「エール」(4話4月2日)川俣の教会で音と運命の出会いをする裕一

朝ドラ

朝ドラ「エール」第4話、裕一は小学5年生になり、音楽教育に力を入れる藤堂先生が担任に。ある日、藤堂先生が北原白秋の詩に曲をつける宿題を出した。

裕一は母・まさと、川俣にある母の実家を訪ねた。祖父の権藤源蔵と祖母の八重、伯父の茂兵衛が出迎えるが、すぐに映画に行く裕一とまさ。

その帰り際、教会で歌う関内音と運命の出会いをする裕一。

その夜、茂兵衛が「息子が2人だ。どちらがを養子に出せ。いいな? 絹子は産めん。後継ぎが必要だ。権藤家の人間なら分かってるだろ?

まさに「ムービングサーズディ」ということで、内容てんこ盛りの本日の「エール」。まず権藤源蔵さん役の森山周一郎さん、ご存命でした。

昭和9年(1934)生まれの85歳、すばらしいです&コロナに注意してほしいものです。

そして、関内音役の清水香帆(しみず かほ)ちゃん、平成20年(2008)生まれの12歳。二階堂ふみちゃんそっくりで日本中が驚く朝であります。

エール(4話4月2日)セリフ

春になりました。福島の山も雪が解け 草花が芽吹きます。学校も新学期が始まりました。学校では ほぼ憂鬱な顔の裕一も今日は笑顔。なぜなら…。クラス替えで藤堂先生が担任になりました。グッドニュースです!

お金持ちの久志君もクラスメート。それはどうでもいいみたい。あれ? あれあれ? バッドニュースです。太郎君も史郎君もクラスメート…はあ~。こんな感じで裕一の5年生は始まりました。

●福島信夫小学校・教室

♪「かなりや」

大正7年 児童文学雑誌「赤い鳥」が鈴木三重吉によって発刊されました。創刊号には芥川龍之介 泉鏡花 北原白秋 高浜虚子らの名が連なり その後 菊地寛 西條八十 谷崎潤一郎 三木露風ら そうそうたる面々が作品を寄稿します。「赤い鳥」に掲載された歌は童謡と呼ばれ 一大ブームを巻き起こしました。

藤堂:北原白秋の詩だ。みんな この詩に曲をつけてみよう。

藤堂先生は ことに音楽教育に情熱を傾けていました。

藤堂:どうした? みんな。

太郎:曲つけるなんて 無理だべ。

藤堂:太郎君だって 鼻歌 歌ったことあるだろう?

太郎:うん。

♪~(鼻歌)

(笑い声)

藤堂:浮かばなければハーモニカでも ここのオルガンを使ってもいい。とにかく 音を出して曲をつけてみろ。楽しいぞ。

●川べり

久志:どうする? その宿題。

裕一:うわっ! き…き き…曲作るなんて で…できないよね。ハーモニカだって まだ習いたてだし。

久志:簡単だよ。うち ピアノあるから。君の家だって 蓄音機あるじゃない。何 聴いてるの?

裕一:ろ…浪曲とか民謡が多いよ。たまに西洋音楽。

久志:へえ~ お父さん かっこいいね。

裕一:そうかな?

久志:君も聴いてるんだろ? 特に西洋音楽 聴いているなら作曲は簡単だ。やってみたらいい。

裕一:で…でも…。

久志:できるよ きっと。

裕一:ありがとう! い…いや… あの… と… 父ちゃんのこと 褒めでくれて。

●呉服屋「喜多一」

裕一:ただいま。

及川:お帰んなさい。

三郎:おっ 待ってた!新しいの 手に入れたぞ。ほれ。

裕一:やった!

三郎:ハハハ!

裕一:お店はいいの?

三郎:客 少ねえ。 あいつらだけで十分だ。

裕一:と…父ちゃんは 曲 作ったこと あっか?

三郎:うん? おお…こんな感じか? ♪「ながるるみづは いっしんに ひかりみながり」

裕一:ううん いいわ。曲かけて。

三郎:あっ ああ。

まさ:裕一。

裕一:何?

まさ:明日の休み 母さんと一緒に川俣行かない?

裕一:やった! お父さんは?

三郎:俺は浩二と留守番だ。2人で行ってこ。

川俣は福島市から鉄道で約1時間。お母さんの実家があるところです。当時 川俣の絹織物はその品質の高さから京都や横浜はもとより ヨーロッパやアメリカからも買い付けに来る人がいるほどでした。

大道芸人:よっ ほっほっほ…。よ~うっ はい~!

(拍手)

●権藤家

女中:おいでなさいませ。

まさ:ありがとう。

八重:あ~フフフフ…。

源蔵:お~ よく来た。うん。

八重:おいしいもの い~っぱい用意してっかんね~。

大好きなおじいちゃんおばあちゃんに会えて うれしい裕一でしたが… この人だけは苦手です。

まさ:裕一 映画行こうか?

裕一:うん!

八重:フフフ…。

●映画館

(笑い声)

●川俣の大通り

裕一:今日はきれいだね。

まさ:えっ?「今日は」って どういうこと? うん? ありがとう。

(太鼓の音)

飴売り:♪「べっこうあめ べっこうあめ」

まさ:1つ下さい。

飴売り:はい。どれがいい?

まさ:はい。

飴売り:ありがとうございます。

まさの友人:あら まささん! 久しぶり! 帰ってきてたの?

まさ:いつ以来?

まさの友人:あれよ おととしのお祭り。

まさ:あ~あん時ね。

♪「いくつしみ ふかき ともなるイエスは」

●川俣の教会

聖歌隊:♪「われらの よわきを 知りて あわれむ」「なやみ かなしみに しずめる ときも」

運命の出会いでした。

聖歌隊:♪「いたわり たまわん」

(拍手)

(鐘の音)

(拍手)

●川俣の大通り

まさ:裕一! どこ行ってたの? 捜したんだよ。心臓 痛いの?

裕一:川俣 いい! すんごくいい!

●権藤家

裕一:起き上がったと思ったら またぶつかって すぐ転んじまうの。

(笑い声)

茂兵衛:息子が2人だ。どちらがを養子に出せ。いいな? 三郎君には言ってあんだろうな? 

まさ:お義姉さんの具合は?

茂兵衛:絹子は産めん。後継ぎが必要だ。権藤家の人間なら 分かってるだろ?

(翌朝)

源蔵:また すぐ来んだぞ。

八重:元気でね。風邪ひがないようにね。

裕一:うん!

まさ:じゃあ。

源蔵:はい。

八重:うん。

裕一:あっ…伯父さんも また。

源蔵:進んだか?

茂兵衛:ええ まあ。

源蔵:無理なら 絹子を捨てて再婚しろ。いいな?

●呉服屋「喜多一」縁側

裕一:ただいま! お土産買ってきたよ。

浩二:うわ~! やった~!

三郎:おっ お帰り。

裕一:父ちゃん 川俣 すごかったよ! 教会で…。

三郎:そんな話は後だ。これ見ろ。

裕一:うわ~…すげえ!

●呉服屋「喜多一」裕一の部屋

(小山田耕三著作の「作曲入門」を読む裕一)

まさ:もう かれこれ4~5時間ですよ。

三郎:でも まだ何も書いてねえぞ。

回想藤堂:浮かばなければハーモニカでも ここのオルガンを使ってもいい。とにかく 音を出して曲をつけてみろ。楽しいぞ。

裕一:よし!

●福島信夫小学校・教室

(オルガンの音)

回想♪「なぐさめ たまわん」

裕一:出来た!

藤堂:古山? これは…。

♪「ながるるみづは いっしんに」「ひかりみなぎり をどりゆく」

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

朝ドラ「エール」ネタバレあらすじを最終回まで。キャスト一覧も。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント