エール(56話6月15日)父、帰る前編「音の歌が大好きだ。また歌いんよ」

朝ドラ

朝ドラ「エール」第56話、「父、帰る前編」ということで、亡き安隆があの世でジャンボ宝くじに当選。一泊二日地上に帰る権利を得て、最初は吟の家を訪ねるが吟はキャ~と逃げてしまい傷心気味(?)で古山家にやってきた安隆。

安隆の姿は親族にしか見えないとのことで、裕一は安隆の存在に気付かない設定。でも結婚したんだから親族でしょ?と裕一にほんの少し同情。

かくして、音に夢を諦めるなと言い残し、明日は豊橋の関内家へ。密かに光子に思いを寄せる岩城に何を伝える安隆?と書いて、また明日。

エール(56話6月15日)セリフ

●あの世

あの世では、年に二回 今でいうジャンボ宝くじがある 一等はもちろんお金ではない 一泊二日地上に帰る権利である

閻魔:条件はそれじゃ。

ということで 今週は特別企画! とっぴな設定や裕一と音が出ない回もございますがいつもと違う「エール」をお楽しみください。

安隆:「一つ おやつは20銭とする」? えっ?

閻魔:お小遣いじゃ。持っていけ。

安隆:ああ…食べるなんて久しぶりだわ。何食べようかな~?

閻魔:浮かれんなよ。最後に注意事じゃ。地上に行くのうれしいことじゃろう?

安隆:ここも快適ですけどね。いつも23度で。

閻魔:まっ とはいえじゃ… 望郷の思いは何物にも代えられん。うん。

(腰を痛める音)

閻魔:あっ…。地上には わしの力も及ばんでな。この棒を折ることでここに帰ってこれる。
安隆:折らんとそのまま…。

閻魔:ああ! 誰にも姿を気付かれぬ さまよう魂となる。これは…地獄よりつらいことじゃ。では…。行ってらっしゃ~い。

●古山家・寝室

音:♪「ぼうやは良い子だ」

安隆:女の子か~フフフ。

音:ハハハハ…。

音:♪「ぼうやは良い子だ」

音と安隆:♪「ねんねしな」

音:ギャ~!

安隆:アハハ…。

音:えっ…お お…お父さん!?

安隆:久しぶり。おめでとう。

音:えっ?

安隆:いや だから 子ども。俺にとっても初孫だのん。

音:あっ ありがとうございます。

安隆:フフフ。

音:あっ…とりあえず 居間に行っとって。寝かしつけるから。

安隆:居間?

音:うん。あっ…そこ。

安隆:あっ うん。

音:うん。え~?

●古山家・居間

音:痛っ…。現実だわ。

安隆:よっ! ハハハ…驚いたらあ?

音:そりゃ 驚くよ。

安隆:俺の姿 親族にしか見えとらんだわ。

音:ほ~う。

安隆:一泊二日 この世に戻ってこれることになったで会いに来た。迷惑だったか?

音:えっ?

安隆:いや…もっと感動的な再会っちゅうか 何か…。「お父さん…!」みたいな期待もあったから。

音:無理でしょう。そんな恰好で来られても。

安隆:あっ…そうだよな。

(笑い声)

安隆:しかし 10年ぶりか~。大きくなったな~フフッ。いや~立派な家だのん。これ 家賃 結構するんだろう?

音:思い切って買ったの。

安隆:えっ!? 旦那さん 甲斐性あるな~!

音:あるっちゃあるし…まあ ないとも言えるけど。

安隆:へえ~庭もあるし…そっちの部屋は?

音:裕一さんの…私の旦那さんの仕事場。見る?

安隆:おう!

●古山家・書斎

音:フフフ。

安隆:おお~! ハハハ。

音:作曲家なの。まだ1曲しかヒット曲ないけど。

安隆:へえ~すごいな~。いい人見つけたな~!

音:うん。あっ お父さん お茶飲む? コーヒーがいい?

安隆:あ~お茶がいい。

音:うん。

安隆:あっ そうだ! 悪いけど これで おだんご買ってきてくれんか? フフフ。あっ どうした? フフッ 急にどうしただ?

●古山家・玄関

音:行ってきます。

安隆:悪いな。

音:帰ってくるまで あの世に行かんでよ。

安隆:音は相変わらず面白な。

音:フフフ。

●古山家・書斎

安隆:あ~フフッ。生まれてきてくれて ありがとう。俺がおじいちゃんの安隆だ。覚えていてくれよ~。遊びたかったな~。ごめんな。うん…ごめんな。

華:あ~。

安隆:うん ごめんごめん。フフフ。

華:あ~。

安隆:うん ごめんな。

音:ただいま~。

華:う~う~。

安隆:おっ…ああ。

音:買ってきたよ。

安隆:あっ ありがとう。

●古山家・居間

安隆:うん! これこれ! うん! うん…ハハッ。この世の食いもんは うまいのん。

音:あの世では何 食べとるの?

安隆:あの世のことは閻魔様に言っちゃいかんって言われとるんだわ。

音:ふ~ん。あの世って怖い? 閻魔様は?

安隆:怖くないよ。閻魔様っつったって ただのジジイだし。

(閻魔様のくしゃみ)

音:よかった。

安隆:どうして?

音:うん? 釜ゆで地獄とか 舌抜き取られるとか心配した。

安隆:フッ…俺 そんな悪いことしとらんよ。ハハハ。

音:お父さん 優しかったもんね。

安隆:うん…実は…助けた子 見てきた。

回想・熊谷先生:お父さんが…亡くなられた。大阪で…事故に巻き込まれた。子どもを助けて電車にはねられたらしい。

安隆:駅員さんになっとった。

音:そっか…よかったね。

安隆:すまん。体が勝手に動いた。

(回想)

音:お父さんは何で あたしたちを残して 人の子を助けたの? あたしたちより その子のことが大切だったの?

光子:とっさの行動だったの。

(回想閉じ)

音:今は誇らしいよ!

安隆:フフッ…ありがとう。音。

音:うん?

安隆:歌手になる夢 諦めたんか?

<<(戸が開く音)

裕一:ただいま~!

音:裕一さんだ。あっ あっ あっ…。

安隆:いやいや大丈夫。彼には見えんから。

裕一:おなかすいた 音。お~おだんごだ! 珍しいね。あれ? 何で2つあんの? これ。誰か来てた?

音:い…。

裕一:うん?

音:あっ…おだんご買ったら おとうさんのこと思い出して 命日 もうすぐだし 何かお父さんにもって。

裕一:そっか…。音 ごめん。おなかすいたから これさ 食べていい?

音:ええっ!?

裕一:えっ? だ…駄目? 何で? だっ 余っ…。うん? 何?

音:どうぞ。

裕一:えっ いいの? 食べていいの? 本当?やった。頂きま~す。あ~生き返る~! うまいな これ うん。ねえ 豊橋って方向 どっちだっけ? こっち? こっちか?こっち? 

(せきばらい)

裕一:お義父さん いっつも見守ってくれて本当にありがとうございます。おかげさまで 子宝に恵まれて 音さんと幸せに暮らしております。お義父さん 音さんを産んでくれて本当にありがとうございます!心よりご冥福お祈りしております。

音:フフッ…ハハッ。

裕一:何で笑うの? 何よ?

音:アハハハ!

裕一:怖…怖いよ。何でそんな笑ってんの?

音:だって…アハハハハ!

裕一:いや おだんご頂いたからさ。お義父さん 本当にありがとうございました。

音:アハハハ!

裕一:これからも見守って下さい!お願いします。よし…よいしょ…はあ…。

音:あっ!

裕一:何? だって食べていい…。アハッ うまいな これ! アハハ! 着替えてくる。
安隆:ハハハ…。

●古山家・寝室

(泣き声)

音:う~ん 頑張れ~。フフッ。じゃあ よろしくね。

裕一:は~い。

●古山家・廊下

安隆:いい男だな~ 安心した。

●古山家・寝室

華:あっ。

裕一:あっ…。

●古山家・廊下

音:ありがとう。

安隆:よし…俺 そろそろ行くわ。

音:え~? う~ん…。

安隆:フフッ みつや梅にも会いたいし。

音:お姉ちゃんは?

安隆:音…吟は昔っから 思い込むと譲らんところがあるだろう?

音:うん。昔から…頑固だ。

安隆:お前だって…というか うちの女衆は全員頑固だが みつやお前や梅は 自分を貫く頑固さだ。でも吟は違う。吟は周りや人の目を気にして かたくなになることがある。

音:会ったの?

安隆:うん。

(回想)

吟:♪(鼻歌) あっ あっ あっ ああっ…キャ~!

(回想閉じ)

音:その恰好じゃあ しょうがないよ。

安隆:う~ん…少し旦那さんに合わせて無理をしとるように感じた。子育てで大変だろうが 気にかけてやってくれ。

音:うん。

●古山家・玄関

安隆:はあ…。

音:お母さんも梅も喜ぶね。

安隆:音。

音:うん?

安隆:元気でな。

音:フフッ…お父さんもね。

安隆:俺は音の歌が大好きだ。また絶対 歌いんよ。約束。

♪「暮れゆく 暮れゆく」

安隆:音…ごめんな。フフッ…。じゃあな。

♪「金色 落ち葉の道」「はるけき旅は いつかみた」

音:また…くじが当たりますように。

♪「こえたなら 会えるだろうか」

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

「エール」ネタバレあらすじとセリフを最終回まで!キャスト紹介も。

朝ドラ年表(更新中)年度別に歴代ドラマの主な出来事をまとめています

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント