「エール」(8話4月8日)双浦環「目の前のことに全力を尽くしなさい」

朝ドラ

朝ドラ「エール」第8話、世界的なオペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)から「将来、私みたいになりたい?だったら目の前のことに全力を尽くしなさい。分かった?」と言われ心を入れ替える音。

そして、姉の吟の14歳の誕生日。それはそれはとても幸せな一日で…。こんな日がずっと続くと思っていました。

ということで、安隆の仕事仲間の打越が、妙に光子のことを気にしていたことが明日につながり、頑張れ関内一家とエールです。

参考までに、「警察から連絡がありました」と告げた医務室の教師を演じていたのは、地元豊橋出身の真魚(まお)さんです&映画「カメラを止めるな!」のあの人です。

エール(8話4月8日)セリフ

●教会

(双浦環の歌声)

(拍手)

(OP)

環:どういたしまして。

参列者:失礼いたします。

安隆:すごかったな~あの歌。

音:うん。

安隆:話してみたいか?

音:えっ? あ~…いや…。

安隆:忘れたのか? やらずに後悔するより…。

音:やって後悔した方がいい。

安隆:よし!

(外国語)

安隆:あっ あの~ あの~…。

環:はい?

安隆:あっ…あっ あっ…。あの~…ば…馬具を作っております関内安隆と申します。これは うちの娘で音です。

環:音ちゃん。すてきなお名前ね。

音:あっ…あの…う… 歌… 感動しました! ここに…ここに届きました!

環:ありがとう。

安隆:あの~実は今日 1番目にこの子が琴を弾くはずだったんですが 遅れてしまって。
環:どうして?

安隆:その…学芸会でかぐや姫をやると思いきや おじいさん役になって ふてくされ…。痛っ! 痛…。

環:人間なだけいいじゃない。私なんて 初舞台は枯れ木の役だったわ。

音:枯れ木?

環:そう… 木。将来 私みたいになりたい?

音:はい!

環:だったら どんなことがあっても今日みたいに出番に穴をあけちゃ駄目。周りの人に迷惑がかかるから。

音:ご…ごめんなさい。

環:目の前のことに全力を尽くしなさい。分かった?

音:はい!

環:うん。ちょっと待ってて。

(レコードを持ってきて)

環:よかったら聴いて。

音:ありがとうございます!

●帰り道

安隆:よかったな~音。何か すごい人だったな~。さすが 世界を股にかける女性だ。音 聞いとるか?

音:お父さん…。

安隆:うん?

音:あたし…歌 習いたい。

安隆:歌?

音:うん。歌 歌いたい!

●関内家・居間

安隆:きれいだったな~ 双浦環。ふだん 何食べてんだろうな~?

光子:鼻の下 伸びきってますよ。みっともない。

安隆:あれ? 嫉妬かね?

光子:まさか。

安隆:フフフ…。音 興奮してずっと話しっ放しだったよ。

光子:あの子 ふだんは大物ぶっとるけど繊細だから。

安隆:うん…感受性が強いよな。

光子:うん。あたしに似て。

安隆:俺だろう。

光子:うん? まっ そうね。

安隆:アハハ…。それで 琴をやめて歌を習いたいって。

光子:あ~いいんじゃないですか? 琴はやめても。今 好きなことをやればいい。おんなじことを続けるのが偉いって風潮 嫌い。

安隆:出たね~みつの黒い部分。黒蜜だ。

(笑い声)

●関内家・二階の物置部屋

音;「これが なんとかわいい子じゃ」

吟:全力を尽くす?自分の役に?

梅:うん。だから話しかけるなって。

吟:セリフ ひと言じゃなかった?

梅:うん。「これは なんとかわいい」…。

音:し~っ。「これが なんとかわいい子じゃ」

●小学校・廊下

音:おはようございます。

教師:おはよう!

たえ:おはようございます。

教師:おはよう。

たえ:あれ? 明るい。

音:何が?

たえ:いや~こないだ もっと気ぃ落としとったで。

音:全然。これからのあたしは目の前のことに…。

回想・双浦環:全力を尽くしなさい。

たえ:どうしただ? 急に。

●小学校・教室

熊谷:よし…みんな いいか? 台本は覚えてきたらあ?

児童たち:はい!

音:嫌になるほど覚えてきました!

(笑い声)

熊谷:ほいじゃあ 稽古始めるぞ。台本はなるべく見んように。かぐや姫とおじいさん 123と 出といでん。

はい!

音:はい!

はい!

熊谷:どうしただ? 神崎。かぐや姫がおらんと始まらんぞ。

同級生:良子ちゃん 大丈夫?

熊谷:時間がない。間違えてもいいもんで とにかくやってみよう。

同級生:良子ちゃん? 大丈夫? 医務室行く?

音:頂きます!

たえ:良子ちゃん まだ寝とるみたい。

音:悪いもんでも食べたんかな~?

たえ:違うよ 緊張だに。主役だもん。

音:えっ 何で? うれしいんじゃなくて?

たえ:だって 出ずっぱりだに。た~んと 人も見に来るだもんね。

音:うれしいよね?

たえ:音ちゃんみたいな人ばっかじゃないよ。それに良子ちゃんのお母さん めちゃくちゃおっかないから。

音:そうなんだ。

(回想)

ます:先生に言って 必ずあんたを主役にするでね。完璧にやりんよ。神崎家の恥になるようなまねだけは絶対に許さんからね。

(回想閉じ)

●騎兵第四旅団司令部

そのころ 安隆は商談のために陸軍の施設を訪れていました。

安隆:行こうか。

職人:はい。

安隆:あっ…。

打越:ほい 何だん 関内さん。

安隆:打越さん。先 行っとって。

職人:はい。

安隆:いや~来年の契約も約束して頂きましたし 大阪の師団司令部へもご推薦頂きました。打越さんのご差配のおかげで私ども やっていけます。

打越:何言っとるだん。わしなんか ただ陸軍さんにちぃと知り合いがおるっちゅうだけだで。

安隆:ああ…。

打越:ハハハハハ!

安隆:うちは特に高くても質のいいものをと 心がけておりますんで。

打越:陸軍さんとの契約がなくなると困るら。

安隆:はい。

打越:まあ 安心せりん。あんたんとこは どすごい評判いいで。また 行かまい。

安隆:はい 近いうちに。失礼します。

打越:そういや 奥さん 元気にしとるか? 

安隆:あっ おかげさまで。家内が何か?

打越:いい職人に けっこい奥さん。あんた 幸せもんだに。ヘヘヘヘ…。ほいじゃ。

安隆:失礼します。

●関内家・玄関前

近所のおばさん:お帰り。

吟:ただいま。

●関内家・居間

吟:ただいま~。

安隆:吟 14歳のお誕生日 おめでとう!

一同:おめでとう!

吟:ありがとう!

(拍手)

安隆:はい プレゼント。

吟:ありがとう。うわ~! 欲しかったの これ!

音:お姉ちゃん 塗ったげる。

吟:うん。

音:こういう感じでどうかな?

(笑い声)

吟:何ぃ これ!

音:ごめんごめん! あたしにも貸してくれん?

吟:いかん。あたしんだもん。

音:いいじゃん!

吟:駄目!

音:お姉ちゃん。

吟:いかん いかん。

音:ねえ…ねえ お姉ちゃん…。

安隆:おいおい…こら 走らん 走らん。

梅:そうだ お父さん。前やっとったダンス 見して。

安隆:えっ?

梅:ねっ お母さん!

光子:恥ずかしいわ~。

吟と音:ダンス ダンス ダンス!

安隆:よし…。みつ ほら 来い。

光子:えっ? フフフ…。

吟:さん はい!

三姉妹:♪「ラ~ララ~ララ~ラ タラララッタ ラ~ララ~ララ~ラ タラララッタ」

それはそれは とても幸せな一日で…。こんな日がずっと続くと思っていました。

光子:はよ 起きて。遅れるわよ!

吟:梅 急ぎん。

梅:「急がば回れ」。

吟:えっ 出張!? また?

音:お父さん 学芸会までには帰ってくるよね?

光子:うん「必ず戻る」って。安心して。

音:よかった。

●小学校・教室

たえ:ちょっと切ってみるかのう。えい!

音:これは なんとかわいい子じゃ!

良子:今から私の言う世にも珍しい宝物を持ってきた人のところへ お嫁に行きます。え~っと…え~っと…。

音:かぐや姫はこう申しております。石作皇子殿は天竺にある仏の御石の鉢を。車持皇子殿は東の海の蓬莱山に…。

良子:勝手なことしないで!

音:ごめん。

熊谷:やめんか。

良子:先生 ちょっと体調が悪いもんで医務室 行ってきていいですか?

熊谷:うん? ああ まあ…。

取り巻きA:私もちょっと体調悪いので。

取り巻きB:私も。

熊谷:しょうがない。ほいじゃ かぐや姫がおらん部分やろう。どうされました?

たえ:音ちゃん 気にせんでいいでね。

音:うん ありがとう。

熊谷:どうされました?

女性教師:警察から連絡がありました。

熊谷:えっ?

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

朝ドラ「エール」ネタバレあらすじを最終回まで。キャスト一覧も。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント