エール(62話6月23日)大正八年、久志が藤堂先生から歌声を褒められる

朝ドラ

朝ドラ「エール」第62話は、大正八年の福島の回想から。父の再婚で新しくやってきた母・玲子(黒川芽以)になじめない久志は、生みの母・麻友(深澤しほ)を訪ねるが、すでに麻友は別の男の人(佐藤 誠)と再婚していて赤ちゃんまでいた。

居場所がない久志が学校で泣いていると、藤堂先生が深く理由を尋ねず、ただ久志の歌声を褒めるだけ。それが嬉しかった久志は「歌っていいな」と。

黒川芽以さん、2005年の「風のハルカ」以来の朝ドラ出演でした。

この投稿をInstagramで見る

明日。朝ドラ『エール』 出演します(^^)

mei_kurokawa(@mei_kurokawa)がシェアした投稿 –

エール(62話6月23日)セリフ

久志:昔々 あるところに 新しい家族になじめないでいる ちょっぴり大人びた少年がいました。

大正八年・福島

●福島・佐藤家

玲子:久志ちゃん これも食べてね。

弥一:新しい学校はどうだ? 慣れたか?

玲子:お友達はできた?

久志:玲子さんのご心配には及びません。

弥一:久志「お母さん」だろ?

玲子:いつでも連れてきていいのよ。おやつ たくさん用意しとくから。

久志:ごちそうさまでした。

玲子:もういいの?

久志:行ってきます。

これは久志がまだ裕一と出会っていない頃のお話です。

●福島・信夫小学校教室

♪「うさぎ追いし かの山」「小鮒つりし かの川」「夢はいまも」

藤堂:今度の学芸会では この歌を歌うからな。しっかり練習して お父さんとお母さんを驚かせよう。

児童たち:はい!

藤堂:はい。では さようなら。

児童たち:さようなら!

藤堂:は~い。佐藤 ちょっと。君の歌 すごくよかったよ。

久志:そうですか。

藤堂:今度の学芸会でちょっと独唱してみないか?

久志:えっ?

藤堂:この「夢はいまも」ってとこ…。あれ? 佐藤?

●福島・佐藤家・久志の部屋

3年前 久志の両親は離婚し 母は出ていきました。父が再婚したあとも 久志は母のことが忘れられずにいました。

麻友の手紙「久志 元気に過ごしていますか? 久志が読んでくれることを願い この手紙を書いています。どうか体だけは気を付けて 心優しいあなたのままでいて下さい。お父さんを支えて立派な跡取りになって下さい。母」。

<<幸代:失礼します。お帰りでしたか。

久志:そこ 置いておいて下さい。

幸代:早く おしまい下さいな。そっちではなく こっちです。

久志:返して!

幸代:旦那様に見つかったら面倒です。私の落ち度になりますから。

久志:僕宛ての手紙だろ。返して!

幸代:捨てられてもいいのですか?隠すならこちらの方が安全です。奥様がおやつで はんぺんを作ってらっしゃいます。着替えたら居間へお越し下さい。はんぺん お好きだったでしょ?

久志:要らない。好きじゃない。

幸代:では いいかげん ご自分でそうおっしゃいまし。

久志:お母さん どこにいるの?

幸代:さあ?

久志:この町にいるんでしょ!?

幸代:もう3年もたつのですよ。立派な跡取りに…。

久志:教えてよ!

生みの母 麻友は離婚を機に福島の実家へと戻っているようでした。母に会いたい。その一心で久志は歩き続けました。

●福島・山美町

久志:この辺りに住んでいると思うのですが ご存じですか?

男:あ~ この人ならあの家だ。

久志:えっ? ありがとうございます。

久志:すいません! すいません!

(戸が開く音)

住人:何か用かな?

久志:あ…あの こちらに住んでいる麻友という女性に会いに来たのですが…。

住人:あ~その方なら随分 前に引っ越しちまったな。

久志:えっ どこに?

住人:知らねえな。

麻友の手紙「久志は我慢強く頭のいい子です。自分の未来のため 佐藤家のため お父さんを支えて立派な跡取りになって下さい」。

久志:お母さん…? お母さん!

麻友:お待たせ。泣かなかった?

麻友の夫:あ~いい子だった。

麻友:あ~いい子だった~?

●福島・信夫小学校教室

(雷鳴)

(戸が開く音)

藤堂:佐藤? どうした?

久志:何でもありません。

藤堂:待った!

藤堂:やまないな…。

(はなをすする音)

藤堂:どうしたんだ?佐藤?

(はなをすする音)

久志:何もなかった。何かあるって思ったのに…何もなかった。

(はなをすする音)

藤堂:そうか。♪「うさぎ追いし かの山」佐藤も一緒に。♪「小鮒つりし かの川」ほら。
久志:♪「夢はいまも めぐりて」

2人:♪「忘れがたき故郷」

藤堂:やっぱり 君 いい声してるよ。よし こっち来て。もう一回 大きな声で。せ~の!

久志:♪「うさぎ追いし かの山」「小鮒つりし かの川」

●福島・佐藤家

久志:ただいま~。

玲子:久志ちゃん どこ行ってたの!? 早く入って。こんなに冷えて…風邪ひいちゃうじゃない。本当にもう~心配したんだから…。よかった。はあ…よかった。

久志:あの…。

玲子:何?

久志:はんぺん まだありますか? お母さん。

玲子:もちろん! お風呂沸いてるから ごはんの前にあったまっといで。

幸代:着替え お風呂場に出しておきますね。

久志:うん! あ~おなかすいた!

大正八年・福島の回想終わり

●おでん屋台

久志:あんな大きな声で歌ったのはあれが初めてだった。ぐちゃぐちゃになった気持ちがバ~ッと出て ス~ッて消えてさ。ああ 歌っていいな~って。

回想・藤堂先生:いいじゃないか!

久志:藤堂先生に感謝してる。

裕一:聴きたいな 僕も久志の「故郷」。

久志:いや タダじゃ嫌だな~。

裕一:じゃあ おつぎしますよ。

久志:フフッ。

鉄男:ほい。

裕一:おっ!

鉄男:ほい。

裕一:大将から? フフフ。

鉄男:はんぺん。

(拍手)

久志:♪「うさぎ追いし かの山」「小鮒つりし かの川」「夢はいまもめぐりて」「忘れがたき故郷」。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

「エール」ネタバレあらすじとセリフを最終回まで!キャスト紹介も。

朝ドラ年表(更新中)年度別に歴代ドラマの主な出来事をまとめています

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント