも…やめれば これで終わります。音楽がそばにある限り 裕一の心は傷つき続けます。もう…傷つく裕一を見たくないんです! 分かってくれる? あなたも子どもを持てば分かってくれる。成功を求めて傷つくより身の丈に合った幸せをつかんでほしいの。

音:彼の身の丈は 世界にとどろく音楽家です。

まさ:ありがとう。うれしいわ。でもね…選ばれる人って…導かれていくものだと思うの。留学が決まった時 もしかしたら裕一もそういう人なのかもしれないって思ったわ。なのに…。こんなに大きな夢見せられて…世界が不況だからって留学を取り消されて…。裕一は傷つけられた。どうか…お引き取り下さい!

●川俣銀行・職場

鈴木:ああ…頂きます。うん! 

三郎:ハァ… あっ あっ…!

鈴木:どうしました?

三郎:裕一は!?

鈴木:茂兵衛さんが連れていきましたけど。

三郎:どこに!?

●川俣銀行・小島医院

茂兵衛:もう10年になる。何度か危ない時があったが持ちこたえた。

裕一:どうして 僕をここに?

茂兵衛:お母さんになる人だろう。

裕一:そ…そうですね。

茂兵衛:今 目 動いたか?

裕一:いや… 気付きませんでした。

茂兵衛:いや 動いた! 裕一 手 握ってやってくれ。

裕一:あっ…ゆ…裕一です。

茂兵衛:ほら。

裕一:ああ…ありがとうございます。

茂兵衛:舶来品だ! 返せよ。

裕一:伯父さんは?

茂兵衛:先生に 話 聞いてくる。帰りは車呼ぶから心配ねえ。

裕一:それじゃあ。

茂兵衛:フフッ。

●川俣銀行

三郎:おっ!

裕一:何?

三郎:音さんが来た。母さんと話してる。

裕一:そう。僕には関係ない。

三郎:そんなわけねえだろ! 音さん おめえのために来たんだ。すぐ帰るぞ。

裕一:父さん…もうお願いだから来ないでほしい。もう…ほっといて。僕は権藤裕一になる。

●川俣銀行・職場

裕一は淡々と銀行の仕事をこなすようになっていました。

●福島日民新聞・編集部

編集長:おい テツ。あの天才の留学 世界恐慌の影響で取り消しになったらしいぞ。

鉄男:えっ?

●川俣銀行

落合:村野さん。

鉄男:あいつは?

落合:恐らく 教会でしょう。

鉄男:あいつは大丈夫ですか?

●川俣・教会

司祭:今日は弾かないんですか?

裕一:もう やめようと思ってて。

司祭:お客様が来てます。許可をもらってから会いたいと。

裕一:誰ですか?

司祭:関内音さんと申されてました。

音:ごめん また来て。

裕一:ううん…どうしたの?

音:怒っとる?

裕一:ううん…何も。何?

音:私 レコード会社を回ったの。裕一さんを作曲家として雇ってもらえないかって。

裕一:いや…こんな田舎の音楽学校も出てないやつ 誰も相手にしないよ。

音:コロンブスレコードが契約してくれるって。裕一さん 認められたんだよ!音楽作れるんだよ!もう一回挑戦しよう! 裕一さんならやれる…きっとやれる!

裕一:ありがとう。

音:じゃあ…。

裕一:それだけで…。

音:これ断ったら終わっちゃうよ。本当に終わっちゃうんだよ。いいの? 裕一さん!

裕一:音さんは…音さんの人生 歩んで下さい。

鉄男:おめえ 何言ってんだ!?

音:誰?

裕一:小学校からの知り合い。昔 よく いじめられてた。

鉄男:おい! おめえ どうした? 何でそんなにひねくれてんだ! せっかくこの人が見つけてくれた契約 何で断んだ? 東京に行け…なっ? 俺も行く! 作詞する! お前は曲作る! なっ?

裕一:何で…? 何で? 何で みんな…みんな 僕のこと ほっといてくれないんだ。

音:救われたからよ! 励まされたからよ! 元気をくれたからよ! みんな あなたに幸せになってもらいたいの。自分の人生を歩んでほしいの!

●川俣銀行・裕一の部屋

裕一:自分の人生…。自分の人生… 自分の人生…。家族の幸せ…家族の幸せ 家族の幸せ…。

(雷鳴)

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

朝ドラ「エール」ネタバレあらすじを最終回まで。キャスト一覧も。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント