エール(64話6月25日)ココロンブス新人歌手最終オーデション開催。

朝ドラ

朝ドラ「エール」第64話、ココロンブス新人歌手最終オーデションが開催され、トップバッターは帝都ラジオ会長の息子・寅田熊次郎(坪根悠仁)で、歌うは「東京ラプソディー」。

その後、駅員の岡島 敦(徳永ゆうき)が「鉄道唱歌」、73歳の林 喜一(宮路オサム)が「東京行進曲」を歌い、ついに久志の出番。「丘を越えて」を高らかに歌え上げ、最後はスター御手洗の番。

裕一の曲である「船頭可愛や」を熱唱して最終オーデション終了。その結果は明日ということで、明日の「あさイチ」プレミアムトーク・ゲストは御手洗清太郎こと古川雄大さんです。

エール(64話6月25日)セリフ

応募総数なんと800通! 久志と御手洗先生はコロンブス新人歌手オーデションの書類審査を通過しました。

●コロンブスレコード・文藝部

裕一:佐藤久志 一次審査通過 大変喜んでおりました!ありがとうございます。

廿日市:俺はペケって言ったんだけど 役員がマルだって言うからさ~。

裕一:そ…そうですか。

廿日市:真価が問われるのは歌だからね。

裕一:はい。

廿日市:おまけに とんでもない二枚目はいるんだよ。大型新人。

裕一:大型?

廿日市:ひらひらシャツに覚悟しろって言っとけ。

裕一:えっ? 父 帝都ラジオ会長!? ジュリアード! フランス…フランス留学…すごい。

廿日市:それよりさ ちゃんと曲書いてるんですか?

裕一:も…も も…もちろんです。

廿日市:あっ そう。

裕一:はい。あっ…失礼します。

●コロンブスレコード・廊下

裕一:あっ あっ 杉山さん! あの…。

杉山:はい。

裕一:すいません。えっと…。

(せきばらい)

裕一:廿日市さんって どんな曲が好きでしたっけ?

杉山:審査員の情報は出せません。

裕一:あっ いや…そういうつもりじゃなくて あの…去年の宴会で何を歌っていたかな~って…。

●古山家・居間

御手洗:♪「い~いいいい~いいいい~」

音:もっと おなか支えて。

御手洗:♪「い~いいいい~いいいい~」

音:そうそう そうそう…もっと上げて。

御手洗:♪「い~いいいい~いいいい~」

音:そう…顔で。

御手洗:♪「い~いいいい~いいいい~」

音:そうそう そうそう…口角上げて。

御手洗:♪「い~いいいい~いいいい~」

音:もっと遠く。

●喫茶店「バンブー」裏口

<<御手洗:♪「い~いいいい~いいいい~」

<音:もっと!

保:あの先生 なかなかやるじゃない。

恵:思い出すわ~ドイツのオーデションで歌った時のこと。♪「まままま ままままま~」よし…。

保:初耳。

●喫茶店「バンブー」

御手洗:音さん 今日もレッスンつきあってくれてありがとう。

音:いえ 私も楽しんでますから。でも…よく ご決断されましたね。

御手洗:何が?

音:コーチとしてのキャリアを捨てて オーデションを受けに来るなんて。

御手洗:言ったでしょ? 私にとっては最後のチャンスだって。実はね…3年前に母が亡くなったの。父も半年後に後を追うようにポックリとね。人間なんて いつどうなるか分からない。真面目に生きてようと 好き勝手生きてようと。もう後悔はしなくないわ。

音:私の父も言ってました。やらずに後悔するより やって後悔した方がいいって。

御手洗:人生一度きりだものね。

音:そうですね。

●古山家・書斎

鉄男:調査 どうだった?

裕一:すごい経歴の人たちばっかり。特に寅田熊次郎って人。

久志:クマジロウ?

裕一:そう。

久志:どうせ どっかのジジイだろ。

裕一:よし 出来た!久志 お待たせ。オーデションで歌う曲。歌い方についていろいろ書いたから。

鉄男:本当にこの曲でいいんだべな?

裕一:うん! 絶対大丈夫!

久志:何これ?指示が細かいよ。流行歌ってのは パッションで歌うもんだろう?

裕一:この曲は音域が広いの。研究しといて損はないから!

鉄男:あとは おめえ次第だ。

●コロンブスレコード・第三スタヂオ
最終オーデション当日。

役員:なかなかいいのがいませんな~。

社長:う~ん…。

裕一と藤丸が見守る中 厳しい審査が続いていました。

役員:彼が例の帝都の…。

社長:帝都ラジオの?

役員:ええ。

熊次郎:寅田熊次郎です。どうぞよろしくお願いします。♪「花咲き花散る宵も 銀座の柳の下で」「待つは君ひとり 君ひとり 逢えば行く」

藤丸:すてき。

熊次郎:♪「喫茶店」「楽し都 恋の都」「夢のパラダイスよ 花の東京」

進行:岡島さん どうぞ。

岡島敦:♪「汽笛一声 新橋を はやわが汽車は離れたり」「愛宕の山に入り残る」

藤丸:(小声で)あの方 駅員さんですって。

裕一:えっ? うそだ。

岡島敦:1番乗り場から急行列車が発車をいたします。ご利用の方はお急ぎ下さい。扉が閉まります。

廿日市:おもしろの人なのか?

岡島敦:出発進行~!

杉山:顔に似合わず 声はいいですね。

岡島敦:♪「右は高輪 泉岳寺 四十七士の墓どころ」「雪は消えても 消え残る」「名は千載の 後までも」

進行:林さん どうぞ。

林喜一:73歳です。皆さまのおそばに置いてほしいんです。

廿日市:73歳って…23歳って書いてますよ。

社長:23!?

林喜一:歌います。聴いて下さい。♪「昔 恋しい銀座の柳」

営業部長:うまいじゃないですか。

役員:いいねえ…。

林喜一:♪「あけりゃ ダンサーの涙雨」お粗末でした。

進行:佐藤さん どうぞ。

久志:佐藤久志です。よろしくお願いします。♪「丘を越えて行こうよ」「真澄の空は朗らかに晴れて」「楽しいこころ 鳴るは胸の血潮よ」「讃えよ わが青春を いざゆけ」「遥か希望の丘を越えて」

(ドアが開く音)

進行:御手洗さん どうぞ。

御手洗:御手洗清太郎です。歌います。

裕一:僕の曲だ。

御手洗:♪「夢もぬれましょ 潮風夜風」

杉山:やりますね。

御手洗:♪「船頭可愛や」

裕一:さすがだね。

藤丸:何だか悔しい~。

御手洗:♪「エー船頭可愛や」「波なくら」

進行:水川さん どうぞ。

水川ながし:♪「ハッ!」「ハア ドッコイ」「ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン」「鰊来たかと かもめに問えば」「私ゃ立つ鳥 波に聞け チョイ」「ヤサエーエン ヤーサーノ ドッコイショ」「ハア ドッッコイショ ドッッコイショ」

●喫茶店「バンブー」

(鉄男のため息)

(ドアが開く音)

保:おっ いらっしゃい。

鉄男:どうだったんだよ!?

久志:どうもこうも 僕が決まるに決まってるだろう。楽勝さ。マスター コーヒーとホットケーキ ホイップ付きで。

保:はい。

鉄男:余裕ぶって…おめえ めちゃくちゃ研究してんじゃねえか。

久志:勝手に見んなって。

藤丸:久志さんったら 案外マメなのね。

恵:♪「丘を越えて 行こうよ」

保:この歌 いいよね~。

音:こんにちは。皆さん いたんですね~。

裕一:おっ!

御手洗:グッドイブニ~ング!

御手洗:おそらく 審査員の票は スター御手洗かプリンス久志で割れるでしょうね。

久志:最終的に僕が選ばれるだろうけどね。

裕一:どうかな~?

音:どういうこと?

裕一:いや ほかにもね なかなか強者ぞろいだったから。

久志:僕がコロンブスと契約したら ボイストレーナーとして雇ってあげるよ。

御手洗:私が受かったら かばん持ちさせてあげるわ。

華:2人とも駄目かもよ!

裕一:ちょ…駄目。

音:こら! 裕一さん。

裕一:そうね。

音:裕一さん?

裕一:そうそう…ねっ。

●コロンブスレコード・役員室

営業部長:コロンブスの未来を背負う歌手ですからね。

専務:彼以外 考えられんでしょう。いかがでしょうか? 社長。

社長:ハハハハハ! 君の言うとおりだよ! ハハハハ…。

営業部長:では改めて伺います。決定に異論はありませんか?

社長:なし。

専務:なし。

副社長:なし。

役員:なし。

役員:なし。

営業部長:では杉山 早速 新聞社に通達をしてくれ。

杉山:分かりました。

廿日市:ちょっと待って下さい。

●おでん屋台

鉄男:珍しな。おめえが そだ飲み方するなんて。

久志:前祝いさ。

鉄男:発表は明日か~。ドキドキすんな おい。

久志:「人事を尽くして天命を待つ」。お代わり!

鉄男:大丈夫?

久志:大丈夫 大丈夫 大丈夫…。

●コロンブスレコード・役員室

杉山:廿日市さん 随分 不服そうでしたね。失礼ですが あんな廿日市さん 初めて見ました。

廿日市:当たり前だろう。あんなことやってるから うちは駄目なんだ。

杉山:ですが…。

廿日市:結果出しゃいいんだろ。

●古山家・玄関先

結果発表 当日。

裕一:来た?

音:来た!

裕一:おはようございます!

音:おはようございます!

新聞配達員:おはようございます。どうぞ。

裕一:どうも。

音:ありがとうございます!

裕一:ご苦労さまです。ふう…。いい? ふう…せ~の!

果たして結果は!?

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

「エール」ネタバレあらすじとセリフを最終回まで!キャスト紹介も。

コメント